人気ブログランキング |

タグ:おやつ ( 15 ) タグの人気記事

以前も書いたけどイヴロシェっていうフランスのボディショップみたいな店の還元率が凄い。
今回は送料無料の25ユーロ分購入。
そもそもその25ユーロも既に50ユーロの半額なんだけど、1回の注文で24ユーロの香水を一本くれる。
もう、原価が幾らなのかよくわからない。
しかし今回驚いたのが、箱の中に同封されてたクーポン。
ブッキングドットコムの20ユーロ券が同封されていて、ちょうどホテルを手配してる最中だったのですぐに使った。
通販で頼んだ方がサービスがいいのでおすすめです。
e0266095_05241661.jpg
エクレアを見ただけでピンと来る人もいるでしょうが、メゾンドュショコラのポイントカードも凄い。
秋に贈答用のチョコを1箱買ったら、ポイントカードを勧められ、どうせ貯まらないと断るも、数回買えばすぐ貯まると言われたので作ることに。
そしたら誕生日やクリスマスに買ってたら、ほんとにあれよあれよと貯まり
e0266095_05291704.jpg
30ユーロのチョコが1箱貰えた。
入会ポイント、誕生日ポイント、ノエル、復活祭のダブルポイントで確かに貯まる。
10パーセント以上の還元率。
どうせ贈答用の予算って決まってるし、メゾンドュショコラなら誰にあげても喜ばれるので、このポイントカードはほんとにおすすめです。

フランスの還元率良過ぎる。

この生活も16日に6年目に突入。
e0266095_05490394.jpg

いい加減タイトルを変え、サイトを移動しようと思いつつもこのままになっている。
昨年の日記を読み直すとフランス語の伸び悩みに冬鬱にとネガティヴ。
今年はというと、長く伸び悩んでたフランス語に少し自信がつき、フランス語の勉強が再び楽しくなり、大勢での食事会もだいぶ苦にならなくなり、以前のような聞き逃さないようにしよう。という感じもなくなった。

フランス語もだけど、地味にサボりつつ続けてたジム通いも35分間続けて走っても息切れしなくなった。
かなりゆっくりペースではあるけど、学生時代だって1キロも走れなかったので私にとっては驚異的。

ゆっくりではあるけれどこの1年は色々と自信がついた。(まあ、挫折もありましたが。)
あと、来年以降の私のために書いておくけど、嫌な事、合ってないことは結局嫌だし、合ってないからさっさと辞めよう。

昨年の日記を読み直してびっくりしたのだけど、私は小川軒のレーズンウィッチが大好物で昨年の日記にもこのように書いてあった。
e0266095_06092482.jpg
(…住むになってる!)
この話すっかり忘れてたんだけど、なんと昨日、レーズンウィッチを作ることに成功したのだ!
e0266095_06074336.jpg

執念の自家製のベイユヴェールのバターを使ったレーズンウィッチ。
昨日食べた時は小川軒には負けるなって思ったんだけど、今日食べたら昨日より美味しくなってた。

次はまい泉のヒレカツサンド作りに取り掛からなくては!

日本にも支店があるブリオッシュドーレってフランスのドトールみたいな店。
そこでもガレットデロワは売ってるんだけど、ただでさえカロリーは高いわ、そこまで好きじゃないわ。なので全くスルーしてたんだけど、先日ゆず味のガレットを売ってるのを見つけたので買ってみる事に。
e0266095_08250015.jpg
見た目はフツーのガレット。
食べてみたら少し柚子の味がした。
そんなに強くもないんだけど。
先日買ったHUGO&VICTORのレモンのガレットよりこっちの方が断然好み。
むしろ生地はここのが一番好きかも…。

今年食べたガレットの中で一番好きだった。
これは意外や意外。
パティスリーのケーキよりこっちがおいしいなんて悪食な気もするけど、私的にはメイユーガレットデロワ。


今年食べたガレットデロワをご紹介。
と言ってもあの巨大なのを2人で食べる気はしないのでアンディヴィデュエル(1人前)を2人で食べる一杯のかけそば状態。

e0266095_07180465.jpg

おなじみのピカール。
これは1人分だけどかならずフェーブが入ってる。
e0266095_07194008.jpg
それから日本でもお馴染みのHUGO&VICTOR
レモン香るガレットデロワ。

e0266095_07213606.jpg

それからメゾンドゥショコラ。
チョコ味のアーモンドクリームが入ってる。
昔食べたのがもっとガッツリチョコで好きだった。

ガレットデロワのアーモンドクリームがそんなに好きではないのでつい他に味がついてるのを選んでしまう。

以前、家主の同僚の奥さんが作ったガレットデロワを食べたことがあるんだけど、あれが一番おいしかったなぁ。



17区にバウムクーヘンが買える店があると聞き12月に行ってきた。
e0266095_07082049.jpg
ドイツ菓子のお店
おいしそうなドイツ菓子の山の中にあったバウムクーヘン。
いくらですか?と聞いたら、なんだっけ?これ?みたいな反応。
バウムクーヘンですよ。
e0266095_07071744.jpg
久しぶりのバウムクーヘンは絶品で、これは日本で売ってるのよりおいしい位かも。
その翌週また買いに行ったら
e0266095_07120417.jpg

…バウムクーヘンがなかった。
店員さんに聞いたら、あれ辞めたの。と冷たい返事。
それはクリスマスだから?
来月は復活する?と聞いたら
他にも沢山作ってるから辞めた。とのこと。

他の作らないでいいからバウムクーヘン作ってよ!
まぼろしのバウムクーヘンになってしまった。
諦められず昨日も覗いてみたけどなかった。
e0266095_07153956.jpg

シュトーレンもおいしかったけど、バウムクーヘンが食べたい…。

Kaffeehaus
11 rue Poncelet Paris 75017

少し前にサンルイ島といえばのベルティヨンに行った。
普段は店頭で食べるだけだけど、この日はサロンの中で。
e0266095_04371924.jpg

ベルティヨンのアイスを店頭で食べると確かワンボウル2.8ユーロ位なんだけど、サロンの中で食べると確か4.8ユーロ。
2ユーロが席分ね。と思ってたけど、店頭のアイスより大きかった。
コーンのかわりにチュイールもついてるし。
なんだ。これならこれからサロンのなかで食べよう。

ベルティヨンにはこんもりとクリームとフルーツののったサンデーがあって、いつかあれを食べてみたいな〜。

29-31 rue Saint-Louis en l'Ile
75004

フランスのお菓子で困るのが大き過ぎること。
e0266095_06482095.jpg

この写真、気づかなかったけど隣のサンドイッチもデカイ!
フランスに来てからケーキなんて好きじゃなかったんじゃないか。と思うほど食べきるのが辛い。
そんなわけで小さなお菓子をひとつふたつが理想。
ここ最近のおいしい小さなお菓子をご紹介。
e0266095_06513309.jpg
exkiの小さいケーキは小さいけどなかなかおいしい。
e0266095_06532158.jpg
1枚でも満足できるポワラーヌ
e0266095_06554943.jpg
ピカールの極小アイス
e0266095_06574960.jpg

fou de patisserieで買った小さなシュークリーム
e0266095_07015709.jpg

ピカールのマカロン
e0266095_07050983.jpg

ランドゥメンヌのフィナンシェ etc etc...
どれも値段もかわいくて2ユーロ以下。
いっぺんに載っけるとお菓子ばかり食べてると思われるのでこれはここ3ヶ月程ということで。

新しくボーグルネルにできたラデュレの新店舗。
その名もラデュレ・ピクニック。
e0266095_04534060.jpg

数日前にオープンの記事を見つけてすっかり行きたくなった。
e0266095_04534111.jpg

パッケージデザインがかわいいんだもの。
テイクアウトだとハッピーセットみたいなボックスに入れてくれて更にかわいい。
e0266095_04534143.jpg

マグロの燻製のサラダ
e0266095_04534238.jpg

サーモンとクリームチーズのサンドイッチ
これおいしい。
e0266095_04534372.jpg

バーベナとレモン水を注文して14ユーロ。
なんだか高い気もするけど、この間、どうしようもないサンドイッチチェーン店でたべたら10ユーロもして落ち込んだので、私はこれの方がずっといい気がするパリの外食事情。
e0266095_04534335.jpg

そして家に持ち帰り半分づつ食べたキッシュ6ユーロ。
かなり軽いキッシュで私は好き。

e0266095_04534482.jpg

さて、なんでわざわざ行ったかというと、14ユーロ分購入して、ELLEのサイトの記事を見せると10ユーロ分のマカロンをくれると書いてあったので大急ぎで行って来た。
でも、サイトには期限も書いてないし、クーポンを渡すわけでもないのに1人1回まで。って性善説的な書き方で疑いつつ店員さんにサイトを見せたところ
そんなの知らないけど、わかった。あげるね。
と、了解してくれた。そのあと、責任者が来て確認したら、ああ、そうそう、やってる。と言ってた。
もう、一週間以上前からやってるのに誰も頼まないのかな。
日本だったら開店前から行列ができるのに。
e0266095_04534400.jpg

そんなわけで手に入れたマカロン。
ペラペラの箱じゃなくてちゃんとした箱に入れてくれた。
左からオレンジフラワー、ばらの花びら、キャラメル、レモンの実。
ラデュレなんて2年ぶり!

パッケージや内装だけでテンションあがるのでラデュレ好き。



さて、そのELLEの記事はラデュレのツイッターのアカウントにある。
私のアカウントのイイねのとこにもあるので、気になる人は探して見てください。
店員さんも知らないようなイベントなのに、もし突然お店にたくさん人が来たら困ると思うのであえてリンクは載せません。まあ、このブログはあまり誰も見てないけど。
そもそもELLEのサイトに載せたって来ないんだし。
しかし、いつまでやってるかは全く謎。


Paris Beaugrenelle B Magnetic
16 rue Linois,75015 paris

先月、空港からのロワシーバスでやってくる人とオペラのバス停の真ん前のリンツのカフェで待ち合わせた。
e0266095_08130885.jpg
このリンツのブティック、入るだけでチョコレート1つくれるからいつも無駄に入ってる。
ほとんど買う事ないけど、カフェに入ったらここでも1人1つチョコくれた。

不思議な事にパリのリンツカフェより日本のリンツカフェのほうがずいぶんと昔にできてる。
昔、このお店が出来た当時にお友だちだったか、クライアントさんだったかにクッキーを貰ったらえらくおいしくて、まるで自分が見つけたみたいにしてその後、人にもあげた。
しかし、そのクッキーはここにはない。

この日は渋滞でバスの到着が2時間近くかかったのでもう1杯飲む事にした。
e0266095_08130820.jpg
エスプレッソサイズのショコラショー3ユーロ。
これが殺人的な甘さで1時間くらいかけて1cmくらいしか飲めなかった。
その甘さたるや血糖値が急上昇して命の危険があるんじゃ。と思う程。
しかし、フランス人女子は1杯軽く飲んでた。

店員さんは注文前に席取った人や飲み終わったのにいつまでも居座るとかなりキツく言ってたので、出てけと言われるんじゃ。と、若干ハラハラしながら待ってたけど、私が人と待ち合わせているのに気づき、渋滞で大変ね。と、優しく声をかけてくれた。
機嫌の悪い人にしか見えてなかったけど、臨機応変なのね。

ショコラショーは全くおすすめしないけど、カフェ自体はおいしそうなものがあった。

Boutique Lindt Paris Opera
11 B rue Scribe, 75009 Paris, France

今回、アンスティチュ・フランセ(…日仏学院のことね。なんでこんな名前になったんだろう。)に試験を受けに行ったので久しぶりにやって来た飯田橋。
e0266095_05291335.jpg

職場も近くにあり、転職後も足繁く通っていた。
e0266095_05291952.jpg
月に2回はギンレイホールに映画を観に来て、カナルカフェでお茶して帰る。みたいな生活を約8年程続けていた。
e0266095_05291993.jpg
日仏の生徒ではなかったけど、欧明社の本屋さんには度々来てたいして読めないフランス語の本を買ったり。(こっちじゃなくて本店だけど。)
e0266095_05291808.jpg
たまの贅沢の紀の善の抹茶ババロア。
20歳そこそこの頃に食通のクライアントさんがお土産に持って来てくれて、これが噂の紀の善!と小躍りをした思い出の食べ物。
e0266095_05292061.jpg
映画を観ながら五十番の肉まんをほおばったり。
その頃は大きな肉まんを食べられたけど、もう、そんな頑強な胃でもなくなり一番小さなのしか食べられなくなった。
e0266095_05291881.jpg
九段側には大きなビルができていたけれど、神楽坂側はあまり変わってなくてホッ!
このままの風景が残っていてくれるといいな…。