<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

食事をした後、腹ごなしにハイドパークへ。
e0266095_21304215.jpg

e0266095_2131126.jpg

公園のすぐそばに戦争で犠牲になった動物のモニュメントがあった。
イギリスの企業と動物愛護の話がついて回る
印象があるんだけど、これを見た時にきっとほんとに動物が好きな国民なんだろうな。と思った。
e0266095_21391593.jpg

池にはたくさんの鳥がいた。
e0266095_21395832.jpg

馬も。
そういえばイギリス人ってほんとにヘンリー王子みたいな人とジョージ王子みたいな赤ちゃんとアン・ハサウェイ(アメリカ人だけど)みたいな人をよく見た。フランスでは見ない。(ブルターニュに行ったらいるのかもしれないけど。)
e0266095_21473337.jpg

リスがいた。
e0266095_21435132.jpg

リスはすぐそばまでやってくる。
e0266095_21481956.jpg

ハイドパークからセントジェームス公園を抜けた。
e0266095_21513751.jpg

ここはたくさん鳥がいて楽しい。
e0266095_2152114.jpg

この鳥はフランスにもいる。
e0266095_2153647.jpg

e0266095_21532198.jpg

インパクトのある顔の鳥。
e0266095_2154989.jpg

ロイヤルな犬の落とし物箱。
[PR]
久しぶりにお気に入りのカフェへ。
e0266095_2049239.jpg

何故吸い込まれたって、いつも向かいで演奏しているロマのムッシュが今日は子供とデュオ。
ジプシーというのは差別用語らしいので普段ロマと呼んでいるのだけど
、このムッシュは渋くてほんとにかっこよくてジプシーとあえて呼びたい感じの人。

いつもジプシー・スウィングを奏でていてこのカフェのバックミュージックになってるんだけど、子供と演奏している姿が映画・僕のスウィングそのもの!

常連のお客さん達も今日は子供もいるねー。と話していて、子供は全然演奏になってないんだけど楽しそうで、この子は弾けてないけど楽しそうだね。と皆ニコニコ。
このカフェの常連客はなぜか感じのいい人ばかりでロマの子にも温かい。

けど、店主の話によると子供たちは数ヶ月経つと消えてしまうらしい。
まるで渡り鳥。
子供たちがその後どうしてるのかわからないけど、今日みたいに楽しそうだといいな。
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

e0266095_6455557.jpg

この旅で一番気に入ってる写真。
なんとものどかな工事の風景。
ゆっくりチェックアウトして向かった先は。
e0266095_6472344.jpg

マダム・タッソー蝋人形館…ではない。
マダムタッソーって中学のニューホライズンって英語の教科書に載ってたんだけど覚えてる人いるかな。
検索したらやっぱりおなじ思い出を共有してる人がいる。
e0266095_6501939.jpg

その向かいあたりのTHE GLOBEというパブ。
ここも友人の親戚の人に教えてもらったお店。
e0266095_653230.jpg

早い時間に行ったのでお客さんはほとんどいない。
e0266095_658487.jpg

とりあえずビール。
e0266095_6592742.jpg

そして注文したのはフィッシュアンドチップス!
隣の客のフィッシュアンドチップスを見たらとても食べられる気がしなかったので
私は小さいフィッシュアンドチップス、ハンバーガー、ミートパイ2人前のセットにした。
e0266095_714568.jpg

大きさがいまいちわからないけど、超巨大でお皿が40センチ位ある。
これで1人前。
イギリス人もずいぶんたくさん食べるな。
もちろん私は2人前食べずにハンバーガーとミートパイを家主にあげた。
e0266095_752961.jpg

パイの中身はこんな感じ。
親戚の人のおかげでまずいまずいと噂されるエゲレスでおいしいものばかりを食べられてよかった。
e0266095_763136.jpg

どんどん混んできて満杯になったな。と思ったらスクリーンが降りて来てサッカーの試合が始まった。
向かいの席の男の子達は点が入ると立ち上がって大興奮した。
イギリス人はほんとにサッカーが好きなんだな。
e0266095_7112098.jpg

2人で40ポンドしない位(6000円位?)だったのでやっぱりパリと比べると安く感じた。

The Globe
43-47, Marylebone Road, London NW1 5JY
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

ロンドン2日目。2日しかいなかったのに非常に書きたい事がたくさんあったロンドンだった。
e0266095_7103318.jpg

ホテルのすぐそばの四角い公園で一人朝食をとった。
驚いたのは英語喋ってる。しつこく言うけど、私の英語レベルは中1レベルなのに、この程度は出てくるので中学の勉強大事だなー。
e0266095_7121474.jpg

イタリアのサンドイッチとミルクティ。これで5ポンドちょっと。
とにかく物価の高いパリと比べるとイギリスって意外と物価安く感じた。
e0266095_7142966.jpg

公園のカフェには犬が走り回っててる。
この公園はただの四角い公園だと思っていたらラッセル・スクウェアという公園だった。
e0266095_7232921.jpg

付近を少し散歩した。
パリのメトロも憧れたけど、ロンドンのメトロも憧れた。
しかし、家主にもイギリス女子にもメトロはマジ高い。と散々脅されたので外から見るだけ。
e0266095_7291828.jpg

テスコというスーパーに。
なんとこのテスコは24時間営業。
日本ですか?パリなんて日曜祝日に営業している店を探すのだって大変なのに。
これを見た時にもう、ロンドン在住の日本人はこれからヨーロッパに住んでるって言わないで欲しいわ!と思った。
でも、ロンドンの労働者はたくさん働かなきゃいけないから大変だよね。
スーパーの中のひからびたチューインガムをはがす掃除の人がいてほんとにビックリした。
多分、フランスだったら50年は張り付いたまんまなんじゃないの。
e0266095_7253467.jpg

フランスにM&Sができたので今はなんでもイギリスの食材が手に入るのであまり買わなくてもいいんだけど、キャドバリーのチョコはない。(キャドバリーのオレンジのはカルディにはあるよね。)
e0266095_7284334.jpg

まだ1月だっていうのに既に復活祭の商品が並んでる。

そしてコレ!夢にまで見たコレがロンドンにはある。
e0266095_7294158.jpg

ド…ドーナツ!
クリスピークリームドーナツ!
私に財力があったらフランスにミスドをオープンするのにな。と思う程食べたくて仕方がないドーナツがこの国ではコンビニで買えるなんて…。
これを見た時にドーナツ買いにたまにロンドンに行きたいと結構本気で思ったし、誰か友達がイギリス経由でパリにやってくるときは本気でドーナツ頼みたいと思った。(みんな!ここ大事よ!)
e0266095_7411560.jpg

ホテルに買って帰り食べたけど、久しぶりのドーナツはほんとにおいしかった。
このあとお土産にもドーナツ買って帰った。
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

e0266095_8182070.jpg

リバティに行った後、歩いてホテルまで帰った。
この日は金曜の夜だったんだけど、まあ、人、人、人!
どこも人だらけ!
e0266095_8193427.jpg

イギリス人ってパブの外に溢れて立ち飲みしてて、大騒ぎ!
パリってここまで人もいないし、外まで人が溢れてるってそんなに見ない光景。
e0266095_8212837.jpg

イギリス人は昼間静かだけど、夜はお酒が入ってるのかやかましくて日本人みたいだな。と思った。
フランス人は昼間からやかましい人もいるけど、基本、お酒が入っても変わらない。
e0266095_8241774.jpg

しかし、パリと違って危ない感じはなかった。
人気のない道で迷子になってると「おやおや、迷ったのかい?」と老紳士が声をかけて来てくれた。
これがパリだと…。
けど、クラスメイトのイギリス人女子はロンドンのバンリュー(郊外)みたいなとこで育って、そこは治安がパリのバンリューみたいに悪いって言ってたのでやっぱり治安が悪いところもあるみたい。
e0266095_8285170.jpg

さて、さっきのホテルに戻った。
荷物だけ置いたので部屋に入るのは初めてだったのだけど、あまり大きくはないけど、こぎれいでフカフカのベッドだった。
そしてアニメティが充実してて、スリッパにフラゴナールのシャンプー類、ソーイングセットに爪磨き、靴磨きまであった。
e0266095_831893.jpg

こんなの当たり前でしょ?と思うかもしれないけど、フランスのホテルって石けんだけって事がよくあるので天国のようだ!
e0266095_832845.jpg

手作りのクッキーに水、たくさんの温かい飲み物!
1年に1回日本に帰りたいなんて言わないから(そもそも1年に1回行きたいのは私じゃなくて家主。)年に一回この極楽を味わいたい。
普段、とっととチェックアウトするけど、翌日はお茶を飲んだりしてギリギリまでホテルにいた。

来年もクリスマスプレゼントとお誕生日プレゼントは合算でロンドン旅行にしたい。
泊まったホテル
The Montague On The Gardens
15 Montague Street, London, WC1B 5BJ
すごく安い訳ではないけど、ロンドンの物価の高いことや立地を考えると決して高くはないと思う。
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

アフタヌーンティーの後、少し歩いて憧れのリバティへと向かった。
e0266095_8162428.jpg

学生時代の憧れたのはアールヌーヴォーとアーツ・アンド・クラフツ運動。
そもそも、アールヌーヴォーの建築物が見てみたくてフランスを旅行するようになったのだけど、アーツ・アンド・クラフツ運動は憧れのまま時は流れ…。
e0266095_8193066.jpg

そんなわけでここは聖地。
e0266095_821326.jpg

あ、リバティってデパートでリバティプリントのリバティね。
e0266095_8221599.jpg

e0266095_8224264.jpg

なんとエレベーターまで木造で床板も木なのに驚いた。…壊れないのかな。
e0266095_8255317.jpg

e0266095_826141.jpg

リバティグッズももちろんある。
e0266095_8271525.jpg

しかしびっくりしたのがディスプレイ。
e0266095_8275521.jpg

紙でできたリバティプリントの飾りがたくさん飾ってあってこれを見るだけでも楽しい。
e0266095_8285374.jpg

e0266095_8292178.jpg

e0266095_8294118.jpg

e0266095_8323732.jpg

デパートか。買い物なんかにつき合いたくない。という感じだった家主もなぜここに来たかったか理解してくれた。
e0266095_8325885.jpg

e0266095_8331926.jpg

e0266095_8334354.jpg

次回はウィリアムモリスに関するものを見に行きたいな。

e0266095_8355945.jpg

お土産はサイトで既に悩みに悩んで選んでいたこの小箱。
e0266095_8364454.jpg

なんと開くと裁縫セットが入っている!

Liberty
Regent Street London W1B 5AH
[PR]
時間が空いたので別の学校にしばらく毎日2時間だけ通う事にしたら想像以上に大変で相変わらずバタバタ。
まさかこの年になって毎日勉強することになるとは思わず、高校生の時にサボってたツケを今更払わされてる気がする…。

さて、先日、久しぶりにレストランへ。
チケレストが支給されるようになってからお昼のちょっとした食事でチケレストを使えるようになったので、ちょこちょこと貯金箱にお金を貯めてて80ユーロになってたのでバレンタイン前日、気になっていたレストランに食事へ。

L'AUBERGE DU ROI GRADLONというお店へ。
昼間はアントレまたはデセールにプラで19ユーロと安いのに雨が降ってるから外出たくない。(!?)と家主が言うので、夜に予約して行った。
この日はバレンタイン前日だったので既にバレンタインメニューになってた。
シャンパンとアントレ、メイン2皿、デザートで一人50ユーロ。
これ、円換算すると6500円にもなるのでちっとも安くないけど、物価が高すぎて安く感じるフランスマジック。
e0266095_21462915.jpg

アントレはオマール海老のラビオリ
フランスだと、ああ、これ家で作れるわー。っていうようなものが出てくる事が多いけど、ここのは家で出来そうにない味で久しぶりに期待が高まる。

e0266095_2152315.jpg

お魚はバス(?)シンプルだけど、おいしい。
珍しくおなかにまだまだ余裕がある。

e0266095_21541982.jpg

お肉はアニョー。
中は赤め。
付け合わせもおいしかった。全体的に軽い料理なんだけど、さすがにおなかがいっぱいになり全部食べられなかった。

e0266095_21583972.jpg

ワインはゲヴェルツ。
私はゲヴェルツが好きだけど、家主は甘すぎて好きじゃないんだけど、これはわりとさっぱりめで二人ともおいしく飲めた。
しかし、フランス人みんな2人でもワイン1本頼む…。
ワインは30ユーロちょっとだったと思う。

e0266095_2222545.jpg

デザートはチョコレートのケーキ。
厨房にはキュイジニエが二人だけでパティシエがいなかったのであまり期待してなかったんだけど、お味はおいしかった!

e0266095_224516.jpg

コーヒーを飲んで終わり。

日本から来る人においしいお店を聞かれると毎度悩んでしまうのだけど、ここは自信を持っておすすめできる店だった。
お昼は安いし。

しかし、ほんとに高いフランスの外食。
前回、ちゃんとした食事は結婚記念日、今回はバレンタイン。
次回はいつだろう…。

L'AUBERGE DU ROI GRADLON
36 boulevard Arago 75013 Paris
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

さて、時間になって向かった先はホテル・カフェロイヤル。
e0266095_7492356.jpg

ここでアフタヌーンティーを予約していた。
全くロンドンのことはわからず友人のロンドン在住の親戚の人にピックアップしてもらってその中から選んだ。
決め手はシャンパン付きで一人55ポンドがプロモーションだと2人で65ポンドなこと。
しかし、65ポンドって二人で1万ちょっとなので安くもなんともない気も…。
なので、17時の回を予約して夕飯代わりに。

親戚の人にどんな格好で行ったらいいか聞いたらセミフォーマルで。って言うけど、パリでセミフォーマルでっていうので言ってもフランス人と比べるとフォーマル過ぎる事が多いから日本の基準よりもっとゆるめかな。って思ったけど、なんと前日にホテルからわざわざジーンズとスニーカーで来たら入れません。ってメールが届いたのでちゃんとした格好で行った。
で、ほんとにみんなちゃんとした格好をしてて驚いた。
e0266095_7581178.jpg

サンドイッチのお皿。
2段目右のエダムチーズのクッキーにえびとウズラがのったのはアペロにちょうど良さそうなのでまねしてみたい。一番上の左スポイトのついたのはクリームチーズにトマトジュースだった。
ロールパンにチキンがはさまったのもおいしかった。

e0266095_81238.jpg

確かフレーバーアイスティとクッキー。
e0266095_834548.jpg

ケーキのお皿。
e0266095_854043.jpg

どのケーキもシンプルでおいしい。
e0266095_862036.jpg

あとはスコーンが2つ。紅茶はスモーキーなのだった。

シャンパンで酔いがまわり全部食べきれなかった…。
家主が全部食べたのだけど。
それがかなり残念だった。

ピアノの演奏で坂本龍一の曲を弾いてた。
数日前にデヴィット・ボウイが亡くなったのでサイトやツイッターにもデヴィット・ボウイの訪れてる写真があった。

多分、お客さん達は旅行者が多いと思うんだけど、ほぼカップルだったのが驚き。
日本だと女子会のイメージ!
後ろの席の男の人は待ちぼうけを食らってて、なんと女子は40分遅れたあげく65ポンドもするのにほとんど手をつけず、とんだ小悪魔だ!と思っていると家主が後ろの女の子フランス語喋ってるよ。
ってフランス人だった!

ふだんこんな贅沢をする機会がないので嬉しい体験だった。

Hotel Café Royal 
Oscar Wilde Bar
8-10 Air Street, London W1B 5AB
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。
e0266095_7374975.jpg

この日は夕方アフタヌーンティーの予約を入れてたので時間になるまでブラブラしていた。
e0266095_7251252.jpg

2つパッサージュがあった。
e0266095_7253981.jpg

丸いウインドウでカプセルみたいでクラシックなんだけど、どこか近未来的な形。
e0266095_7265060.jpg

マントを羽織ったおじさんが立ってた。
e0266095_7335551.jpg

e0266095_7274575.jpg

パリのパッサージュもなかなかいいんだけど、人々も含め物語みたいなパッサージュだった。

ロンドンは蝶ネクタイしてる人を何度か見て紳士の国だなー。
買い物も女性向けな物は少なく、男性用ばかり。
e0266095_737153.jpg

女子はパリで男子はロンドンで買い物すると良さそう!
e0266095_7392227.jpg

さて、時間になったのでホテルに向かおう。

イギリスでびっくりしたのはこの道に沿って曲がった建物。
[PR]
ロンドンの旅行の記事はこちらでまとめて見れます。

ロンドンみやげ その1

今回は超ベタなロンドン旅行なのでベタに行く。
e0266095_5145798.jpg

フォートナム・アンド・メイソン!
e0266095_5153744.jpg

言わずと知れた高級食品店。
もっとデパートみたいなのを想像したらエディアールやフォションみたいな店だった。
e0266095_5172531.jpg

心ひかれたのはこのクッキー缶。
オルゴールになっててくるくる回りながら音が出る。
しかし、高いのであきらめる。

動画見つけた。
e0266095_5181471.jpg

さすが英国王室御用達でなかなかいいお値段なので義両親に紅茶の詰め合わせと自宅に一箱買っただけ。
パッケージ違うだけで、エディアールみたいなもんでしょ。パリにも紅茶屋いくらでもあるし。と思ったんだけど、義母がたいそう喜んだのでもっと買って来た方がよかったかな…。

ちなみにユーロスターの発着駅にもお店があるので次はそこで買う。

フリーメイソンと関係あるのかな。と思ったら全然綴り違うのね。
Fortnum & Mason
181 Piccadilly, London W1A 1ER, United Kingdom

そして、 すごく楽しみにしてたフォートナム・アンド・メイソンの向かいにある
源吉兆庵
e0266095_525989.jpg

こちらも高くてたくさんは買えなかったけど、おせんべい20枚に大福と草餅を買った。
パリにはとらやがあるんだけど、こっちの方が庶民的で食べ慣れたお菓子でおいしいかった。
久しぶりにもちもちの大福食べて泣けた。

ちょうど日仏カップルがいた。そうだよね。飢えてるよね。わかるわ!
パリにもできないかな。
源吉兆庵
44 PICCADILLY, LONDON, W1J 0DS UK
[PR]