つづき

きれいな勲章に混じってヘンテコな勲章もあったのでご紹介。
e0266095_06545050.jpg

e0266095_06545037.jpg

お母さんの手作りみたいな勲章。
e0266095_06545141.jpg

裸でエーックスな勲章。
e0266095_06545132.jpg

e0266095_06545227.jpg

おっさん誰?な勲章。

数ある勲章の中でずば抜けたセンスを持っていたのはイラン。
e0266095_06545219.jpg

ズームアップ
e0266095_06545392.jpg


e0266095_06545327.jpg

??
e0266095_06545442.jpg

???
失礼だけどイランの勲章かなりヘンテコ。
なんでこんななんだ?
e0266095_06545416.jpg

イランってもともと気になる国だけどますます気になる。

ヘンテコな勲章ばかり写真に収めたけど、ほんとはこういう博物館ではない。
[PR]
今日はずっと気になっていた勲章博物館へ。
e0266095_06403569.jpg

オルセーの真向かいにある。
ここはパリ市の博物館だからいつでも無料。
無料だからさほど期待せずに入ったら見るものがたくさんあって結局2時間もかかった。
e0266095_06403513.jpg

館内にはフランスの勲章から世界中の勲章まで大量に飾ってあった。
e0266095_06403652.jpg

引き出しがたくさんあって開いても開いてもキリがない。
e0266095_06403678.jpg

e0266095_06403773.jpg

e0266095_06403762.jpg

多分、こういうモチーフのファッションやアクセサリーが好きな人にはたまらない空間だと思う。
e0266095_06403890.jpg

e0266095_06403843.jpg

e0266095_06403921.jpg

e0266095_06403901.jpg

私はアクセサリーとしての美しさで見てしまうけど、オタク気質な家主は無料で貸し出してくれるオーディオで説明を聞いて色々説明してくれた。

世界中の勲章が飾られてるのに日本のはちょっとしかなくて、全体主義だからかな。もっと勲章くれたら頑張るのに。って軽く思った。
しかし、家主がある勲章を見て、これうちにある。と言って、義母のおばあさんの兄弟が戦死して体が見つからなくて勲章くれた。と言ってて、勲章より帰ってきて欲しいな。と思った。

続く

[PR]
年末にボンマルシェに行った。
ラファイエットやプランタンは毎年豪華な飾りだけど、今年のボンマルシェはなんと花びらみたいな白い紙切れを上から吊るしただけ。
これで雪が舞い散ってるのを表現してるみたい。
そう言ってしまうとしょぼそうなんだけど…
e0266095_05252353.jpg
なんとも不思議な空間になっている。
写真に撮ると「どうなっているんだろう。」と不思議に見えるフォトジェニックな空間だった。

昨年のAI WEI WEIに続き、今年に入ってから始まった展覧会は日本人現代美術家の塩田千春さんの作品。
パパパっと見ただけなのでまたビデオも含めゆっくり見に行きたいんだけど
e0266095_05302128.jpg
無数の糸でできた舟。
Where are we going? という展覧会のタイトルが素直に受け入れられる。
e0266095_05303664.jpg
e0266095_05303782.jpg
これも全部糸。
巨大な倉庫みたいなところで制作してる映像をみると果てしないな…。
e0266095_05302804.jpg
ボンマルシェは商業施設だから、現代美術が苦手な私でも受け入れやすい現代美術作品が多くて毎度楽しみ。

Where are we going?
こちらのリンクから制作風景がちょこっと見れるので興味のある人は見てみてください。

[PR]
e0266095_08114452.jpg

今年は父が大病をしたのでその時に奇跡のメダイユ教会へお祈りに。
心の広い神様は仏教徒の私の願いも聞き入れてくれたので、お礼をしに行き、これから始まる厄年、家族、友人の健康も願いに。
e0266095_08114517.jpg

最初はミーハーな感じに観光客とメダイユを買いに行ってたけど、年齢と共にわりと真剣に健康を願いに行く教会になっていて、フランスの家族で唯一クリスチャンではない私が一番せっせと教会に通っている。
e0266095_08114596.jpg

ほぼ無宗教なのにあっちの神様、こっちの神様にお祈りすると妙に落ち着くのでathée(無神論者)ではない。
漠然とした神様は一体何者なんだろうか。

年が明けたら初詣に行こう。
[PR]
日本にやってきたと聞いて行ってみたcoutume。
e0266095_5544164.jpg

パリで一番おいしいコーヒーが飲めるらしい。

ちょっと女性っぽいバリスタにあっち座れと英語でまくし立てられビビる。
e0266095_5544668.jpg

053.gif
けど、コーヒーはうまい!
こんなに違うものかと思う程うまい!

e0266095_5544563.jpg

パンケーキもうまい!
日本のパンケーキブームに乗るもんか。とパンケーキをここまで食べないで来たのだけど、クレープの国でパンケーキは珍しく、パンケーキってこんなにおいしいのか。
あの、何時間も並ぶの並んでたらおいしいの食べられたのかな。と、ふと思う。

一日経った今も幸せな気持ちで、既にもう行きたくなってる。
日本のお店でぜひお試しあれ。

coutume
47 Rue de Babylone 75007

青山店
東京都港区南青山5-8-10
[PR]
久しぶりにやってきた日本でもお馴染みのLe Pain Quotidien
e0266095_6183449.jpg

世界中に店舗があって、母は3カ国目。
e0266095_6183749.jpg

食事はイマイチなんだけど、小腹が空いたのでお茶に入ったんだけど結局、スープを飲んだ
e0266095_6183882.jpg

5ユーロ。やはり味が薄め。

e0266095_6183981.jpg

カフェグルマンは5ユーロ以下。
この小さいサイズがありがたい。
これはおいしい。

e0266095_6183621.jpg

気づいたのだけど、日本人にはこれで十分なんじゃないか。

e0266095_6184143.jpg

アントレ前菜、プラ主菜、デセールデザートとがんばって食べたてたけど、これからは、これだけにしよ。

e0266095_6184333.jpg

Le Pain Quotidien
25 rue de Varenne 75007
[PR]