ポルトガルの旅 その12

クロエの記事をアップしたら、ポルトガルの記事には全然アクセスがないのに今日は3倍くらいアクセスがあり、パリブランドには勝てないのか。と少し悲しい…。
また、みんな大好きハイブランド情報を数日中にアップします。

さて、ナザレの記事に戻る。
e0266095_05275441.jpg
ヨーロッパ最西端の国ポルトガルで夕日を見てやろうじゃないか。と1人ホテルの隣のカフェへ。
席についてしばらくすると韓国人の女の子が隣の隣の席に着いた。
この子も夕陽を見に来たのかな。と思っていたら、韓国人の女の子に親しげに声をかけた白人女性が、私もコーヒー飲んでく。と韓国人女性の隣に座り、2人で話し始めた。
知り合いなんだな。位に思ってたら、その白人女性がこの人は友達?と私のことを聞いてて、韓国人女性が違う。と答えたら、白人女性が私にどこから来たの?と聞いて来た。少し話してまた、夕陽を見てたんだけど、どうやら私も会話に入れてくれるようなので3人で話した。
e0266095_05341903.jpg
韓国人女性はインジュンという、大学を休学してスペイン、ポルトガル、これから南米を旅するバックパッカーの女の子だった。
そして白人女性はアンドレアという一年の半分位働いて、一年の半分旅する筋金入りの年配のイギリス人バックパッカーだった。
2人はおなじゲストハウスに泊まってて、おなじ経路を辿るからポルトでも一緒で顔見知りだった。
韓国は英語の発音教育に力を入れてるのかな。と思うのが、韓国人のクラスメイトってわりといて、フランス語は訛りがあるし、レベルもどっこいどっこいなのに、みんな英語の発音が綺麗で堪能。
インジュンもきれいな発音だった。
アンドレアは世界各地で英語の先生をしてて、フランス語も旅行会話程度はわかるので、3人で英語で話した。
私の英語は中学生レベルだけど。
インジュンは長旅で韓国料理が恋しくなってた。
アンドレアはフィッシュアンドチップスはソウルフードではなく、インドカレーがソウルフードだと言っていた。
アンドレアはヤマハのピアノ教室の終わりの歌を知っていて、さよならーさよならー(これで今日はお別れしまーしょ。さよならーさよならー)と歌った。

そんなに世界各地を旅してるならどこが一番良かったか聞いたら故郷マンチェスターだそう。
しかし、サッカー以外は観光がないらしい。
e0266095_05545938.jpg
1時間程喋ってたら日が暮れてしまった。
インジュンは翌日、別の街に旅立つそう。
アンドレアに岬に行くなら一緒に行こう。と誘われて、翌日丘の上の岬に一緒に行く事に。

旅先でこういうのは面白いな。と思いながら、ホテルに戻り、明日はアンドレアも一緒に行く事になったよ。と家主に言ったら、まぁ嫌な顔をする。
そんな知らない人大丈夫か。と。
e0266095_06010455.jpg

e0266095_06011873.jpg

 ホテルの向かいのレストランへ。
この日の晩ご飯はタラとイカの串焼き。
e0266095_06034951.jpg
少なめだったのでデザートも。
コーヒーのケーキとフランスでイルフロッタンと呼ばれるメレンゲのお菓子を食べた。
飲み物を合わせても40ユーロいかなかった。
e0266095_06104419.jpg

すごく巨大な月。

[PR]
by isourouparis | 2017-11-19 06:11 | ポルトガル | Comments(4)
Commented by coco at 2017-11-21 23:09 x
現実、今の生活だとハイブランドより旅行記の方が
私は読みいってるけれど♡

旅先で出会いがあるってそれだけでいい旅だと思える
思い出が出来ちゃうよね!
Commented by ゼペットおばさん at 2017-11-21 23:10 x
そうそう旅先で何とは無しに話してちょっと一緒に旅する
そうゆうの楽しい
その後連絡とったりとらなかったり
それもまた楽し
Commented by isourouparis at 2017-11-22 07:07
cocoさんへ。
ハイブランドと言いつつ、バッグ買った話とかじゃないんだけどハイブランドは人気あるね。
そうそう。旅に花を添えてくれるね。
Commented by isourouparis at 2017-11-22 07:08
ゼペットおばさんへ。
まさにそういう出逢いでした。
一期一会。