<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日、味噌作りを習いに行き、自宅でも実践。
e0266095_32992.jpg

購入した麹
ビオの大豆
ビオの塩

これで23ユーロで3キロできる。
e0266095_3291175.jpg

前日の夜に大豆を水に浸した。
e0266095_3291233.jpg

大豆の灰汁って凄くてメレンゲのツノみたいになる。
圧力鍋で耳たぶの硬さくらいまで茹でたんだけど、一度吹きこぼれた。
マッチとかライターとか卓上コンロみたいなものがなんとなく怖くて極力使いたくないんだけど、圧力鍋も最後のピーって蒸気でるのが怖くて使えない。

e0266095_3291336.jpg

あたたかいうちに大豆潰す。
40度になるまで放置しなきゃならない。
それ以上の温度だと納豆菌が買っちゃうらしい。
汁を好みの硬さまで混ぜるとあったけど、腐ったら嫌なのと、この間習った時も入れなかったので入れなかった。
e0266095_329229.jpg


麹と塩を混ぜる。
混ぜる時は塩をすり込むイメージ。

e0266095_3291731.jpg

大豆の中に麹と塩を入れてしっかり混ぜ合わせる。
混ぜ合わせたら、団子状にして容器に打ちつける。空気を抜くためらしい。
だから淵に空気がないように見ながらやった。

e0266095_3291981.jpg

これでラップを空気が入らないように被せ完成。
周りについた汚れをきれいに取り除く。


さて、1年後どうなるか。
3ヶ月、6ヶ月で食べていいっていうのもあるみたいなんだけど、とりあえず待つ。

教室では消毒はしてなかったけど、消毒してるレシピを見たから、焼酎はないから、アルコールのでとりあえず消毒した。

これは来年のためのポイントの覚え書きの為で量とか省いてるから検索して作った方がいい。

私はジャンクフードも食べたくなるし、徹底してビオの生活をしようってタイプでもないんだけど、あまり質のよくない味噌が4,5ユーロするなら、さほどからわない値段で自分で作った方がいいな。と思い、今回作った。

以前から日本料理教室に行ったりしてた家主も大満足。


次回は日本でお寿司の握り方教室に参加することにした。
[PR]
e0266095_2153245.jpg

スタバでシナモンロール。
スタバはお菓子類温めてくれて、味もおいしく目新しいものがあるのでわりとよく行く。
エスプレッソはまずいけど…。

さて、スタバで朝食を食べた後に行ったのは
e0266095_2153493.jpg

映画館。
e0266095_21536100.jpg

ムーミンの映画を観に。
この映画、監督がフランス人。
けど、フランスではムーミン全く無名なので観客が子連れ家族の10人だけだった。
ムーミンパパとフローレンが無茶苦茶で笑った。
e0266095_2153944.jpg

その後、スウェーデンのカフェへ。
紅茶と魚の干物のサンドイッチで7ユーロ。
いつも凄い混んでるんだけど、安くておいしくてかわいいから流行るのわかるわ。
e0266095_2154570.jpg


Institut Suédois
11 Rue Payenne 75003 paris

それから歯医者さんの近くにスウェーデンの食材店があるから行ってみた。
e0266095_215477.jpg

この日は家主のためのビールとハンドソープだけにした。
けど、価格は多分、現地価格とさほど変わらないと思う。
フランスでは日本と同じくイッタラ激高いのだけど、ここのお店はマリボウルの小さいだけあって、手が出せる価格で、スウェーデンのエプロンとか北欧柄の製品が安かった。
e0266095_2155023.jpg


affaren paris
3 bis rue Léon Jost 75017 Paris


パリでは日本みたいに北欧のもの売ってないんだけど、さっき本屋に行ったらパリの北欧ガイドってのが売ってたから流行ってきてるのかな。

北欧の製品かわいいのだけど、あまり簡単に手に入らないのと、フランスの製品が年々増えてきて北欧のファブリックと相性が悪いのでうちにはあまりない。
…でもかわいいんだよな〜。
[PR]
バルセロナの旅行はこちらでまとめて見られます。
e0266095_5405632.jpg

時間が空いてしまったけど、バルセロナ旅行の続き。
詐欺に会った後、友人をむかえに行く迄時間があったから家主が興味を持った海洋博物館へ。
e0266095_5433232.jpg

この特撮チックなものは大真面目でこれで海に潜ってたみたい。
e0266095_5451663.jpg

元造船所なのでたくさん船が。
e0266095_5461586.jpg
e0266095_5463082.jpg

結構広い。
e0266095_5465443.jpg

特別展は水中カメラの歴史。
…ほんとに撮れるのかな…。
e0266095_5485537.jpg

顔ハメがあったので顔ハメ好きなので子どもに混じってやってみた。

私はわざわざ行かなくてもいいかも…。って感じの場所だったけど、家主はかなり楽しんでいたので人によるかも。
e0266095_5543420.jpg

MUSEU MARITIM
Av. de les Drassanes s/n, 08001 Barcelona
[PR]
現在、どハマりしてるもの。
e0266095_852487.jpg

ボンヌママンのフルーツケーキ。
10個入りで3ユーロちょい。

これがなかなか本格的なお味でおいしい。
今日、モノプリで会員カードを提示したら2個目は70%オフって書いてあるものだからついつい2つ買ってしまった。

モノプリ高いからあまり行かなかったんだけど、会員カードの割引ききくのは結構大胆に割り引かれるからちょこちょこ行ってしまいそう。
[PR]
週末に伺った大家さんの親戚の家。
物静かな独身の兄弟2人がパリの広い持ちアパートで暮らしてて昔観た映画、間宮兄弟を思い出した。
e0266095_6571575.jpg

そんな彼らがふるまってくれたワイン、vin de paille 藁のワイン。

e0266095_6572018.jpg

初めて飲んだデザートワイン。
甘くて美味しい。
ネットで検索してみたら、ジュラ地方の藁の上でぶどうを干したワインだそう。

兄弟はサロンドヴァンに足しげく通ってるそうなので、サロンに行けば見つかるのかな。
e0266095_6572225.jpg

そのあといただいたアプリコット、フランボワーズのコニャックも飲みやすくて美味しかった。
[PR]
フランスのケーキの包み方。
e0266095_5484269.jpg

さて、包みの中身はなんだろう。
家主が豚のケーキがあってそれを食べたい。と以前から言ってたのだけど、あいにくそのお店はなくなってしまったので、見たことがなかった。
先日、ツイッターでそんな感じのケーキを載せてる方がいたのでどこにあるのか教えてもらい買いに行ってきた。
e0266095_5485073.jpg

じゃーん!
結構でかいので、怖気付いて1匹だけ。
家主にはなんで2つ買ってこなかった!って言われたけど。
家主に似た(⁉︎)メガネ君を指名。
e0266095_5485799.jpg

半分に分けるのは凄い罪の意識!
(小指、なんでこんなに立ってるの?)
e0266095_549315.jpg

解体。
外はマジパン、中もチョコのマジパン。
マジパン命の家主はうまい。うまい。と大喜びだったけど、私は少しで充分だった。
e0266095_5491169.jpg

あと一口…。

e0266095_5491820.jpg

養豚場みたいになってる。

e0266095_5492319.jpg

もう一つはフォレノワール。

激戦区モントルグイユにあるだけあってただのパン屋さん風なのに美味しかった。

それにしても、ご近所のピエドコションといい、豚モチーフが多いのはles halles市場だったからなのかな。
って思うのは以前見たロベール・ドアノーのles hallesの展覧会の豚の解体写真を見たから。
こちら

collet
100 rue Montorgueil 75002 paris
[PR]