間にセクシーなイケメンを盛り込みましたがポルトガルに戻ります。

e0266095_07290644.jpg

アンドレアと別れた後、ホテルで一休み。
ホテルには手作りケーキが置いてあり食べていい。

そして海岸に夕日を見に行った。
e0266095_07291650.jpg

e0266095_07292969.jpg

e0266095_07294320.jpg

e0266095_07295467.jpg
e0266095_07320289.jpg

今日は雲もなくきれいな夕日。
e0266095_07332508.jpg

よく見るとおばあさんが頭にテーブルをのせて歩いてる。
なかなか元気なおばあさん。
e0266095_07334648.jpg
日が暮れたので今晩のレストランを探す。
私はアンコウのリゾット、家主はたこが食べたい。
e0266095_07360031.jpg

結局、前日と同じ店へ。
あまり量が多くなかったから、タコとアンコウリゾット二人前を頼んだ。
e0266095_07361497.jpg

e0266095_07362726.jpg

こんなことするから太るんですよね…。
店員さんが驚いたので、この国の人は少食だな…。と思ったり。
フランスはこれに前菜だったりする。
e0266095_07401508.jpg

この日はサッカーの試合があり、街の至る所でみんなサッカー観てた。
もちろん店員も客もみんな夢中。
e0266095_07413628.jpg

悲しいかな。ナザレ最後の夜。

[PR]
新しい帽子を買った。
2年前から欲しくて、Facebookとインスタをフォローしてその日を待っていた。


フランスではテレトンという24時間テレビのような番組が毎年やっている。
昨年、知人もアソシエーションでチャリティをして募金を集めていた。
私はあまり興味もなく、家主はお得意の募金はちゃんと使われてない。との理由で見た事もなかった。

2年前になにかでle slip francaisというフレンチブランドのチャリティ用のニット帽を見て、めちゃめちゃかわいくて買いたい!と思ったら時既に遅し。
その時はゴルチエとのコラボで水兵さん的なかわいい帽子だった。
以来、見逃さないようにしていた。
そして、ついに買うことに。
e0266095_07493643.jpg
今年はイザベルマランとのコラボ。
le slip francaisの商品はメイドインフランス🇫🇷
かわいい箱に入ってやってきた。
e0266095_07524355.jpg

ワクワク
e0266095_07532731.jpg

じゃーん!!
これが今年のニット帽。
お値段 送料込み35ユーロで10ユーロが寄付されるそう。

私はあくまでニット帽が欲しいだけなので寄付には正直あまりが興味がないけれど、この手のチャリティ商品で欲しくなるようなものが作れるのはすごいと思う。

早速この帽子を被ってオルレアンに行ったら、若い男の子にニコニコしながらボンジュールと声をかけられ、誰だ?と思ったら、この帽子を知ってる子だった。
パリでは広告をよく見かけるけど、流行ってるのだろうか?
e0266095_08030053.jpg

ちなみに入会するとこんな画面が!笑
e0266095_08033526.jpg

支払いが終わるとこんな画面が!笑笑

le slip francaisはフランス土産にもぴったり!

le slip français
20 rue du Vieux Colombier 75006 Paris
137 rue Vieille du Temple 75003 Paris
46 rue des Abbesses 75018 Paris

チャリティ帽


[PR]
e0266095_06342818.jpg

毎日食べてるけど、鱈のコロッケ。
アンドレアは初めて食べるそう。
前日はインドカレーを食べたらしい。
アンドレアは以前数ヶ月コインブラで先生をやってたのにその間、一体何を食べてたんだろう。
その時は歯が痛くなり、緊急帰国したそう。
でも虫歯の治療はハンガリーでするんだそう。
虫歯の治療をした時は数ヶ月ハンガリーに滞在してそこでも先生をしてたそう。
値段の問題かと思ったら、イギリスの歯医者はすぐ歯を抜くらしい。
中国で先生をした時は漢字が読めないからメニューがわからなくて痩せ細ったそう。
とにかくあっちへこっちへ行ってる人で、フランスには新婚旅行で来たと言ってたから結婚してた事もあるみたい。
ベニシアさんもヒッピーだったけど、イギリスにはこういう人が結構いるのだろうか。
フランスでは知り合いが1人やっぱり半年働いて半年旅する生活をしてる。
2時間ほどカフェで話した。
私は英語が全く喋れなかったのに一日中喋れたので私も家主も驚いた。
ここ3ヶ月ほど基礎英語1を聴いてたおかげだと思う。基礎英語1は中1向けだけど凄い効果。
e0266095_06442871.jpg

e0266095_06495240.jpg

e0266095_06500552.jpg

ナッツ売りのおばあさん達。
e0266095_06501916.jpg

乾燥いちじくを買って写真を撮らせて貰った。
e0266095_06530277.jpg

さて、そろそろアンドレアともお別れ。

アンドレアは古いデジカメと小さな薄いメモ帳に自分の行き先をメモしてるような人でスマホも持ってないようだったので、Facebookでお互い繋がったりもせず、最後にハグして、一枚写真を撮って別れた。
一期一会って感じだった。

アンドレアのおかげでいつもと違う旅を楽しめ、英語が少し喋れるようになり、幸運な出逢いだった。

私が長い間外国人をやっているように、アンドレアもバックパッカーを長くやっていて、どこか役のように立ち振舞いがスマートなバックパッカーな感じがした。

[PR]
岬の建物を出た後、アンドレアは海岸を歩こうと、また道無き道をすたすたくだっていった。
e0266095_06144044.jpg

入ったら罰金って書いてある道を下って行って遥か遠くに。私と家主は善良な市民なので、アンドレアがいなかったらこんなとこ入らなかったね。と言いながら後に続く。
ものすごい風で怖いから階段にへばりつきながら行くけど、アンドレアは全然平気だった。
e0266095_06181897.jpg

e0266095_06183388.jpg

e0266095_06184740.jpg
秘密の場所っぽいとこ。
e0266095_06203028.jpg

e0266095_06204253.jpg

楽しそうにあそぶひと。
e0266095_06205577.jpg
犬が散歩中。
e0266095_06210865.jpg
凄い風でサングラスをかけ、ストールで顔を覆わないと耳に砂が入るような状況だった。
サウジアラビアの人の服装は正しい。
風にもマケズ、スタスタと進むアンドレア。
e0266095_06242759.jpg

三宅島に似てる。
e0266095_06244198.jpg

ずいぶん荒々しい看板!と驚いたけど、ここはサーファーの聖地だからきっと色々あるんだね。
e0266095_06272797.jpg

鹿。
アンドレアはスタスタ歩くので我々は着いて行くだけでヘトヘトに。
沈黙があまり気にならないタイプのひとだった。

e0266095_06311050.jpg

広場で一息つくことに。

つづく

[PR]
ナザレ3日目の朝

e0266095_05375323.jpg
窓の外でおじいさんが二人で話してると思ったら、三人、四人と増え
e0266095_05380870.jpg
七人に。
まるで猫の集会のよう。
e0266095_05413699.jpg
ホテルから見えるフニクラ乗り場がアンドレアとの待ち合わせ場所。
人の顔を覚えられない私は既にアンドレアの顔がわからなかったけど、一人しかいなかったからすぐわかった。
e0266095_05404106.jpg
あっという間に丘の上に着いた。
e0266095_05452057.jpg
海岸を見下ろせる。
上に着いてわかったんだけど、観光地っぽいところはこっちだった。
e0266095_05472087.jpg

ナザレの教会。
e0266095_05473295.jpg

ポルトガルの教会はタイルがきれい。
e0266095_05474776.jpg

小さな教会だけど豪華。
アンドレアはサンジャックの道を以前制覇したと言ってた割にはそんなに信仰心があるわけではなさそうで、イギリスの教会は地味だから興味がないそう。
e0266095_05511845.jpg

お祈りをするおばあさん達。
ナザレのおばあさんは未亡人になると全身黒い服を着るそう。
e0266095_05513003.jpg

なにか相談中…?
e0266095_05535913.jpg

岬まで歩く。インジュンの話だとあっという間に着くと言ってたけど、アンドレアは私有地かもしれない道無き道を進む。
e0266095_05541322.jpg

草木が乾燥した感じ。
私は途中の道で足を滑らせ、膝を負傷。
結局すり傷だったんだけど、最初は歩けなくなりビザの旅行保険が頭によぎった。
怪我なんて何年もしてなかったけど、怪我したので旅行保険とバンドエイドはほんとに大事。
e0266095_06010224.jpg

岬には小さな建物があった。
この塀がめちゃめちゃ低いのに風が強くて吹き飛ばされそうで怖い。
なのに赤ちゃんを抱いた人が塀の上に座るので驚く。
e0266095_06055635.jpg

岬の右側は実はサーファーの聖地。
30mの波を記録した事があり、ギネスに載ってるんだそう。
この日はそんな波ではないけど。
e0266095_06081523.jpg

プロサーファーのサーフボードが展示してあった。
e0266095_06082722.jpg

波に乗りながらバイオリンを演奏?したそう。
これらの展示、ファンが見たら感涙モノなんだろうか。
アンドレアはサーファーというのはなんの話をしててもすぐサーフィンの話になってしまう。と苦々しく言ってた。

つづく


[PR]