再びテロがあったパリ。

ご存知の通り1月に続き再びテロがあったパリ。
こんなことばかり書きたくもないんだけど、さすがにスルーもできないので書く。
今週一週間いろいろな人から連絡をもらってもうしわけない。
e0266095_6473763.jpg

事件現場からは遠いの?と結構聞かれたのだけど、実は結構近くて3、4キロ程。
しかし、セーヌ川をはさんだ対岸の我が街は普段と全く変わらずほんとうにこんなことがあったのかな。といまだに実感がわかない。
警察もいないし、顔なじみのスーパーのおじさんがとりあえず鞄の中を見るだけ。

1月のときは動揺したけど、今回は空爆してたからいつかこういうことがあるだろうな。と思っていたので動揺もしていない。
怖くないかと言われたら怖いし、あまり外に出ないようにしてるけど、普段から暴力的な人はいるし、泥棒もやってくるからいつも怖い。
自分の住む町がこんなことになって悲しいでしょ?とも幾度となく聞かれたのだけど、びっくりするほど悲しくもない。
ル・モンドの記者が撮ったコンサート会場から逃げてきた人の映像を観たときは地獄絵図で、ああ!もう観てられないな。と思ったけれど。

この1週間、フランス人のこと、アラブ人(フランス人はムスリムというくくりではなくアラブ人という括りで見ているな。と思うのであえてアラブ人と書く。)のこと、自分の置かれてる環境のことでグルグルして言いたいことは山とあるけど、面白い話でもないし、ああじゃないこうじゃないと言われるのもくたびれる。

けど、思うのは
テロリストが狂っているのは当然のことなので、それよりもこれを戦争状態と言い空爆を続けるオランド、そして8割のフランス人が空爆を正当だと思ってしまうこの状況の方が私は怖い。

誰かに会えば、しばらくこの話になるだろうし、いちいち空爆は反対だって否定し続けるのも疲れるし、アラブ人の悪口を聞くのも疲れるのでしばらく家でおとなしくしていたい。

この事件後、唯一よかったのは1日1本新聞記事を読むようになったこと。

なんだか冷たい文章だな。って思うけど、これでおしまい。
[PR]
by isourouparis | 2015-11-23 08:15 | 日常 | Comments(2)
Commented by あい at 2015-11-25 01:15 x
すごく、私も多分同じようなこと感じてるから、この文章読んで正直ホッとした。
あまりに想像力が乏しいんじゃないかと私は感じる意見や発言に、なんだかどうしようもない気持ちにさせられることが多くて、何か起きるたび、それに対して語るのも聞くのもどうにも嫌になっちゃったんだけど、たまに、私の思うフツウのバランス感覚の意見に出会えると、本当に安心する。
自分が嫌がったり怖がってるのは、何なのかっていうのが、そういう時よくわかるよ。
Commented by isourouparis at 2015-11-28 06:37
あいちゃんへ。
多分、似たような環境で同じように考えながら生きてきたから同じようなことを考えてるんだよね。
でも、全く違う考え方もあるからグルグルするのよね。
2週間結構モヤモヤして
るんだけど、でも常に根本的な考えはは変わらないから変わらないんだろうな。
情勢が不安定だったからかロシア人とベトナム人のクラスメイトは全然怖がってなくて人に会うって大事だな。って思った。