タグ:フランス料理 ( 16 ) タグの人気記事

おいしい食べ物の話が続いていますが、実際の私はというと、ここ3週間程は忙しく不摂生が続きダイエット中という生活。
さて、少し落ち着いたので、この間行ったレストランの話。
e0266095_21455439.jpg

少し前に家主の日本の友人がやってきたので一緒にレストランへ。
このレストラン、トラディショナルなフランス料理屋さんで量がハンパないので、家主も家族も好きだけど、毎回、翌朝になってもお腹がいっぱいだから私はあまり気の進まないレストランだった。
e0266095_21503880.jpg

俺のものは俺のもの。お前のものは俺のもの。
な家主としか普段、食事に行かないので、強制的に前菜からデザートまでヒィヒィ言いながら食べてるけど、ここ、量がハンパないと伝えたら、日本人のお友達が半分こしてくれた。ありがたや。
しかし、料理人が変わったのか量が普通になってて、味も垢抜けてて、3皿食べられたな。と思った。

これはポトフとフォアグラのテリーヌ。
e0266095_21565672.jpg

メインは羊肉の煮込み。
これも凄くおいしくて、最後までペロリ。
以前はこれにもう一皿山盛りのポテトが出て来るような店だったのです。
e0266095_21595382.jpg

バスク料理屋さんなのでバスクのチーズとさくらんぼのジャムが出てきた。
e0266095_22011008.jpg

家主が頼んだガトーバスク
e0266095_22012326.jpg

私の頼んだブリオッシュペルデュ。
これはほんとにブリオッシュまるまる1個で凄い大きいけど、前菜を半分だけだったから食べ切れた。

今までは量が量だから日本からやって来た人は連れてかなかったけど、これからは自信を持って連れて行けるお店に。
辺ぴな場所にあるのでなかなか他に用事はないと思うけど、ここ最近紹介したレストランで一番おすすめです。

他のお客さんもおいしい。おいしい言ってて、おいしくなったからか、今年のゴーミヨのシールが貼ってあった。
このゴーミヨって今年から日本でも発売されてるガイドブックでミシュランと似たような感じなんだけど、あくまで個人的な印象でミシュランの安くておいしい店マークのビブグルマンはハズレが多く、ゴーミヨのマークは当たりが多い気がする。

41 rue de Croulebarbe, 75013 Paris

[PR]
昨日は結婚記念日だった。
しかし8月末から、レストランにいく機会が多かったので、もう家で美味しいもの食べればよくない?と交渉を続けたが、結局レストランへ。
e0266095_05470805.jpg
このレストラン、サービスヴォワチュールと呼ばれる車を管理する人がいるレストランだから全くノーマークだった。
e0266095_05472491.jpg
だって、バターがベイユーヴェールなんですのよ。
e0266095_05500556.jpg
イノシシと栗のテリーヌにオニオンコンフィ

しかしサイトを見たら、前菜、メイン、デザートだと29ユーロなのに、41ユーロのコースにはそれプラスワイン1本、ミネラルウォーター、コーヒー付きと書いてあった。ワインが30ユーロとか平気でするこの国では破格の値段。
なので、これを注文しよう!と張り切って行ったら、まさかの家主の裏切り!
e0266095_05541691.jpg

フォアグラ食べたいからアラカルトで食べる。と言い出してなんと、お得セットが注文できなくなった。
だから、レストラン行きたくなかったんだよ!
e0266095_05563564.jpg

魚のシュークルート。
クラシックなレストランですごい量で私は半分でお腹いっぱいに。
e0266095_05591733.jpg

イノシシの煮込み料理。
e0266095_06004694.jpg

デザートはタルトタタン
e0266095_06015669.jpg

私はまたもやスフレ。
大きいけど、軽いから食べられる。

e0266095_06031045.jpg

コーヒーには焼き菓子がついてきた。

次こそはお得セットを注文したい。
このお店、シャンゼリゼから徒歩圏内のテルヌにもあるので、シャンゼリゼ周辺でこの値段はかなりお得だと思う。

AU PETIT MARGUERY
今回私が行ったのはこちらです。
9 bd de port Royal 75013 Paris

旅行で来られる人はこちらのほうが便利なアドレスかも。
64 avenue des Ternes 75017 Paris

[PR]
ここのところ、珍しく外食が続いている。
おいしいお店を見つけたのでご紹介。
e0266095_03045192.jpg
先日、毎年恒例の無理矢理作った私の聖人の日にレストランへ。
気になっていた近所のレストランへ。
最初の年、今日はレストランで食事というのではりきっておしゃれしたら、近所のファミレスだったけど、最近はちゃんと予約取ってくれるように。
e0266095_03140974.jpg

前菜はエビのラビオリ
この泡がおいしそうに見えると言われたのだけど、流行りの店ではよく、泡がのってて、泡よりソースの方が個人的にはありがたい。
e0266095_03144953.jpg
野菜のグリルとパンナコッタ
これ、野菜が濃厚だった。
e0266095_07472523.jpg

メインは魚のラザニア
魚を選ぶとあっさりしたものが多いけど、これはがっつりしてて食べ応えがあった。

e0266095_07473938.jpg

白身魚とかぼちゃのピューレ
こっちは家主が頼んだのであまり覚えてない。

e0266095_07475397.jpg

そしてデザートは最初に頼んで置いたグランマニエのスフレ。
ちゃんとスフレ食べたの初めてかも。
見た目の大きさとは反対に軽くてペロリ。

3皿で35ユーロと夜にこの値段はかなりお値打ちじゃないかと。
しかし、相変わらずの食前酒、ワイン1本でなかなかいいお値段に…。

プラスモンジュの駅から1分、ファーマシーモンジュの裏と立地もいいのでカルチェラタン散歩ついでにオススメです。

Lilane

8 rue Gracieuse 75005 Paris


[PR]
アレジアは14区にある町でうちからは近くて遠い。
e0266095_19282277.jpg

歩いていくと30分くらいかかるし、電車もバスも近い割りには乗り換えなきゃならないから、なかなか行く機会がない。
e0266095_19282297.jpg

しかし、なかなか充実した商店街だったからまた行きたい。
そんなアレジア周辺で見つけたココ。
e0266095_19282389.jpg

フランスには海外県というものが存在して、その海外県のひとつのレユニオン島のレストラン。
長い間レユニオン島が気になって仕方ない私は吸い込まれていった。
e0266095_19282378.jpg

メニューを見てもなんなのかよくわからない。
レユニオン島はインドと中国、フランスの文化が交わってるそう。
e0266095_19282452.jpg

適当にお昼のムニュを注文。
どうやらこれは魚のカレーとあずきのスープ。
これで10ユーロちょい。
あずきのスープはしょっぱいお汁粉という感じで親しみやすく、カレーもおいしかった。
結局、フランス料理よりこの手の料理の方が好きだな。

なかなか、大衆食堂感はあったけど、フランス料理に飽きたら、フランスの別の文化を知りたくなったらこのお店オススメです。

お店の情報は後ほど追加します。



[PR]
先月、家主が有休を取った時にずっと行きたかったレストランへ。
e0266095_03084338.jpg
このレストランはアールヌーヴォー様式のレストラン。
アールヌーヴォー好きとしてはぜひとも訪れたかったお店。
e0266095_03092224.jpg
e0266095_03091745.jpg
アールヌーヴォーの特徴の植物モチーフや曲線がふんだんに使われた店内。
e0266095_03084817.jpg
前菜は
サーモンとキヌアのサラダ

e0266095_03085014.jpg
ガスパッチョ

e0266095_03085421.jpg
メインはタラとじゃがいものピューレ?
e0266095_03095216.jpg
鴨のコンフィ

前菜、メインまたはメイン、デザートで16.95ユーロ
とパリではかなりお値打ち。
これは平日の昼だけで休日や夜はそこそこ高い。

凄いおいしいとかではないけど17ユーロでこれだったらいいと思う。

e0266095_03091199.jpg
e0266095_03093008.jpg
旅行でお友だちが来た時に行くのにいいお店だと思う。
e0266095_03092578.jpg
e0266095_03093718.jpg
ちょっと洒落た気分に浸れた1日だった。

Bouillon Racine
3, rue Racine 75006 Paris

[PR]
ユッケを食べて食中毒になる人をそんなもの生で食べるからー。と冷めた目で見てたのに、少し前に知ってしまった禁断の食べ物
e0266095_6191879.jpg

タルタルステーキ。

ようは生肉にケッパーやらピクルスやら調味料を和えただけの食べ物。
刺身に飢えているこの生活でネギトロのような食感にすっかり魅了されてしまった。

こんなもの食べたら食中毒になるんじゃないか。と心配なんだけど、もう、数日前から食べたくて仕方なく、とうとう食べに行ってしまった。
女、1人生肉を貪る姿はなんとも情けない。

キックボードで移動できる範囲で店を定めた。
新聞社の裏にあるお店。
冴えない通りなんだけど店内は混み混みで客層が予想外にシック。
久しぶりのタルタルはおいしくって大満足。
しかし、食中毒が怖いのも事実…。
まだまだ潜伏期間。

お店の名前は潜伏期間が終わってから公表します。

追記:結局おなかは無事だったのでアドレスを公表。
L’alouette
18-24 rue du champ de l’Alouette 75013 Paris

また食べたい。
[PR]
これも友人が来てた時に行ったレストランAu Pied De Cochon。
e0266095_03441230.jpg
ここは以前1度1人で来た事がある。
e0266095_03464017.jpg
必ず出てくるリエット。
e0266095_03470889.jpg
友人がオニオンスープが食べたいと言ったのでここに来たんだけど、まあ、しょっぱい!!
水を足しつつ飲んだのだけど、飲んでも飲んでも飲み終わらなくて底なし沼のようなスープだった。
以前、飲んだ時は別にそんな印象なかったのに…。と写真を見返したら
全然違うじゃないか!!!
このスープ飲んだら檀一雄怒るよ…。
e0266095_03503156.jpg
とにかく私はこのスープだけでお腹いっぱいになるのを知っていたからそこでやめてたんだけど、友人はこの店のスペシャルが食べたいと言い注文。
絶対デカイよ…。

e0266095_03495509.jpg
ほらね!!
女性の腕サイズの豚足がやってきた!
この店のスペシャルってお店の名前がピエ・ド・コションということで豚足。

一口食べて「胃もたれする〜。」と言っていたのだけど、一口食べたら確かに強力な胃の持ち主の私でももたれしそうだな。と思うプリプリ。

e0266095_03553224.jpg
トゥールダルジャンの鴨のように「今日、32本目の豚足だよ!」とナンバーがついてる。
邪悪そうな豚。

コーラが飲みたい…。とコーラを頼んだ友人は一番おいしそうな顔をしてた。

おみやげ話にはちょうどいいけど、シェフが変わるまでしばらくこのお店には行かないと思う。^^

Au Pied De Cochon
6 rue Coquillière 75001 Paris


[PR]
先月友人が来た時に行ったモンパルナスのクレープリー通りにあるお店ジョスラン。
e0266095_03141566.jpg
まずはシードルを。
実は友人が到着した日にシードル飲んでたら具合わるくなったのでこの日は控えめに。
e0266095_03160516.jpg
一体何を食べたか詳しく覚えてないのだけど、おいしそうなのを各自頼む。
日本でもおなじみのブレッツカフェがパリで一番おいしいクレープ屋で洗練されているのだけど、モンパルナス駅を通った帰りでアオキさんもオススメしてたし、家主も来た事があると言ってたのでこっちにしてみた。

e0266095_03192199.jpg
実はクレープ1枚食べきれることがほとんどないのだけどここのは食べられた。
いつも敗因はチーズだろうか。

e0266095_03205684.jpg
忙しそうな店内。

e0266095_03212531.jpg
デザートはシュゼット。
オレンジのコアントローのとバナナのラム酒の。
どちらも豪快に酒をかける。
e0266095_03243219.jpg
40度のアルコールに浸されてるから酔っぱらってしまう!
気をつけて!

この時、隣にフランス人男性1人に日本人女性2人のグループがいて、かなり合コンっぽい会話が繰り広げられていたのでそっちばっかり気になってしまった。
パリのクレープリーだけど日本の居酒屋と錯覚。

Creperie de Josselin
67 rue du Montparnasse 75014 Paris
[PR]
普段は食べないような食事も人が来てるという口実でちょっと高いレストランDROUANTへ。
こちらのレストラン、フランスの芥川賞みたいな賞の発表の場らしい。

e0266095_5502814.jpg

まずはワインで乾杯!
くせがなくて美味しかった。

e0266095_5502941.jpg

前菜はラタトゥイユにヤギのクリームチーズがかかったもの。
これ、まねしてみたい。

e0266095_5503090.jpg

友人の食べてたアンチョビのタルトもおいしそう。

e0266095_5503166.jpg

メインはいか
…なんとも形容し難い食べ物だけど、美味しかった。

e0266095_5503376.jpg

こちらは牛肉の。
美味しかったそう。

e0266095_5503489.jpg

デザートはココナッツのサブレにフルーツとアイスがのったケーキ。

食事の飲み物などを含め60ユーロ程。

今日の一皿は20ユーロで、美味しかったら家主と食べに行こうと思ったけど、とても、一皿だけ食べて出れる雰囲気じゃなかった。

周りは年配のグループとビジネスマンばかり。
この国に来て初めて女子会を見た。
カレをまとった年配マダム達!
住む世界が違うんだろうな。

今は庶民の生活に戻り地味〜に暮らしておりますわ。026.gif

DROUANT
16-18 place Gaillon paris 75002
[PR]
もう、ずいぶん前になるけれど、こちらに来た当日、ちょうど日本からお友達が来ていたので食事に。
パリに詳しい人に教えてもらったオススメのレストラン Beaucoup。
e0266095_23242017.jpg
アントレ orプラ(メイン)or デセールで16ユーロ。
パリでは安い方。
パリにいると魚を食べないので魚を食べるくせがついているけど、
日本から戻ったばかりだったので、やっぱり肉を選べばよかった…。


e0266095_232421100.jpg

友人の食べていた肉。

e0266095_23242229.jpg

デセールは一体なんだっただろう…。これ。
メインよりデセールの方がおいしかった印象。

e0266095_23242370.jpg
店内はスッキリとしてる。
北マレらしく凄いオシャレなパリジャン、パリジェンヌばかりだったけど、こんな人達普段見かけない。

以前行ったjajaと同じ系列店。
私は内装、食事どちらもjajaの方が好みかも。

beaucoup
7 rue Froissart, 75003 Paris


[PR]