まだ飽きずにパン焼いてます。

気がついたらサンジェルマンの屋内マルシェがリニューアルしてて、アップルストアやユニクロが出来てた。
e0266095_06573910.jpg

そして大好きなM&Sも。
撤退してしまうらしいけど、新しく出来たここもなのかな?
スコーンも売ってる店舗でボーグルネルまで行かなくて良くなった。
e0266095_06574065.jpg

お店で強力粉見つけた!
軽くてエアリーな強力粉と自ら名乗っているので試しに買ってみたところ、確かにフワフワになった!
別に今までの強力粉?でもよかったんだけど、これはフワフワ。

海外に住む人のHB研究を散々検索したので、もしかしたら同じようにフワフワ食パンを探し求めてる人がひっかかるかもしれない。

M&Sの強力粉はなかなかいい!
M&Sのある地域の人は是非お試しください。

[PR]
新しい携帯に換えたら古い写真がよみがえったので、2015年七月にに母が来た時に立ち寄ったロワール地方の小さな街、オービニー=シュル=ネール Aubigny-sur-Nèreの写真を紹介します。
e0266095_05430569.jpg

この街はジアンに行った帰りに寄った。
e0266095_05430596.jpg

この日はお祭り。
e0266095_05430674.jpg

屋台も出てた。

e0266095_05430658.jpg

スコットランドとフランスの和解のお祭りらしいが詳しくは知らない。

e0266095_05430718.jpg


e0266095_05430783.jpg

街中、木組みの家が並んでる。
なんだロワールにもこんなかわいい街があったなんて!
e0266095_05430793.jpg


そういえばお祭りだって言うのにお店はみんな閉まってたな。商売気のない人達!
e0266095_05430838.jpg

普段、家主はどこにも連れてってくれないのでロワールのことはあまりわからなくて残念。
まだ城巡りで行くような城にもほとんど城にも行ったことない。
e0266095_05430877.jpg

この日は大賑わいだったけど普段はどうなんだろ。
e0266095_05430930.jpg


人口わずか5000人ほどの街だから普段は閑散としてるのかも。
次回は日常を見に行きたいな。


[PR]
正直に言ってしまうとパリのご家庭にお邪魔するとあまりおいしいものにありつけない。(超失礼)
大抵、肉焼く、ポテト焼く、いんげんくたくたに茹でる、ピカール(冷凍食品)!
これは招待された時の食事で、用事があって急遽伺ったりするとふだんの家庭料理はマカロニにベーコンとチーズを和えただけのものだったりする。
毎日5種の野菜・果物を食べましょう。の意味がわかる。
e0266095_01342674.jpg
しかし、オルレアンに行くとみんな料理上手。
先月、家主の友人のお母さんがくれたコレ。
e0266095_01343129.jpg
じゃーん!
マダムのお友だちが狩ってきた(買ってきたではない)鹿で作った、鹿肉とレバーのパテ。
当然だけどすごくおいしい。
e0266095_01343959.jpg
マダム、おおらかで、なかなかダイナミックな人柄なのに、料理をする時は人一倍丁寧な仕事で料理上手。
ジャムなんかも全部自家製。

e0266095_01343946.jpg
こちらは友人のお父さんの自家製フォアグラテリーヌ。
これも何日かかかって作るらしい。
このムッシュは元々肉屋さんで働いてたのでプロだからだと思うけど、普段スーパーで買うテリーヌとは全く違うおいしさ。
ついでに自宅も男の一人暮らしとは思えないきれいな家で植木鉢のお花もいつも元気。

e0266095_01343941.jpg
パリとオルレアン、明らかに料理のレベルが違うよね。と家主に言うと、あの人達はリタイアした人達で時間があるからだ。って言うけど、他の友人の家だって手が込んだ物が出て来る。

意外だけど、できあいのお惣菜もパリよりオルレアンのマルシェのほうがきれいでおいしそうなものが並んでる。
オルレアンの家庭料理、まねできないレベルでおいしい。



[PR]
この国にやってきて手作りしてるもの。
ドレッシング。
そんな試したわけじゃないけど、市販のドレッシングがどうしてこういう味にしたんだろ。っていう味してたので買わなくなった。
フランス人も同じように思うのか知り合いのマダムは日本でしこたまドレッシングを買ってくる。

余談だけど、この間、遊びに行った家でお客さんの一人がドレッシングはある?と聞いたら、奥さんがかなりやばそうな色に変色したドレッシングを片手に戻ってきて、多分、これはだめね。って言いながら手渡した。なんでドレッシングはない。って言わないんだろ。

そんなフランスで最近見つけたマイユのドレッシング。
e0266095_07193581.jpg

これ実は中華ドレッシング。
おしょうゆにお酢、ゴマ、ゴマ油が入ってる。
味はお酢が濃くて醤油が若干しか感じず残念。
これだけだとおいしくないからおしょうゆを少し足すとなかなかおいしい。

今まで中華ドレッシングもゴマダレも自分で作るしかないから作ってた。
なきゃないで作るけど、あったら、まあ!楽!
こんなのちょっとの手間だと思ってたけど楽。
炒りごまもないから炒るところから始める生活よ。
(最近カルフールの寿司売り場で見かけるけど。)

こうやって便利さに溺れていくんだな。って思うけど、溺れさせてくれ。
この棚でゴマ油も見つけた。
最近はカルフールだけでもなんでも手に入るようになってきたありがたや。


[PR]
# by isourouparis | 2017-01-28 04:25 | Comments(0)
今日はフランスで初めて眼科に。

家主の行ってるオルレアンの眼科はなんと6ヶ月待ち!
先日、義父が手術をして、そのタイミングで家主も検診に。
家主は目に問題があるからちゃんとしたお医者さんで見た方がいいけど、私は目は特にいつも問題ないから、近所で早く予約が取れて、セクター1という値段の決まっている病院へ。
それでも1ヶ月待ち。
e0266095_06354953.jpg

総合病院で受付を済ませようとしたら、あなたはかかりつけ医がいないからペナリティで任意保険は使えない!と言われてびっくりする。
確かにかかりつけ医に会ったことがなくて、でも登録しなきゃいけないのは知ってて、住み始めてからかかりつけ医の事は再三、家主に大丈夫なのか聞いてて、登録してあるんだと思ってたけど、やっぱりしてないのか?
本人は返ってくるって言ってるけど、さて任意保険分はこのあと返ってくるのだろうか。
返って来なかったら行かなきゃ。検査もしたいし、厄年だし。

この時、あなた、フランス語わかってない。と自分も同じく移民の受付の女性に小馬鹿にされてちょっとイラっとした。

受付はそんなこんなだったけど15分も待たずに済み、眼科へ。2時間くらい待たされるつもりだったけど、5分で順番になり30分くらいかけて丁寧に診断してくれた。
検診は日本と全く同じだから困らず。
悪名高いが、今までフランスの病院で嫌な目にあってないし、待たされたこともない。
(さっきの受付の人はのぞいて。)

使い捨てコンタクトとメガネとドライアイ目薬の処方箋を書いてくれた。

これで買いに行けるんだけど、果たして任意保険でどれだけ負担されるんだろう。
先日、メガネを買いに行った家主はメガネ、レンズで計450ユーロ。それが全部任意保険で賄われて、支払いもゼロ。
けど、前に買った時は全部賄われなかったし、最初に全額支払わなければならなかったらしい。
(レントゲン撮った時も最終的には全額戻ったけど、一旦支払うとこと支払いゼロのとこがある。)

だから、支払わなければならないかもしれないのでメガネを買うのは出費の予定のない3月を過ぎてから。
コンタクトもまだ残ってるからしばらくしてから。



[PR]
# by isourouparis | 2017-01-26 06:36 | Comments(0)