先日、オルレアンに住む友人に頼まれて朝早くベトナムサンドイッチのバインミーを買って、オステルリッツ駅にいる家主まで届けに行った。
e0266095_06063263.jpg

朝8時30分オープンなのに20分に着いた時には既に開いてて行列。
私も頼まれた8本!と自分用に1本、朝食用に肉まん1個、そしてちまきが売ってたからちまきを2つ買った。
e0266095_06100369.jpg

相変わらず中毒性のあるサンドイッチ。
しかし、何がおいしいんだろ。と調理場を見てたらマギーのaromaソースを振りかけていたのでやっぱり中毒性のある味なのかも。

さて、ここからが本題。
e0266095_06194878.jpg

ちまきには米と豚肉と書いてあったからおこわだと思い、バナナの葉の包みを開いたら
e0266095_06220759.jpg
なんと、米粉のペーストの中に豚のひき肉やキクラゲが入ってた。
初めて見る食べ物。
こりゃおいしい!
調べてみたらバインゾーという食べ物。
パリに来てから色々な食べ物を食べてるけど、まだまだ知らない食べ物ってあるね。

しかし、賞味期限が2週間もあり、その割にシンプルな材料でほんとにそんなに持つのかちょっと疑っている。

フランス料理もいいけど、アジア料理もいいよ。

Thieng Heng
50 Avenue d Ivry 75013 Paris

[PR]
ずっと気になっていたお店にとうとうチャレンジした。
ムフタールの坂の下にやってるんだかやってないんだかイマイチわからないカフェがあり、少し前にリニューアルしたら、謎の日本通りの文字。
e0266095_08081397.jpg

なに日本通りって?
日本風のハンバーガー店のようだ。
看板に日本人シェフ・ダイって書いてあるから日本人の店なのか?
しかし、日本人ではなさそうな人々が調理場にいるのでダイはいない。と怪しむ家主。
でも、日本人と思われるサービスの女の子達がいる。
しかし、日本人の店でひとり食事するのはなんとなく気まずいので家主と共に行くことに。
e0266095_08131315.jpg
家主はハンバーガー、ポテト、枝豆、ビールで14.5ユーロ
e0266095_08145512.jpg
私はテリヤキチキンのライスバーガー、ポテト、唐揚げ、デザート、飲み物のセットで17ユーロ。
セットと単品で頼んで分けようって言ったのにあれよあれよ。と結局セットを頼んだ家主。
なんかすごい量に…。
なんだかんだでいい値段になってしまったけど、セットだけなら10ユーロちょっとだから安い。
e0266095_08174066.jpg
ハンバーガーはハンバーガーだからそこまで魅力は感じなかったけど、魅力的なのがおつまみ。
枝豆や唐揚げが3ユーロ、エビフライが6ユーロとちょっとした居酒屋状態で多分この先、アペロに通うと思う。
他にカレーや牛丼もあった。

日本人だと思われた女の子達はアジアの女の子達で日本語が通じなかった。
(けど、その方が気を使わずに行けそう。)
ダイなんかいないじゃないか!と思ったけど、検索してみたらやっぱり日本人経営のお店みたい。
またチャレンジしてみる。

Cafe Le Papillon
129 rue Mouffetard, 75005 Paris

[PR]
毎年恒例の冬鬱の季節がやってまいりました。
e0266095_03431677.jpg

ああ、暗いよ〜。どんよりだよ〜。辛いよ〜。
この時期、気持ちが落ち込むのと、集中力がなくなる。
e0266095_03462254.jpg
日が出ると光を浴びにカフェへ。
甲羅干しする亀の気持ちがよくわかる…。
この国にいると野生の動物のように春の訪れが待ち遠しく、冬の間はいっそ冬眠していたい位ダルい。
今年こそビタミンD処方してもらおうかな…。

[PR]
# by isourouparis | 2017-09-28 03:50 | 日常 | Comments(4)
ここのところ、珍しく外食が続いている。
おいしいお店を見つけたのでご紹介。
e0266095_03045192.jpg
先日、毎年恒例の無理矢理作った私の聖人の日にレストランへ。
気になっていた近所のレストランへ。
最初の年、今日はレストランで食事というのではりきっておしゃれしたら、近所のファミレスだったけど、最近はちゃんと予約取ってくれるように。
e0266095_03140974.jpg

前菜はエビのラビオリ
この泡がおいしそうに見えると言われたのだけど、流行りの店ではよく、泡がのってて、泡よりソースの方が個人的にはありがたい。
e0266095_03144953.jpg
野菜のグリルとパンナコッタ
これ、野菜が濃厚だった。
e0266095_07472523.jpg

メインは魚のラザニア
魚を選ぶとあっさりしたものが多いけど、これはがっつりしてて食べ応えがあった。

e0266095_07473938.jpg

白身魚とかぼちゃのピューレ
こっちは家主が頼んだのであまり覚えてない。

e0266095_07475397.jpg

そしてデザートは最初に頼んで置いたグランマニエのスフレ。
ちゃんとスフレ食べたの初めてかも。
見た目の大きさとは反対に軽くてペロリ。

3皿で35ユーロと夜にこの値段はかなりお値打ちじゃないかと。
しかし、相変わらずの食前酒、ワイン1本でなかなかいいお値段に…。

プラスモンジュの駅から1分、ファーマシーモンジュの裏と立地もいいのでカルチェラタン散歩ついでにオススメです。

Lilane

8 rue Gracieuse 75005 Paris


[PR]
フランスのお菓子で困るのが大き過ぎること。
e0266095_06482095.jpg

この写真、気づかなかったけど隣のサンドイッチもデカイ!
フランスに来てからケーキなんて好きじゃなかったんじゃないか。と思うほど食べきるのが辛い。
そんなわけで小さなお菓子をひとつふたつが理想。
ここ最近のおいしい小さなお菓子をご紹介。
e0266095_06513309.jpg
exkiの小さいケーキは小さいけどなかなかおいしい。
e0266095_06532158.jpg
1枚でも満足できるポワラーヌ
e0266095_06554943.jpg
ピカールの極小アイス
e0266095_06574960.jpg

fou de patisserieで買った小さなシュークリーム
e0266095_07015709.jpg

ピカールのマカロン
e0266095_07050983.jpg

ランドゥメンヌのフィナンシェ etc etc...
どれも値段もかわいくて2ユーロ以下。
いっぺんに載っけるとお菓子ばかり食べてると思われるのでこれはここ3ヶ月程ということで。

[PR]