今年もbanque alimentaire

e0266095_2173281.jpg


スーパーに行ったら、今年もbanque alimentaireがやってた。


去年の記事

これは本当にいい活動だな。と毎度、思う。

スーパーも儲かるから、受け入れやすいと思うし、1ユーロを渡すより、ものを渡す方が相手をイメージしやすい。
今回は10回分の食事になると思い、1キロ1ユーロのスパゲティを渡したけれど、この活動の記事を検索すると、パスタ類以外のものがいいって話もあった。
今回は受け入れてもらえたけど、次回は気をつけよう。

写真は、活動中のムッシュ達。
日本に紹介したいと言ったら快く応じてくれた。
このワッペンが活動者の印なんだって。
[PR]
by isourouparis | 2013-11-30 20:44 | フランス人 | Comments(4)
Commented by mikingxxx at 2013-12-02 14:18 x
毎年この時期に活動してんのかな?
Commented by isourouparis at 2013-12-03 04:17
mikingxxx氏へ。
そのようだ。
もっとやればいいのにね。
Commented by ヒロヨ at 2013-12-03 12:19 x
いいね!
もっとやってくれればいいのにね。

横浜に「さなぎの食堂」っていうのがあって、路上生活者の人たちが安価で食事ができるように300円で定食を出す店があって、そこでは常にお米や野菜の寄付やを募集してるので、たまにお米を寄付してる。
LAWSONが賞味期限間近の食品を提供したり、食堂自体もジョブトレーニングの場になってる。

そういうのもっとふえるといいなっていつも思う。
Commented by isourouparis at 2013-12-19 06:35
ヒロヨさんへ。
ジョブトレーニングの場っていいね。
自立が最終的にできないとだものね。
お米の寄付は嬉しいと思う。
日本では物乞いって見ないけど、こちらはほんとに多くて、私はいやだなぁ。怖いな。って思うことが多いのだけど、結構、みんな、お腹空いてるの?とかいいながらあげてて、それを見るといやだなぁ。って思って申し訳ない気分になる。
私もそのうち、スマートにあげられるようになるだろうか。