<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

バルセロナの旅行はこちらでまとめて見られます。

16時に早々に家に戻ったのには訳がある。
もう、皆さんお忘れだと思うのだが、前日、ロストバゲージになったのでトランクを待っているのだ
フランス人って1日中待っても来ない事があるし、時間の前にやってくることもある。
だからスペイン人も信用してなくて1時間くらい早く戻って来た。

e0266095_5223239.jpg

宴だ!宴!
e0266095_523741.jpg

窓からサグダラ・ファミリア見ながらおつまみをつまむんでたんだけど、これが、もし壁しか見れないホテルだったらこんな穏やかな気持ちで荷物を待てなかったと思う。

しかし、心配性の家主は落ち着きの無い犬のようにウロウロウロウロ何時間も車が来るのを待っていた。
完璧に不審人物でまどからチラチラのぞいたりしていた。
一応、時間内にやってきてくれてトランクが戻って来たときは大喜びだった。

e0266095_5295133.jpg

夜、171年ぶりのミラクルムーン(なんじゃそりゃ。)っていうのでとりあえず、見に行った。
[PR]
バルセロナの旅行はこちらでまとめて見られます。

お昼を食べた後は近くを散歩。
e0266095_545619.jpg

バルセロナの街はなかなかガーリーでかわいい。
e0266095_563759.jpg
e0266095_57823.jpg
e0266095_573693.jpg

パリって意外とこういう要素がないのだよ。
e0266095_581263.jpg

肉までかわいくみえてくる。
e0266095_584786.jpg

一軒のお菓子屋さん。
ここもかわいいけど、中にはかっこいいお兄さんがいた。
お兄さんの売ってるのはこれ
e0266095_510915.jpg

スペインのお菓子みたい。
少し買って帰ったんだけど、日本の和菓子に近いお菓子だった。

NANA YOTI
Carrer Torrijos 37 (Gràcia) 08012 Barcelona

e0266095_5124113.jpg
e0266095_513180.jpg
e0266095_5132332.jpg


まだ、16時くらいだったんだけど、スーパーに寄ってアパートへ戻る。
[PR]
バルセロナの旅行はこちらでまとめて見られます。

グエル公園を出た後、ほんとに暑くて水買ったりしながらそこらをうろうろ。
お昼を食べるとこを探したけど、意外とあたりに何もなくシエスタでお店閉まっちゃうかもな。ってことで目についたお店に入った。
あまりイケてる店でもない地元の食堂って感じで若干、皆尻込み。
e0266095_4395912.jpg

メニューを選んでる時に店内にいるフランス語を喋れるお客さんを連れて来てくれて説明してくれた。
e0266095_4444066.jpg

1切れづつオムレツを出してくれた。
e0266095_4455437.jpg

テーブルの上にワインが置いてあった。どういうシステムかわかんないけど飲んでみる。
けど、パリだと1本空けると軽く20ユーロは超えてしまうんだけど結局残ってたワインは空っぽに。
それにビール。
e0266095_4482451.jpg
e0266095_4484470.jpg
e0266095_449273.jpg

失礼ながら期待しないで入ったけど、おいしくってみんなでこのお店はアタリだったね。
と、なった。

確かコーヒーも飲んだと思うんだけど、お会計をしたら3人で30ユーロもしなくてビックリした。
だってパリだったら1人前!

これは安くてうまくてアタリの店だと思ったんだけど、今、トリップアドバイザー見てみたらバルセロナの7013軒のうちの77位に君臨してる!
偶然アタリをひいてラッキー。
しかし、基本的にバルセロナはどこで何食べてもおいしい。

Bar CASI
Calle Massens, 74, 08024 Barcelona, Spain
[PR]
突如、バルセロナの記事に戻る。
と、いうのもスマホのエキサイトのアプリが終わりになってしまったので携帯から簡単にアップできなくなった。
新しいアプリにするにはios8にしなきゃならないので現在考え中。

バルセロナの旅行はこちらでまとめて見られます。
e0266095_4124280.jpg

あいちゃんと合流して初日はグエル公園へ。
ガウディのトカゲの噴水があるとこなんだけど、ガウディの家の入場料をケチったらトカゲが見れなかった。
e0266095_4282482.jpg

バルセロナは物価が安くていい国だけど、そのわりに入場料がやたら高い。
よほどガウディの建築物を見に来た人以外は全部回れないと思う。
e0266095_4161293.jpg

トカゲは見れなかったけど、なかなか雰囲気がよかった。
e0266095_4235545.jpg

e0266095_4271316.jpg

パリでは見かけないような植物が生えてて
e0266095_4253117.jpg

大きな木には緑のきれいな鳥がたくさん住んでた。
e0266095_4295790.jpg

サグラダファミリアから近い割には行くのが結構大変なのがわかる高低差。
11月だって言うのに暑くて仕方が無い思い出。
しかし、もう半年以上前だからグエル公園についてだいぶ忘れてしまった。
[PR]
時間がぽっかり空いてしまい、この後忙しくなりそうだったので暑気払い?で急遽ラデュレに朝食を取りに。
ううー。1年以上ぶり!
e0266095_1373589.jpg

この時期、お目当ての店に行ってもだいたい夏休を取っててしまっているのでこういう時こそ王道。
お店の中はガラガラ。
e0266095_136477.jpg

とは言え、高いので敷居の高いラデュレ。普段はなかなかいけない。
しかし朝食だとヴィエノワズリーはさほど高くないので庶民でも大丈夫!
e0266095_1424098.jpg

大好物のピスタチオのパンオショコラにミニレーズンロール、それに白茶。
これで8ユーロしなかった。
どういうシステムかわらないが白茶だけ紅茶の半額くらいなので安い。
e0266095_142205.jpg

サンジェルマンのサロンに行くのは初めてでほんとにシノワズリー。
同じデザインのベビーチェアもあったから赤ちゃん連れでも大丈夫なのかな?
e0266095_1453250.jpg

たまに行くとやっぱり素敵。
LADUREE
21 rue Bonaparte  Paris 75006
[PR]
e0266095_6495034.jpg

ここはドラクロワ美術館の向かいにあるシュークリーム屋さん
せっかくなので入ってみることに。
e0266095_6495198.jpg

シュークリームは1つ2ユーロ、3つで5ユーロ。
味はトラディショナルとプラリネ、キャラメル、チョコ。
トラディショナルとはなんだ?と来る客、来る客聞いている。
e0266095_6495255.jpg

エスプレッソが3.5ユーロと高めだけど、一休みにはいいかも。


ここ数年、シュークリームとかエクレアのみの店ばかりができている。
別においしいけど、ずば抜けておいしいわけでもない。
なので、イマイチ魅力を感じないのだが、私、ほんとはコージコーナーとかヒロタのシュークリーム食べたい。

La Maison du Chou
7 Rue de Furstemberg Paris 75006
[PR]
第一日曜日の美術館無料の日だったから、オルセーかコンシェルジュリーに行きたかったんだけど、どちらも乗り気じゃない家主なので、一人で行こうかな。と思ったが
e0266095_5185566.jpg

朝、パンを買ってきてくれたからなんとなく置いてくのもかわいそうなので、ドラクロワ美術館へ。
e0266095_518526.jpg

入り口がアパルトマンの小さい入り口だから、わかりにくいと思う。
e0266095_5185356.jpg

この間、偶然見つけた。
e0266095_5185730.jpg

興味のないタイプの絵なのでなに描いたかよく知らなかったんだけど、レボリューションなマリアンヌの絵の人ですね。
e0266095_5185838.jpg

e0266095_5185942.jpg

住居だったから、ほんとに小さな美術館。
e0266095_5190100.jpg

あまり点数もないので無料の日じゃなかったら高く感じたかも。
e0266095_519187.jpg

e0266095_519356.jpg

e0266095_519499.jpg

立派な中庭もあって小さな公園サイズだった。
e0266095_519520.jpg

そして、そのあと、サンシュルピス教会へ。
e0266095_519685.jpg

e0266095_51972.jpg

この教会にもドラクロワのフレスコ画があるから。
サンシュルピスといえば、ダ・ヴィンチコード。
e0266095_519855.jpg

e0266095_519959.jpg

ノートルダムより好きかも。
e0266095_519108.jpg

天窓からの光が
e0266095_5191198.jpg

絵に当たるようになってて素敵だった。

ドラクロワ美術館
6 rue de Furstenberg 75006 Paris

サン=シュルピス教会
3 rue Garanciere 75006 Paris
[PR]
e0266095_83545100.jpg

母が来てる時に義両親にジアンに連れて行ってもらった。
e0266095_8354677.jpg

e0266095_8355433.jpg


ジアンはオルレアンから1時間ほどの街でジアンという会社の陶器が有名。
ボッテリとした陶器でこの手の陶器、フランスではどこの家庭にもだいたいあるけど、とにかく丈夫。
e0266095_8354959.jpg

工場には小さな美術館が併設されていて見学。
e0266095_8355025.jpg

e0266095_8355190.jpg

これは子供用のおままごとセット。
あかずきんちゃんの絵がかわいい。
e0266095_835535.jpg



毎度のことだが到着が遅く1時間しかなかったので、美術館は足早に見て、ファクトリーショップへ。
e0266095_8355219.jpg

ここではB級品が割引きになってるんだけど、この時期はソルドだったので更に3割とか半額とかに。
しかし、皿が1枚10ユーロとかで中途半端に高い皿みたいな価格で、まさか1枚買うのもだし、ソルドで散財したし、うちは皿だらけだしで何も買わないように。
母は念願のジアンだったので興奮。

しかし
e0266095_835564.jpg

義母がお皿をプレゼントしてくれた。
義母チョイスなのだけど、私の趣味ドンピシャ。
e0266095_8355758.jpg

e0266095_8355843.jpg

e0266095_835599.jpg

母にはミルフルールというシリーズのお皿をこっそり買ってプレゼントしてくれたのだけど、そちらも母が一番気に入ったもの。

しかし、持ってけ泥棒で山積みになっているから、なんとなく、いいんやら、悪いんやらでありがたみに欠けるファクトリーショップから、パリに戻りお店に行ってみたら、やっぱり素敵で上等なものだし、かなり高くて何も買えない。
日本の価格なんて更に高いので特にソルドの時期のファクトリーショップはオススメ。
e0266095_836099.jpg


ジアン
78 place de la Victoire 45500 Gien
[PR]