海岸を散歩した後、市場へと向かった。
e0266095_05053967.jpg

12時なのに、もう店終いをし始めてた。
e0266095_05071115.jpg
ポルトガルはあまり値段書いてない。
1人のおばあさんからピーナッツのお菓子と乾燥いちじくを買った。
ここ最近、ピーナッツを食べると喉が痒くなるので食べないようにしてて、全部家主の胃袋に収まった。
e0266095_05084685.jpg
おばあさんと呼ぶには随分とスタイルのいいご婦人だけど、あえておばあさんと呼ばせてもらう。
この街の名物は現在も民族衣裳を着てるおばあさん達なのである。
e0266095_05110294.jpg

働くおばあさん。
写真を撮りたいけど、多分年中頼まれてそうなので後ろ姿をこっそりが多いけど、滞在中はこの街でおばあさんウォッチングをしていた。
e0266095_05142675.jpg
あるパン屋のスタンドでどうみても焼き芋を売ってた。
立ち話をしてるおじいさんが間で通訳してくれて、焼き芋を買う事に。
2つ欲しい。いくら?と聞いたら、持っていきなさい。とタダでくれた。
パンも1つ20サンチーム(約27円)とかで売ってるのにタダであげちゃっていいのだろうか。
前日、教会でお祈りしたからかな。とあとになって思った。
e0266095_05165661.jpg
これが日本の安穏芋のようなねっとりした芋で最高においしかった。
また、2日後に買いたかったけど、市場はやってなかった。
e0266095_05221883.jpg

e0266095_05223403.jpg

パリのマルシェと比べると素朴でしょ?

その後、家主は寝に帰り、私はスーパーへ。
e0266095_05244107.jpg

ヨーグルトのパッケージがこんな田舎町にあるものとは思えない美しさ。
意外に思えるかもしれないけど、ポルトガルは全体的にパッケージデザインの美しさがフランスより上。
e0266095_05245539.jpg

おやつもおいしそう。

[PR]
ポルトガル3日目 ナザレ

一晩中、風がごうごうと吹き続けた。
私は台風の夜のようで懐かしいな。と思いながら眠りについたけど、家主はあまり眠れなかったようだ。
e0266095_04415776.jpg

ベランダからの眺め。
朝起きたらきれいな海が見えてテンションがあがる。

e0266095_04445340.jpg

前日のレストランからの眺め。
最高じゃないか!
e0266095_04450325.jpg

立派な朝食!
この朝食は一泊2人で69ユーロの宿代に含まれている。
ちなみにどの宿でも2人で1泊80ユーロくらいがマックスで底値は20ユーロだった。
ちなみにパリでは1人80ユーロでもかなり安い部類のホテルに入る。もちろん朝食はなし。

この朝食のおかげで昼はあまり食べなくて済んだ。
せこい?

e0266095_04522063.jpg
午前中、海辺を散歩した。
海岸であじの開きをほしている。
e0266095_04544007.jpg

アタマは開いてないけど、たまに開いてるのもあって、まさにあじの開き。
e0266095_04545450.jpg
タコも。
おいしそう。
e0266095_04523447.jpg

e0266095_04524780.jpg

e0266095_04525970.jpg
小さな町なので、サクサク歩けばここまで10分位。
e0266095_04591629.jpg
イチャイチャしてる風の影(ほんとはしてない。)の写真を撮ろうとしたら、お隣のカップルはほんとにイチャイチャしながら写真を撮っていた。

つづく

[PR]
身支度を整えチェックアウト。
このイビスは一泊2人で56ユーロだった。
e0266095_05052996.jpg

e0266095_05054254.jpg

e0266095_05055673.jpg

e0266095_05063276.jpg
小雨の中、街の中を歩いてお昼を食べた。
e0266095_05075303.jpg

前日、友人からポルトの名物はタコ飯と情報を得て、偶然たこ飯がある店を見つけたので食べることに。
日本のタコ飯と似てて、パクチーとピリピリというチリソースみたいなソースがかかっていた。
これで10ユーロ程。
サラダのかんじと量が日本と似てる。

食事を済ませて、次の目的地行きのバスに乗るためバスターミナルへ。
チケットを予約した時点でバスターミナルの場所がよくわからなかった。
グーグルマップで調べてなんとかなったけど…。
e0266095_05140843.jpg

ターミナルでお茶しながら待ち、30分前にバスを探すもよくわからずに販売所で聞いて多分このバスと思われる乗り場へ。
15分前に乗れるハズが出発時刻まで運転手が来なくてほんとにあってるか心配だった。
我々が外国人だからかと思ったがポルトガル人も同様にほんとにこのバスでいいか心配だったみたい。
e0266095_05193502.jpg

バスターミナルに何故かあったペットグッズの自販機。
e0266095_05204532.jpg

途中、大学都市のコインブラという街の停留所はカタストロフ。
運転手さんがなんか説明してるけど、私はチンプンカンプンだったのに、家主は
4番に停める予定だけど、他のバスがいるからココで待つ
と言ってると言ってビックリした。
ポルトガル語喋れなくても近いからわかるようだ。

目的地のナザレには夜6時ごろ到着した。
大雨で陽も暮れて真っ暗なので、ホテルの1階で食べることに。
e0266095_05242735.jpg
e0266095_05284740.jpg

アミューズブッシュとパン。
ポルトガルはかっに出てくるけど、料金を取られる。
けど、いいよね。と食べたら美味しいパンだった。

e0266095_05245013.jpg
家主のたのんだ山盛りのイカ
e0266095_05293912.jpg
私のたのんだ魚介のリゾット。
e0266095_05250340.jpg
大鍋いっぱいにリゾットが入ってて、これで一人前!
2人でも食べ切れなかった。
このお店、メニュー写真より実物が全然豪華。
これでアルコールからコーヒーまでで50ユーロしなかった。
しつこいがパリなら100ユーロは軽くする。

幸先の良いナザレの夜

[PR]
ポルトガルの旅2日目

e0266095_04351637.jpg

家主は寝ているので1人散歩。
スリとかの危険を全く感じない街だった。
e0266095_04353136.jpg

1人でカフェへ。
朝からタラとチキンのコロッケとカプチーノ。
5ユーロで意外と高いな。と思ったけど、カプチーノは2.5ユーロが相場みたい。
さて、この時点で私は早くも注文がポルトガル語でできるように。(自慢)
同じラテン系なので言葉を変えて、語尾を強めに言うとポルトガル語風になる。
ちゃんと通じるのが嬉しくてこの後も語呂を増やしていった。
e0266095_04354494.jpg
ポルトガルのカフェはおいしそうなものが並ぶ。
e0266095_04423011.jpg

素敵な教会へお邪魔することに。
e0266095_04425926.jpg

ミサが始まるようでたくさん人がいた。
ポルトガル人は敬虔な人達のようだ。
e0266095_04431248.jpg

昨日の教会は好きじゃなかったけど、ここは好き。

e0266095_04472214.jpg

マジェスティックカフェというカフェへ。
パリからやってきた私はここは行かなくても良かったかも。ただ、日本から来たらおすすめです。
コーヒー3.5ユーロとパリ並み。
e0266095_04475227.jpg

観光客だらけで、昼以降は常に行列だった。
e0266095_04485207.jpg

e0266095_04521067.jpg

スーパーで家主の朝ごはん用にエスプレッソとポンデケイジョを買って帰った。
惣菜売り場の順番待ちで15分くらい待った。
長年外国人をやってると親切に教えてくれそうな人っていうのはわかり、案の定客のおじさんが親切にしてくれた。
カウンターのところにいかにも物乞いといった風体の人がいたので見てたら、客のマダムが無言で彼にパンとコーヒーをあげていた。




[PR]
橋を見た後、そのすぐそばのサンフランシスコ教会に
e0266095_05080707.jpg

ここの礼拝堂は黄金に輝いてる。
入場料5ユーロを支払い中へ。
礼拝堂に行く前に別棟を見学。
見学していると頭痛がして肩が重くなったので、昼に飲んだ頭痛薬がきれたかな?と思いながら地下に行った。
骸骨はほとんど見えないけど、壁と床一面が棺に囲まれた部屋で番号の書かれた棺になっている床上を歩いているような状態で、普段全く霊的なものを信じてなく、お化け屋敷なんて全く怖いとも思わない私がここはやばい。となぜか思い、面白がって部屋の写真を撮ろうとした家主を止めた。
(注:館内は撮影禁止)
あまりいい気分ではないまま黄金の礼拝堂に行ったら、まあキラキラしててキレイなんだけど、ムスリムに首をちょん切られた宣教師の像があったり、あまり好きになれない教会だった。

頭痛は教会を出た瞬間に収まった。
e0266095_05225606.jpg

e0266095_05232018.jpg

ムーミン屋敷みたいな建物
e0266095_05233561.jpg

この日は疲れたのでスーパーの惣菜で夕飯を済ませた。
e0266095_05252058.jpg

これで5ユーロ位
e0266095_05263036.jpg

出かけるのも面倒でラウンジで一息。
安いんだけど、ラウンジって楽でみんなが使うのが理解できた。
e0266095_05264754.jpg

美味しいパステルデナタ 1ユーロ。

[PR]