<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ロワールのお城に泊まった話。 その1
お夕飯の時間になりサロンへ向かう。
e0266095_20424448.jpg

わー。お城だー!
お客さんは他に1組いたけどお夕飯は取らないようで私たち2人だけ。
e0266095_20435755.jpg

このお皿、うちのとお揃い。
というのもこの地方の陶器工房、ジアンのお皿だから。
e0266095_20473556.jpg

アペロに家主はシャンパンを頼み、私はシャンパンは酔うのでポルトを頼んだ。
ちょっとしかお客さんいないのにシャンパン空けちゃって大丈夫なのかな。と心配する。
これはヤギのチーズが入ったクレームブリュレ。まねしたい。
e0266095_20502124.jpg

そしてアントレは鴨のテリーヌ。
鴨のテリーヌにトマトのコンフィチュールがかかってておいしかった。
シナモンを入れて作るらしい。
e0266095_20514480.jpg

そして鴨のマグレとじゃがいもと人参のピューレ。
e0266095_2052539.jpg

それとこの地域のチーズ。
e0266095_20534755.jpg

そしてデザートはタルトタタン。
タルトタタンはオルレアンからそう遠くない街発祥のデザートでロワールの名物なのである。
e0266095_20561126.jpg

食事の最中、マダムとムッシュ、マダムのお母さんと給仕のたび少し喋る。
どうも旦那さんは普段はパリで働いてるみたいで、マダムがこの宿を切り盛りしてるみたい。
e0266095_20593272.jpg

食後酒をいただく。
知らなかったんだけど、シャンボールというこの地方の甘いリキュールがあるのだ。
e0266095_2104342.jpg

夜はほんとに真っ暗で何も見えない。
蛙の歌が聞こえてくるだけ。
e0266095_2131188.jpg

朝、部屋でコーヒーを飲む。
これもジアンのカップで前に見た時ヘンテコだな。って思ったけど、このお城にあると素敵に見えるから不思議。
e0266095_2145616.jpg

朝食は昨日とは別の部屋でドイツ人のカップルと朝食だけ食べに来たフランス人達と食べた。
e0266095_2164834.jpg

ソローニュはいちごが名物。
e0266095_2172834.jpg

産んだばかりなので生卵で食べられる。
e0266095_2193833.jpg

これはストーブなんだって。
e0266095_21101957.jpg

さあ、楽しい時間はあっという間に過ぎてそろそろ現実の世界に戻らなければならない。
夢の世界だったな。
けど、この大きなお屋敷を維持するのってとても大変だと思うからお城は持つ物じゃなくて遊びに行くとこだな。と思った。
とにかく行き帰りが楽で、近場で1日ちゃんとした宿みたいな旅のほうが最近は好きかも。

さてこのお城気になるお値段は
1泊朝食付き2人で165ユーロ。
アペロが3.5〜6ユーロ、夕飯はワインが1本ついて1人20ユーロ!
とこちらが心配になるような安さだった。
だってパリだと1泊165ユーロ払ってもこれか…。ってホテルがたくさんあるから。

e0266095_218491.jpg


私たちはブッキングドットコムで予約したけど、ブッキングドットコムだとお夕飯についてわかりにくく、ホテルのサイトを見るとお夕飯、お願いするとピクニックのランチも注文できるので一度サイトを見てみるといいかも。

Château de la Giraudière
Château de la Giraudière 41220 Villeny
[PR]
もう先月の話になるけど、5月はフランスもお休み続きでGWのような月。
どっか行こうと話してたけどギリギリまで予定がわからず近場のフォンテーヌブローやジヴェルニーでいいホテルとレストランで過ごそうと思ったけど、そこはフランス。
レストランに予約の電話をしてもお休み続きで予約がうまく取れない。
なので結局、ロワールのお城で過ごそう!と思い検索したところオルレアンから40分程のところにお城のホテルがあったのでそこに行く事にした。
e0266095_2041754.jpg

オルレアンからお城まではのどかな風景が続く。
40分だけど、オルレアンとオリヴェという隣の大きめな街を抜けるのに20分かかり田舎道は20分程だった。
e0266095_2055755.jpg

門を通り数分森の中を走ったら
e0266095_2064357.jpg

今宵のお城にたどり着いた。
ゴテゴテのお城ではない。
e0266095_20102062.jpg

お屋敷という感じ。すぐに部屋に案内してもらう。
e0266095_2012422.jpg

e0266095_2013660.jpg

日当りの良いきれいなお部屋。
e0266095_20165086.jpg

早速敷地を散歩することに。
e0266095_20161555.jpg

庭のほうにまわると小さな小川が流れている。
e0266095_2019567.jpg

これ全部敷地。
e0266095_20205484.jpg

e0266095_20211461.jpg

それどころか森は全部敷地で1時間くらい散歩したけどひたすら森の中だった。
e0266095_20222098.jpg

発芽してる!
e0266095_20254454.jpg

草木もグングン育ってる。
e0266095_2029767.jpg

やっと開けた土地に出た!
これはマダムのいとこの土地だそう。
e0266095_20303777.jpg

犬を飼ってて犬は一匹でお散歩。
敷地内では狩りは禁止だけど、狩りの季節は危ないので犬は森の中には入らないようにしつけてるそう。
e0266095_2035334.jpg

お夕飯まで庭で読書をして過ごした。
e0266095_20354862.jpg

e0266095_20361169.jpg


続く
[PR]
先週のどんよりお天気から一転、今週は晴れた日が多かった。
サンミッシェル駅の本屋までバスで行って、散歩がてら歩いて帰って来た。
e0266095_8291437.jpg

しかし、水曜日はサンミッシェル駅はまだ閉鎖してた。
e0266095_8305863.jpg

そして街で目立ったのは回収されていないゴミの山!
なんとゴミの清掃員のストライキ!
幸いにもうちの地区は回収されてるけど、大通りを挟んだ地区はゴミだらけだった…。
e0266095_835372.jpg

SNCF(こっちの鉄道会社)のストでここ2週間
オルレアン行きの電車も動いてないし、今日始まったEURO2016のサッカー会場への電車も混乱してたみたいだし、もうゴッチャゴチャ!

ここ一ヶ月程、ストにデモに洪水に再びストでなにが原因でどうなってるのか全くわからない!
[PR]
先月、旅行に来てた時の最後の食事はまさかのコレ。
e0266095_7263062.jpg

マクドナルド。

フランスにまで来てマクドナルド?と思うけど、見た事ないメニューがある。
この日は食パンみたいなのに挟まったハンバーガー
それと、ポテトチップスみたいなポテトだった。
珍しいメニューがあるのでおすすめです。

高くて量も多いので普段はハッピーミールしか食べない。
しかしハッピーミールですら大人の私にも多い。(デザートまでついてるから!)
ハッピーミールも日本とおもちゃが違うのでマニアは嬉しいかも。
[PR]
日本にあるのにフランスにないものなーんだ。
答えはアイスコーヒー。
なぜかこの国にはアイスコーヒーが存在しない。
まあ、たまにあるけど。

そんなフランスでアイスコーヒーが飲めるのは
e0266095_435423.jpg

スターバックス。
アイスコーヒーが飲めるって、なんて幸せなんでしょう!
おまけに夏はクーラーも効いている。

e0266095_532465.jpg

また飲みに行ったらすごくガーリーな食べ物が!
花びらの散りばめられたピスタチオのカップケーキ。

フランスにいるのにスターバックス?って思われそうだけど、アイスコーヒーを注文するアジア人がたくさんいたからみんな懐かしいのかな?
[PR]
日本にいた時は全くドラマって観なかったけど、こっちに来てからは日本語が恋しくてドラマを観るようになった。
といっても朝ドラをチェックするくらいであと1本評判のいいドラマを観る程度なんだけど
今ハマってるのはトットてれび。
短いから1話を2,3回観てる。

本読んだ事なかったので内容を知らなかったのだけど、向田邦子がたびたび登場するから、オリンピックの開会式に実家を出たんだよな。とか思いながら見てる。

e0266095_5371214.jpg

少しだけ日本から持って来た本は向田邦子の本。
こうして見るとちょっとしか持って来てないな。

そして5話は向田邦子のエピソードだった。
ドラマの中で向田邦子が"進駐軍から貰った黒くて四角い石けんみたいなニチャニチャしたお菓子”がなんだったんだろう。って言ってて、ドラマの最後でもそのお菓子が出て来て、結局これ一体なんだろう。と考えてたらわかった。
…ああ。これのことか。
e0266095_625219.jpg

リコリス。(フランス語ではレグリス。日本語では甘草。)
フィンランドのお菓子サルミアッキもリコリス。
味はおいしくないって言ってるけど、私は一口で吐き出すくらい嫌い。
基本好き嫌いのない私がこんなもの食べるなんて信じられない。と思う食べ物ナンバーワン。
けど、ヨーロピアンは別にまずく感じないらしい。

久しぶりに食べてみたら意外と食べられてヨーロピアン舌になったのかな。
[PR]
近所の商店街に陶器市が出てて気に入ったアクセサリーがあったので久しぶりにアクセサリーを買った。
e0266095_719773.jpg

1つ10ユーロのブローチとネックレス。

e0266095_7213655.jpg

たびたび行ってるいつものカフェで戦利品を見ながらニマニマ。
相変わらずこのカフェのお客さんの会話は面白くてこの日はみんな自分はフランス人だけどちょっとロシア人が入ってる、ポーランド人が入ってる、ルーマニア人が入ってる。って話が聞こえてきた。
この店にいると世界街歩きのカメラのような気分になる。

カフェの向かいにがらくたの店が出ててロマの姉妹がやってきた。
盗まれたりしないのかな?と思ってみてたら
10代のお姉さんはあっち行った。行った。と追い払ってたけどおじさんはニコニコしながら小さい5歳位の女の子にはなにかあげてた。

この商店街のこういうやりとりを見てるのが好き。

先日、ガイド中は超アグレッシブなロマにヒヤヒヤしながら過ごしていたけど、やっぱりここにいる人達は嫌いじゃない。
でも観光地にいる子達の方がロマ界のエリートでここの子達は落ちこぼれだったりするのかな。
(荒稼ぎして故郷に立派な家があるらしい!)
[PR]
チケレストからムール貝のレストランLEONの10ユーロ割引券が届いて家主がLEONに行きたいというので行って来た。
e0266095_6463135.jpg

LEONというのはこちらのファミレスのようなチェーン店。
大量のムール貝がドカンと入ってポテトと一緒に出て来る。
前回行ったのはいつだったか全く覚えてない。
e0266095_648486.jpg

とにかくファミレスのような店なので安い印象だったんだけど、なんとビールが1杯8ユーロもした。
(サンドイッチランチの値段!)
e0266095_6495462.jpg

私はムール貝とデザートのセットで17ユーロ位。
しかし家主は全部単品で頼んだものだから結構な値段に。
e0266095_6515090.jpg

2人で70ユーロ(8700円位)した。
これなら近所のフランス料理屋に行った方が安いね。という話に落ち着く。
友人家族がレストラン行くときは子供は実家でお留守番っていうのがわかる。

外食はほんとに高い…。

でも、LEONって旅行で行った時は高いとも思わなかったし、面白くていい思い出で、どこにでもあるから話のタネに入るのはいいと思う。
LEON
131 Boulevard Saint Germain 75006 PARIS
他にもたくさん店舗はあります。
[PR]
ここ数日、日本からパリの洪水大丈夫?と連絡が来るのだけど水溢れてないので大丈夫です。
どちらかというとオルレアンのほうがひどくていつも行くスーパーのあたりが水浸しになったりしたようだ。
e0266095_2117211.jpg

ニュース映像を観てるとどうなってるのか気になって仕方ないので見に行ってみた。(!?)
e0266095_21183266.jpg

そんな人は私だけではなく、パリジャン達も同じなようで川の増水を見に来た人がたくさん。
e0266095_212016.jpg

子供連れもギリギリまで行って観察。
犬も水面ギリギリまで連れてかれて、いやだ。と拒否してた。(あんた賢いよ。)
e0266095_21213929.jpg

フランス人ってこんなに一眼レフ持ってたんだ。と驚く一眼レフ持参率。
e0266095_21231899.jpg

立ち入り禁止?そんなの知らねー。と大人も子供も犬も侵入。
e0266095_2124553.jpg

1回ジョギングがてら見に行ったら凄くて、家主に「行かないと後悔するぞ。」ともう1度ルーブルまで行った。
ちなみにここは普段はジョギングできる。
e0266095_21265217.jpg

このちょこっと出てる看板は観光バスの看板。
しばらく営業できないね。
e0266095_21274626.jpg

卓球台の横を鴨がスイスイ泳いでいる非現実感。
e0266095_21291342.jpg

まるちゃんの洪水の話みたいだな。
e0266095_21302225.jpg

船も橋に激突しそう。
e0266095_21323042.jpg

線路も千と千尋みたいになってた。
この線は運休に。
e0266095_21332731.jpg

写真を見ると凄い被害だけどみんななんとなく呑気で川でピクニックする人とかなんだか楽しそうだった。
e0266095_21364712.jpg

義父のおじいさんは川辺でカフェを経営してて100年くらい前の洪水で1階が水浸しになったらしい。

この後、雷マークが続いているでそれはちょっと怖い。

ちなみに冬も結構水浸しになっている。こちら
[PR]
来客にあわせてソシソン(乾燥ソーセージ)をのせるカッティングボードを購入。
これがフォトジェニックな子で何をのせてもインスタ風になる。
e0266095_16565167.jpg

スコーンをのせてもインスタ風。
e0266095_16572239.jpg

お菓子をのせてもインスタ風。
e0266095_16574753.jpg

昨夜の残りものもインスタ風。
e0266095_16582492.jpg

だんごをのせてもインスタ風。

この万能な板がなんと15ユーロ!
これはお買い得!

Première Pression Provence
8 cour du commerce saint André 75006 Paris
[PR]