少し前にサンルイ島といえばのベルティヨンに行った。
普段は店頭で食べるだけだけど、この日はサロンの中で。
e0266095_04371924.jpg

ベルティヨンのアイスを店頭で食べると確かワンボウル2.8ユーロ位なんだけど、サロンの中で食べると確か4.8ユーロ。
2ユーロが席分ね。と思ってたけど、店頭のアイスより大きかった。
コーンのかわりにチュイールもついてるし。
なんだ。これならこれからサロンのなかで食べよう。

ベルティヨンにはこんもりとクリームとフルーツののったサンデーがあって、いつかあれを食べてみたいな〜。

29-31 rue Saint-Louis en l'Ile
75004

[PR]
そういえばフランスに越して来てから一度も行った事がない。と気づいてアンジェリーナに行って来た。
e0266095_7204533.jpg

日本でもおなじみのモンブランのアンジェリーナはパリが本店。
昔、一度行った事があるし、モンブランはテイクアウトしたことがある。
たまにこういうところに行きたくなり、久しぶりに行ってみた。
e0266095_7224088.jpg

レーズンのパンとエスプレッソ。
これで7.8ユーロ。
…まあ、安くはないけど、サロン・ド・テに行きたいときは朝ごはんを食べに行ってゴージャス空間を体験することにしてる。
e0266095_7244987.jpg

しかし、まわりはみんな観光客。
みんな20ユーロとか30ユーロの朝食を食べてる。
こういうの私も食べた事あるんだけど、食べきれない。
モンブランだけで9ユーロもするのでとてもじゃないけど食べられない。
量もだけど。
e0266095_7313044.jpg

8人の女たちのエマニュエル・ベアールみたいなウェイトレスのお姉さん達がたくさんいて目の保養になった。

しかしこういうコテコテな空間、アンジェリーナとラデュレだったらラデュレの方が徹底してて好きだな。

Angelina
226 Rue de Rivoli 75001 Paris
[PR]
どうしてもラーメン食べに行きたくなってラーメン屋さんへ。
e0266095_2125164.jpg
e0266095_21253226.jpg

以前から気になっていた博多ちょうてんという日本にもあるお店。

パリには何軒かラーメン屋さんがあって私も家主もここが一番おいしいと思った。
(けど、私はフードコートのラーメンでも並ぶラーメンでもおいしいと感じるのでイマイチ信用に欠ける。)
店員さんも日本みたいに感じがいいし。

しかし、ラーメン2杯とビール1杯で34.5ユーロ(約4600円)!
チケレストで支払いをしても更に15ユーロほど(約2000円)支払い、パリの物価の高さに震える。
しかもラーメンは安い部類の食事なのに!

チケレストをもらえるようになってから、だって私にはこの魔法のカードがあるんだもの♡と強気に出かけても撃沈することが多い。
先日もブッシュドノエル1人分が10ユーロでやめた。
フランスの外食代、ほんと高い!

それでも久しぶりのラーメンはおいしい。
胃がしくしくと痛くなり、あとでとんこつラーメン食べられないことをおもいだしたけど。
博多ちょうてん
53 Rue des Petits Champs 75001 Paris
[PR]
e0266095_4183735.jpg


家主が持ってるうどんという映画を見て以来うどんが食べたくなった。
パリのうどん屋さんへ。
e0266095_4183550.jpg


セットのたきこみごはんと唐揚げと卵焼きとキャベツサラダ。

以前、寿司屋で働くバングラデシュ人の友人にキャベツサラダは嫌いです。って日本語を教えろ。と言われたのだけど、キャベツサラダってこういうのかな。

e0266095_4183096.jpg

家主は冷たい天ぷらうどん
カルピスは私の。

e0266095_4183315.jpg

私は天ぷらザルうどん。

楽しみにしてたのに、1年程天ぷらを食べる機会がなかったら胃もたれしてしまい天ぷらは半分しか食べられなかった。
すごく大きな天ぷらだったから多かったけど。
味はおいしい。


カルピスをたくさん飲めたのが妙に嬉しい。

どれも美味しいのだけど、なんと1人30ユーロ程(4000円程)するので私は同じ値段払うならお寿司が食べたい。

そもそもはなまるうどんで満足できるタイプだから。
けど、家主は凄く気にいってた。

さぬきや
9 rue d'Argenteuil 75001 Paris

[PR]
これも友人が来てた時に行ったレストランAu Pied De Cochon。
e0266095_03441230.jpg
ここは以前1度1人で来た事がある。
e0266095_03464017.jpg
必ず出てくるリエット。
e0266095_03470889.jpg
友人がオニオンスープが食べたいと言ったのでここに来たんだけど、まあ、しょっぱい!!
水を足しつつ飲んだのだけど、飲んでも飲んでも飲み終わらなくて底なし沼のようなスープだった。
以前、飲んだ時は別にそんな印象なかったのに…。と写真を見返したら
全然違うじゃないか!!!
このスープ飲んだら檀一雄怒るよ…。
e0266095_03503156.jpg
とにかく私はこのスープだけでお腹いっぱいになるのを知っていたからそこでやめてたんだけど、友人はこの店のスペシャルが食べたいと言い注文。
絶対デカイよ…。

e0266095_03495509.jpg
ほらね!!
女性の腕サイズの豚足がやってきた!
この店のスペシャルってお店の名前がピエ・ド・コションということで豚足。

一口食べて「胃もたれする〜。」と言っていたのだけど、一口食べたら確かに強力な胃の持ち主の私でももたれしそうだな。と思うプリプリ。

e0266095_03553224.jpg
トゥールダルジャンの鴨のように「今日、32本目の豚足だよ!」とナンバーがついてる。
邪悪そうな豚。

コーラが飲みたい…。とコーラを頼んだ友人は一番おいしそうな顔をしてた。

おみやげ話にはちょうどいいけど、シェフが変わるまでしばらくこのお店には行かないと思う。^^

Au Pied De Cochon
6 rue Coquillière 75001 Paris


[PR]
普段から日本食なのでそんなに飢えてるわけでもないけど日本食デー。
e0266095_7394654.jpg

カレーパンとあんぱん。
2つで5ユーロ。
…ってことは700円⁉︎ああ!計算するんじゃなかった。

そして夜はお寿司屋さんへ。
e0266095_7394758.jpg

日本でもおなじみのフローズンビール。
多分、初めて飲んだ。

前菜は
e0266095_7395024.jpg

なすの柚子味噌和え
e0266095_7395238.jpg

鶏肉の生姜ロール?
そして
e0266095_7395355.jpg

私はちらし
e0266095_7395513.jpg

家主はお寿司
e0266095_7395659.jpg

デザートは抹茶ロールケーキ
e0266095_7395843.jpg

アロエ
え?アロエでいいの?と思ったけど、食べたことないらしくたいそう満足してた。

これで2人で70ユーロ。
外食の高いパリでこれは高くない。
日本だったら、もっと安くておいしいお寿司が食べられるとは思うけど、値段も味も内陸のパリでかなりがんばっていると思う。
デザートもおいしかった。
以前、別のお寿司屋さんで、ああ、この味でこの値段か…。と思いそれ以来行ってなかったけど、これはまた行こう!
フランス人も連れて行こうと二人とも気に入った。
久しぶりに良い時間!
sushi marche
20 rue Mirabeau 75016


2月位から右端にTwitterを表示しようとしてたのだけど、うまくいかず四苦八苦。なんと4ヶ月かかってやっと表示することに成功。015.gif
わざわざブログに書くほどじゃないけれど、パリらしい写真を載せたりするのでよかったらのぞいてみてくださいね。

https://twitter.com/isourouparis
@isourouparis
[PR]
わ〜!クロワッサンやバゲットじゃないパンが食べたーい!!
…と思っても意外とそれ以外が見つからないパリの街。

一時期、あぁ、ベーグル食べたい。と思ったけど、サンドウィッチになったものしか売ってなくて、それじゃ高いし。と悩んでいた時に見つけたお店。

e0266095_64758.jpg

Bagelstein
13, Rue des Pyramides Paris 75001(サイトに他の店舗のアドレスもあります。)

ここのお店は店内でも食べられるけど、ベーグル1ユーロをお持ち帰りできる。

e0266095_674226.jpg

サーモンとブルザンをたっぷりはさんでパクリ。
なんとなくオニオンを抜いてしまったのはプラダを着た悪魔の影響だろうか。

e0266095_682965.jpg

ここのお店はフランスのお店だそう。
フランスのベーグルを食べてみたい!って人はお試しあれ。

元々ジュイフの食べ物なのでマレ地区にはジュイフのパン屋さんで本格的なベーグルも見つけられます。
お試しあれ!
[PR]
ずっと行きたかったレストラン、Au Pied De Cochonに行ってきた。
6 rue Coquillière 75001 Paris

e0266095_750497.jpg

ここは愛読書の石井好子さんの本に出てくるお店。
さて、好子さんが何を食べたかは失念。
ネットで検索してたら、食いしん坊・檀一雄がオニオンスープが好きだったと出てきたのでそれを頼むことに。
e0266095_7505095.jpg

ほんとは子豚の足という店名通り、豚足が名物なんだけど。

バゲットと共に、豚のコンフィチュールも出てきた。
e0266095_750518.jpg

e0266095_7505217.jpg

こんなの初めてだったので無料?って思わず確認。

お皿にもブタちゃん。
e0266095_7505354.jpg


食後にコーヒーを頼んだら、ブタの形のメレンゲが!
e0266095_7505430.jpg

かわいい!

ツーリスティックなので、どうかと思ったけど、なかなか良かった。
e0266095_7505582.jpg

仕事終わりの石井好子さんが訪れたのを想像したり、檀一雄の旅を想像して切なくなったり、Robert Doisneauの展覧会で観たレアールの市場で働く人達を思い出したり。
というのも、このレストランはもともと、今はなきレアールの市場で働く人達が利用してたそう。
e0266095_750571.jpg

e0266095_750594.jpg

e0266095_751149.jpg

e0266095_751274.jpg

ブタちゃんだらけ。

e0266095_7505662.jpg

ドアノブは豚の足。
[PR]