近所に新しいビオのスーパーができた。
今までも近所にビオのスーパーはあって、徒歩15分圏内だと4つもあったけど、どこもわざわざ買いに行く距離だったので、中華マーケットと同じく、まとめ買いしに行く場所だったけど、他の用事と一緒に済ませるようになって嬉しい。

早速偵察に。
e0266095_02582075.jpg

大根に葉つきのかぶ、白菜に菊芋が売ってた。
大根は1本1.5ユーロ程で値段も普通。

日本食材は少ないながらも豆腐や醤油、米なんかが手に入るので、ちょっと足りないから買いに行こうなんてことができる。
住み始めた頃と比べるとほんとになんでも簡単に手に入るようになり、格段に生活しやすくなっている。

e0266095_03212113.jpg

これは少し前に近所のスーパーで買った胡麻油。
今じゃこんなのも簡単に手に入る。

[PR]
少し前にレストランの前を通って驚愕したレストラン、ペドラ・アルタ。
あまりにびっくりしてウインドウの前を行ったり来たり。
バレンタイン、おしゃれなレストランよりここに行きたい。と週末に連れて行ってもらった。
e0266095_07415086.jpg
これはメニュー。メニューからおかしい。
e0266095_07415012.jpg
e0266095_07444559.jpg
そうそう。これこれ。これが食べたかったの。
ここはポルトガルのシーフードレストラン。
山盛りっぷりが半端なくてどうにも気になった。
e0266095_07403274.jpg
まずはビール、1リットル。
…これを飲んだのは家主。
私は水を注文。

隣のカップルの元に訳のわからない量の海産物盛り合わせが運ばれて、これは想像以上にヤバイ量だ…。
e0266095_07403211.jpg
我々の元に届いたのはこちら
…と
e0266095_07403489.jpg
ポテトとマヨネーズ(遠近法おかしいけど、このポテトの皿は50センチくらいある。)
…と
e0266095_07403529.jpg
リゾット。(これも22センチくらいのココット)

これを二人で。
しかし、二人前や三人前にはそう書いてあるので、もしかしたらこれは一人分なのではないだろうか。
ギャル曽根ちゃんしか1人前だとは思わない量だと思うけど。
隣のカップルは2人前頼んだから更に一回り以上多かった。
e0266095_07403884.jpg
2ヶ月分位の山盛りの海産物を前に興奮する著者の図。
海老やら貝やらイカやらを黙々と食べる我々。

隣のカップルの女の人は山盛りの海産物をペロリな上におしゃべりをし続けてた。
男の人はあまり食べてなかった。

私の前に座る老婦人2人組は我々と全く同じものを頼んでペロリと食べて、デザート(これも巨大)までペロリだった。

我々はというと、大食いの家主と二人で挑んだけど、大皿の海産物の下にある細いポテトとリゾットを少し食べきれなかっ
た。

全く食べきれない老夫婦は持ち帰ってたけど、持ち帰りの大きな箱が3箱にもなってた。

e0266095_08052069.jpg
エスプレッソの砂糖がかわいい。

全て合わせて63ユーロだった。
これはかなりお値打ちだと思う。(こんな量じゃなくていいけど)

結局、おしゃれなレストランより、こういう店で海鮮かぶりつきの方が好き。
ああ、幸せ。また行きたい。
ちなみに以前、夜に店の前を通った時は大行列だったので気をつけて!

Pedra Alta
3 Place Lachambeaudie, 75012 Paris

[PR]
専門の歯医者さんへとまわされて何ヶ月も予約を待ち、ようやく行ってきた。
もう、一人で病院行くのも抵抗ないけど、今回はかなりお金もかかるし、専門的なお医者さんだしで家主にもついて行って貰った。

顕微鏡を覗きながらどうもレーザーで焼いてるみたいでバチバチ音がしてたまにちょっと痛い。
麻酔効いてるから全然我慢できるけど、この後痛くなりそうだな。って感じの痛み。
それより先生の手と金具で圧迫された左の歯ぐきが痛くて、痛いと訴えたけど、なに言ってるかよくわからない。で、済まされてしまう。008.gif
とりあえず1時間15分くらいかかって無事、終了。
前も治療した時は元気だったから、お昼食べて、午後も出かける用事入れてたけど今回はとてもじゃないけど、そんな元気もなく帰宅。

なんと治療費が850ユーロもした。
知ってたけどさ…。
多分、健康保険と任意保険からいくらか返ってくるとは思うけど恐ろしい。
(日本でも同じ位かかるからフランスの方が得な気がする。)
あの顕微鏡よほど高いんだろうな。
そして薬屋さんで処方箋を出し、クスリを貰おうとしたら、21ユーロもかかって驚いた。
いつもは支払いないのに、今回の歯医者さんとのやり取り自分で健康保険事務所に書類を持ってかなきゃいけないみたい!
薬無料でラッキーだな。と今まで思ってたけど、こんなに高いのか…。

その後、麻酔がとれて地獄の苦しみが始まった。
薬を飲めば痛くなくなったけど、こっちの痛み止め初めてで我慢してたら意外と効きが遅かった。
今日ほど買い物やら薬を取りに行ってくれた家主に感謝したこともない。
薬の量を確認するのも辛いレベルだった。

義母からは治療が終わって一息つくくらいの時間にお加減どう?的なメールが届く。
家主に昨日、今日の歯医者のこと言ったの?って聞いたら言ってない。というのでどうもメモしてるみたい。
銀座のクラブのママ並の気配りで驚く。

e0266095_22094087.jpg

歯医者さんがあったのは長年気になっていたモンパルナス駅の裏の丸みを帯びた建物の一部。
家主が共産圏の建物みたいだね。って言ってたけど、まさに。
e0266095_22094104.jpg

中庭側はこんな感じ。
企業の建物だと思ってたけど違った。
たくさん入口があって長屋みたいな縦割りのつくりだった。

[PR]
# by isourouparis | 2017-02-25 22:00 | 日常 | Comments(2)
オステルリッツ駅とリヨン駅を結ぶ橋の上で無人の電気自動車バスの試験運転をしているという記事を少し前に見た。
e0266095_03561437.jpg

偶然前を通ったら無料で試乗できるというので乗せてもらうことに。
署名をしなければならない。
e0266095_03561474.jpg

バスといってもかなり小さい。
e0266095_03561516.jpg

迎え合わせに6人しか座れない。
これは試験だから中の写真撮っても平気ですか?と質問したら記念写真まで撮ってくれた。
e0266095_03561584.jpg

同席したのは、いかにも技術者希望といった感じの理系男子達。
家主にそっくりな子と迎え合わせになってちょっとおかしかった。

ノロノロと真っ直ぐ動くので事故が起こらなそうだけど、こうやって試運転を繰り返しバグを探してるらしい。
e0266095_03561694.jpg

リヨン駅方面から来るバスは少しだけ右に迂回する。
これもプログラムされてるらしい。
わずか1分程だけど、乗務員が説明してくれて面白かった。
e0266095_03561655.jpg

この試験運転、4月初旬まで毎日14時から20時まで運転してて、その後はヴァンセンヌの森のパークフローラルで運転するそう。
e0266095_03561622.jpg


来週、友人がオステルリッツからリヨン駅まで歩いて移動する予定だから、教えてあげようと思ってる。
003.gif
[PR]
# by isourouparis | 2017-02-19 03:56 | Comments(0)
フランスのバレンタインに1人でレストランに行くと、きっと居心地が悪い…。
今まで二回行ったことがあるけど、ほんとにカップルしかいない。
そして…特別料金。
特別料金がどうにもバカバカしいので今年は平日なこともあり、自宅で過ごした。
e0266095_05255415.jpg

日本から持ち帰ったとっておきのうなぎと日本酒で。
サイコー!
e0266095_05255554.jpg

チョコレートも作った。
このチョコレートを作るって非常に納得がいかない行為でなんで、わざわざ完成されてる板チョコを溶かして再び艶のない白っぽいチョコにするんだ。
と、アンチ手作りチョコなんだけど、HBの生チョコ機能を試したくてやってみたら、見事に分離した。
検索して元に戻し、ガンガンにアルコールを混ぜたら意外とおいしかったけど、多分、もうしない。
素人はガトーショコラに留めておこう。
材料費も高くて、ショコラトリーで買ったほうがいい。
e0266095_05255527.jpg

バレンタインにさほど興味ない私だけれど、家主は曲がりなりにも(?)フレンチ夫なのでちゃ〜んと花束くれた。
こういうところフランス人ね。

久しぶりの日本酒でベロベロに酔っ払った。
[PR]
# by isourouparis | 2017-02-16 05:26 | Comments(2)