車を借りよう

今回、事前にネットで申し込みをしてオルレアンの隣町で車を借りた。
以前アルザスで借りた時は家主が運転するからあまり深く考えず適当だったけど、今回は日本人が運転するので契約書を熟読して貰った。
もし自分で借りる際は再度確認して欲しいけど、自分が怪我、死亡した場合は海外旅行保険で賄えたのでその他の保険に加入した。
大事故、ちょっとした傷、タイヤ、JAF的なサービスと段階別に色々あった。
よくCMでフロントガラスにヒビが入ってそれを直すのをやってるからそういう細かい傷がつくんだろうな。とはなんとなく思ってたんだけど、タイヤの保険っていうのも義母が入った方がいいというので加入した。
e0266095_06464237.jpg

フランス人とは思えない徹底した傷のチェックをスマホ片手にしていて、借りたホンダの車はピカピカだった。
アルザスの借りる時も返す時もノーチェックのボロいシトロエンのレンタカーとは違った。

さてこれで出発なんだけど、車が最新過ぎてエンジンの入れ方すらわからなかった。

義父母の乗る車に私が乗り、母と伯母の乗る車と連絡を取りながらスタート。

今回我々の借りたレンタカー会社はこちら
SIXT
マニュアル化された会社だったのでおすすめです。英語も喋れる。

そして大使館の交通ルールのページを見ておく事をおすすめします。
交通法規

[PR]
by isourouparis | 2018-07-07 06:52 | Comments(2)
Commented by 紅蓮 at 2018-07-07 20:04 x
アッコちゃんにも、パスカルにも、ほんとうに、ほんとうにお世話になりました。
でも、エンジンのかけ方がわからない車があるって、ビックリでしたね。サイドブレーキのかけ方もだけど。
日本にいても、近代の車になじんでないのがありあり。(汗)
Commented by isourouparis at 2018-07-09 05:51
紅蓮さんへ。
いえいえ。教習所で習ってもエンジンのかけ方がわからない車だったよね。