アジア料理の話が続きます。
私がバインミー、バインミー言い続けてるのでバインミーが気になっている読者の方もいるかも。
(読者と偉そうに言うけど、わずかなアクセス数の家族、友人、フランスが好きで辿り着いたであろう人)
しかし、バインミーはたいてい中華街にあるのでパリに行ってもなかなか食べられない。
観光地からアクセスしやすいバインミー屋さんを紹介します。
e0266095_06384360.jpg

カルチェラタン、植物園から徒歩圏内のこのお店、小さな店舗だけど、お昼時には行列が。
どんなもんだろ。と思い、並んでみることに。
中に入ってみたら、ほんとに狭い店舗でおばちゃんが1人で注文を受けてから調理してた。
なんと、間に挟む肉なんかもその場で切っていた。
先に切っておけば早そうなのに。
なので自分の番まで15分くらいかかった。
で、牛肉のバインミーを頼むと鶏肉の方が新鮮でおいしい。というのでみんな鶏肉を頼んだ。
それでも牛肉のを頼もうとしたお客さんは鶏肉を醤油で煮詰てる鍋を見せられてたのでよほど鶏肉推しなのかと。
私も従い鶏肉を注文。
e0266095_06445646.jpg
家に帰って食べてみたら生姜の香りの鶏肉が確かにおいしい。
一つ前のバインミーより家庭的な味。
これは相当おいしいな。と思う一方、でも中毒性のあるのはいつもの店。
例えるならこの店はクアアイナ的な存在で、いつもの店はマクドナルドなんだと思う。

晴れた日に植物園でお昼なんて時にオススメの店です。

Monts et Rizieres
105 rue Monge 75005 Paris

[PR]
ずっと気になっていたお店にとうとうチャレンジした。
ムフタールの坂の下にやってるんだかやってないんだかイマイチわからないカフェがあり、少し前にリニューアルしたら、謎の日本通りの文字。
e0266095_08081397.jpg

なに日本通りって?
日本風のハンバーガー店のようだ。
看板に日本人シェフ・ダイって書いてあるから日本人の店なのか?
しかし、日本人ではなさそうな人々が調理場にいるのでダイはいない。と怪しむ家主。
でも、日本人と思われるサービスの女の子達がいる。
しかし、日本人の店でひとり食事するのはなんとなく気まずいので家主と共に行くことに。
e0266095_08131315.jpg
家主はハンバーガー、ポテト、枝豆、ビールで14.5ユーロ
e0266095_08145512.jpg
私はテリヤキチキンのライスバーガー、ポテト、唐揚げ、デザート、飲み物のセットで17ユーロ。
セットと単品で頼んで分けようって言ったのにあれよあれよ。と結局セットを頼んだ家主。
なんかすごい量に…。
なんだかんだでいい値段になってしまったけど、セットだけなら10ユーロちょっとだから安い。
e0266095_08174066.jpg
ハンバーガーはハンバーガーだからそこまで魅力は感じなかったけど、魅力的なのがおつまみ。
枝豆や唐揚げが3ユーロ、エビフライが6ユーロとちょっとした居酒屋状態で多分この先、アペロに通うと思う。
他にカレーや牛丼もあった。

日本人だと思われた女の子達はアジアの女の子達で日本語が通じなかった。
(けど、その方が気を使わずに行けそう。)
ダイなんかいないじゃないか!と思ったけど、検索してみたらやっぱり日本人経営のお店みたい。
またチャレンジしてみる。

Cafe Le Papillon
129 rue Mouffetard, 75005 Paris

[PR]
ここのところ、珍しく外食が続いている。
おいしいお店を見つけたのでご紹介。
e0266095_03045192.jpg
先日、毎年恒例の無理矢理作った私の聖人の日にレストランへ。
気になっていた近所のレストランへ。
最初の年、今日はレストランで食事というのではりきっておしゃれしたら、近所のファミレスだったけど、最近はちゃんと予約取ってくれるように。
e0266095_03140974.jpg

前菜はエビのラビオリ
この泡がおいしそうに見えると言われたのだけど、流行りの店ではよく、泡がのってて、泡よりソースの方が個人的にはありがたい。
e0266095_03144953.jpg
野菜のグリルとパンナコッタ
これ、野菜が濃厚だった。
e0266095_07472523.jpg

メインは魚のラザニア
魚を選ぶとあっさりしたものが多いけど、これはがっつりしてて食べ応えがあった。

e0266095_07473938.jpg

白身魚とかぼちゃのピューレ
こっちは家主が頼んだのであまり覚えてない。

e0266095_07475397.jpg

そしてデザートは最初に頼んで置いたグランマニエのスフレ。
ちゃんとスフレ食べたの初めてかも。
見た目の大きさとは反対に軽くてペロリ。

3皿で35ユーロと夜にこの値段はかなりお値打ちじゃないかと。
しかし、相変わらずの食前酒、ワイン1本でなかなかいいお値段に…。

プラスモンジュの駅から1分、ファーマシーモンジュの裏と立地もいいのでカルチェラタン散歩ついでにオススメです。

Lilane

8 rue Gracieuse 75005 Paris


[PR]
どこかに散歩に行こうと思い、警察博物館へ行くことに。

警察博物館は5区の警察署のなかにあった。
ちょくちょくテロリストに警察官が襲われるためか、凄い警備!バリケードにボディチェック。
e0266095_08264514.jpg

仏式3階にある。
最初にパンフレットと館内の説明を受けた。
フランスの警察の歴史から
e0266095_08264663.jpg

犯罪者や刑罰のコーナー。
メリケンサックってほんとに武器なんだな。
e0266095_08264661.jpg

凶器も並んでて実際に頭をカチ割られた人の頭蓋骨が!
お墓に入れてあげればいいのに。
e0266095_08264787.jpg

この人はフランス最古の連続殺人犯。
私は当然知らなかったけど、家主に見せたら当然のように知ってたので、日本でいう阿部定的な人なんだと思う。
e0266095_08264770.jpg

事件現場の写真があったり。
これは写ってないけど遺体が写ってた。
e0266095_08264877.jpg

第二次世界大戦中の資料も。
話は変わるけど、前に肩のところに大きなダビデの星が入ったジャケットを着たアジア人を見てかなりギョッとした。多分こっちの人はだいぶびっくりすると思う。
e0266095_08264866.jpg

五月革命のプラカード。
e0266095_08264905.jpg

お馴染みのこれ。
e0266095_08265096.jpg

見学に来た小学生のイラスト。
この子は展示品をレイアウトしてて、謎の虎人間はこれ。
e0266095_08265085.jpg

よほど印象に残ったんだね。

このブログ、無料の美術館ブログになってきてるけど、ここも無料です。

情報は後ほど

[PR]
パンテオンのすぐそばにキュリー夫人の博物館があるというので行ってきた。
e0266095_08373002.jpg

小学生の頃、偉人伝記大好きだったから読んだけど、何したかよくわからない人ナンバーワン。そんなキュリー夫人、散歩コースに研究所があるなんてご近所さん。
ちなみに現在はパンテオンに眠っている。
e0266095_08373107.jpg

博物館と言っても小さくてほとんど見るものはなかった。
e0266095_08373193.jpg

事務所や
e0266095_08373231.jpg

研究室がそのまま残されている。
小川洋子の薬指の標本ってなんとなくこんなイメージ。
e0266095_01432321.jpg

ラジウム大流行りだったようで、化粧品に
e0266095_01432329.jpg

時計に
e0266095_01432424.jpg

たばこ。今で言う水素水的なものだったのだろうか。
e0266095_01432416.jpg

ラジウムは殺す (または)滅ぼす(と訳せばいいのか?)というタイトルの本。
どう見てもシロクマに殺されそうなんだが。

期待せずに行ったけど意外とおもしろかった。
e0266095_01432579.jpg

パンテオンの裏にあるので、観光のついでにどうぞ。
8月はお休みです。
[PR]
先日、無理矢理作った私の聖人の日だったのでレストランへ。
詳しくはこちら
こういう日を覚えるの苦手でなんと、もう既に3年経たずに結婚記念日がいつだったか忘れてしまったので、この日いらないんだけどな。
とも思うんだけど、家主はアニバーサリー記憶魔なので祝う事ができる。

今は家主が郊外の職場に行ってるのでどうも、レストランの選択が限られてしまう。
しょぼそうな店のわりには高めの店。と店の前を通るたびに思っていたAu bon coinという店にしてみた。

e0266095_06033232.jpg
しょぼそうだな。って思ってたんだけど、中はおしゃれだった。
入り口にかかってる幕みたいなのが垢抜けないので取った方がいいのに。
e0266095_06024624.jpg
アミューズブーシュ(突き出し)もちゃんと出た。
これがおいしくて期待が高まる。
e0266095_06025513.jpg
前菜は私はいかときゅうりのなにか。お魚がいるように見えるけど、これはだまし絵。
e0266095_06025990.jpg
家主はフォアグラとあんず。
e0266095_06030684.jpg
メインは私は魚介のパピヨット
e0266095_06031044.jpg
家主はあんこうのリゾット
e0266095_06031924.jpg
デザートは私はヌガーのアイス
e0266095_06032311.jpg
家主は巨大なババ。
出てくる料理、出てくる料理なかなかおいしいんだけど、まわりの人の食べてる料理もおいしそうだったので、また行きたい。

最近は遠くまで行かなくてもおいしいレストランに行けるようになってよかった。

アントレ・プラ・デセールで35ユーロなのでディナーの値段だとなかなかお値打ちだと思うんだけど、選ぶ物によって追加料金がかかるので家主はアントレもプラも追加料金がかかるのを選んだのでそこそこな値段してた。

こういうお店に来る度にほんとにみんなカップルのお客さんだらけで驚く。

AU BON COIN
21 rue de la Collegiale 75005 PARIS
+33 1 43 31 55 57

平日の昼は2品で15.90ユーロ、3品で19.90ユーロとお値ごろなのでオススメです。

[PR]
この間見つけたパティスリーはちょっと変わったお店だった。

以前、日本人が作ってたケーキ屋さんがあったんだけど残念ながらそこがなくなってその後にできたケーキ屋さん。
きれいな見た目で気になっていたけど5〜6ユーロとちょっと高いので買うことがなかったけど、外食でデザートを食べなかったので家にお菓子を買って帰ることにした日に買った。
e0266095_843989.jpg

それがこのケーキ。ケーキの値札になにやら数字が書いてあって注文番号だと思ったらどうも違うみたい。
e0266095_8102842.jpg

このケーキえらく甘くないケーキだね。
日本だったらいいけどフランス人には甘くなさ過ぎるんじゃない。
と話しながら食べていたら、これは低GIのケーキ屋さんらしい。
と言ってもイマイチよくわかってないんだけど、低GIだと食後の血糖値の上昇がゆるやからしい。
そのGIの指数がケーキにひとつひとつ書いてある。
(流行の糖質制限とはまた違うんだね。)
e0266095_8182781.jpg

GIが気になる人はここのお店へ!

甘すぎるお菓子にうんざりするので私はこのお店ありだな。

向かいにはゴテゴテに甘いこのお店がある。

さあ、どっちを選ぶ?

Les Belles Envies
3 Rue Monge 75005 PARIS
(現在は夏休みのバカンス中みたい。配送が25日からだから多分そのころに再開するのでは)
[PR]
我が家の近くにはたくさん大学がある。
ネットで検索すると学生でなくても入れるので学食に潜入してみることに。
e0266095_05395601.jpg
みんなが同じのをたのんでるから真似して頼んだらケバブだった。それとプリン。

これで3.5ユーロしない。
ほんとは学生じゃないと倍くらいするらしいのに学生価格だった。

だいたいの学生が友達と食べてるのでボッチ飯っぽい。
たまに買い物帰りのおばあさんとかもいる。
あと、なぜかたくさん中学生みたいな子供たちがいた。

みんな、結構豪快に残してて、りんごを二つとってるのにどちらも一口だけ食べて残してる子とかいた。

しかし、大量のフリットとかピザとかドーナツであれを毎日食べるのは体に悪そう。
学生時代、ビオの学食だったのは今になるとありがたいけど、その当時はもっとジャンクなものが食べたかったから、学生は気にならないのかもしれないけど。
夜まで全くおなかが空かなかった。
家主も会社であんな量を食べてるのかな。と思うと痩せない理由がわかる。

安いし、おもしろいし、たまに行ってみようと思う。
誰でも入れるみたいだから7ユーロ位と思いつつ、学割料金で安かったらラッキーって思って入ってみては…。


[PR]
さっき、パン屋のカテゴリを見ててふと気づいたのだけど、頻繁に行ってるle Boulanger de mongeについて書いたことがなかった。
e0266095_7232886.jpg

ここのお店はビオのパンのお店で私は近所のパン屋さんだと一番ここが好き。
家主はべつのところが好き。
気取ってない街のパン屋さんで値段も普通。
ビオのパンだとちょっとクセがあることがあるけど、ここのはそれもない。
何年か前にパリで一番おいしいタルトオポム(アップルタルト)になったけど、それはそんなにおいしくもなかった。
e0266095_7262777.jpg

先月、どうにも生クリームを欲することがありショーウインドウに並ぶ生クリームたっぷりのシュークリームに心奪われ何日も買おうか買わないか悩んで買った。
このシュークリーム、生クリームにマスカルポーネが混ざってて、底にはフランボワーズがぎっしり詰まってるという代物。ああ。想像しただけで夢のようなお菓子!
おいしいのだけど、よく考えたらそんなにたくさん食べられない。(日本のケーキより1.5倍くらいある。)
何時間かかけて食べた。
私は生クリームそこまで好きじゃないけど、好きな人は好きだと思う。

このパン屋さん、ただの街のパン屋かと思ったらなんと日本にも進出しているそう。
こちら
それも、日本の方が断然おしゃれなパンを売ってる!(ゴントランシェリエも日本の方がおしゃれなパンを売ってる。)
日本ってなんでもあるなー。と改めて思う。
さっきのBle sucreはわざわざ行った方がいいお店だけど、ここは近所にホテルを取ったらここはオススメという感じのパン屋。

le Boulanger de monge
123 rue Monge 75005 Paris
[PR]
右端にツイッターを表示させていてその日入ったカフェをツイートするようにしているのだけど、今日はツイートだけじゃもったいないお店を見つけたのでご紹介。
e0266095_7104184.jpg

ムフタール通りから横丁に入ったとこで気になっていた
les petits plats de marcというサロンドテにチャレンジ。

e0266095_7104299.jpg

外のメニューを見るとそんなに高くなさそうなのでメニューをしっかり見ずにスコーンとエスプレッソを頼んだら

e0266095_7104433.jpg

げ、絶対高いの来ちゃった!
スコーンが1つコロンと来るのかと思ったら、2個にジャムにクリームにバターまできた…。
ちゃんとあたためてあっておいしい!

お財布には8ユーロしか入ってなかったので、どうしよ。8ユーロ以上だったらジャムとかお菓子買って、クレジット使える値段にしよ。と頭の中をグルグル。

この店の主のマークと思われるムッシュはおいしい?と声をかけてくれたり、ヒゲもじゃの風体に似合わずガーリーなスコーンを出してくれてとても感じがいい。
絶対女子が好きなお店!

いざ、お会計になったら、コーヒーとスコーンで4ユーロと言われて、拍子抜け。14ユーロじゃなくて?
その値段じゃ商売やっていけないでしょ?マーク。
今だに間違ってるんじゃないの?と気になってる。


あたし、この店通うっ!
と、お気に入りの店ができた。

les petit plats de marc
6 rue d'arbalete 75005 paris
[PR]