<   2014年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日本にやってきたと聞いて行ってみたcoutume。
e0266095_5544164.jpg

パリで一番おいしいコーヒーが飲めるらしい。

ちょっと女性っぽいバリスタにあっち座れと英語でまくし立てられビビる。
e0266095_5544668.jpg

053.gif
けど、コーヒーはうまい!
こんなに違うものかと思う程うまい!

e0266095_5544563.jpg

パンケーキもうまい!
日本のパンケーキブームに乗るもんか。とパンケーキをここまで食べないで来たのだけど、クレープの国でパンケーキは珍しく、パンケーキってこんなにおいしいのか。
あの、何時間も並ぶの並んでたらおいしいの食べられたのかな。と、ふと思う。

一日経った今も幸せな気持ちで、既にもう行きたくなってる。
日本のお店でぜひお試しあれ。

coutume
47 Rue de Babylone 75007

青山店
東京都港区南青山5-8-10
[PR]
久しぶりにやってきた日本でもお馴染みのLe Pain Quotidien
e0266095_6183449.jpg

世界中に店舗があって、母は3カ国目。
e0266095_6183749.jpg

食事はイマイチなんだけど、小腹が空いたのでお茶に入ったんだけど結局、スープを飲んだ
e0266095_6183882.jpg

5ユーロ。やはり味が薄め。

e0266095_6183981.jpg

カフェグルマンは5ユーロ以下。
この小さいサイズがありがたい。
これはおいしい。

e0266095_6183621.jpg

気づいたのだけど、日本人にはこれで十分なんじゃないか。

e0266095_6184143.jpg

アントレ前菜、プラ主菜、デセールデザートとがんばって食べたてたけど、これからは、これだけにしよ。

e0266095_6184333.jpg

Le Pain Quotidien
25 rue de Varenne 75007
[PR]
e0266095_035437.jpg

復活祭のご馳走はうずらのファルシー。
うずらの中に肉詰めされた状態で売られている。

このうずらちゃん達をタコ糸で縛るのだけど、エレヌどうしたらいいかしら。と試行錯誤。
実は私の隠れた特技が新聞を紐で縛ること。
そんなわけでお手伝い。
e0266095_035670.jpg

SHIBARIの国からやってきただけあって上手ねー。なんて思っていると、なんとも色っぽい足に見えてくるウズラちゃん達。
こちら、何故かSMの縛りが注目されているようで、SHIBARIという名で本やら番組やらを見かける。
以前、友人に録画してたヤクザのルポタージュを見せようとしたところ、おしゃれなSHIBARIという番組が始まって焦ったことが!

余談が多くなって、し、失礼っ!

e0266095_035774.jpg

ウズラちゃん達、実はサディスティックな重量で、1日たった今もあまり食べられないくらいお腹いっぱい!
[PR]
我が家にやってきた新参者。
e0266095_23013933.jpg
クーザンスのデュッフ。
レシピを見ると鍋をオーブンに入れろと言う指示が多いフランス。
そんなこと言ったって持ち手とか解けちゃうでしょ?
と、思っていたらストウブのココットがオーブンに入れられるようで、少し前からストウブの鍋を狙っていたのだけど、今回のソルドではタイミングを逃し(ソルドの時期だと20~30%オフだからかなりお得!)、アルザスに行った時にストウブのお店に行って買おうと思っていたところにエレヌからうちにココットあるんだけどいらない?と。

e0266095_23063594.jpg
この鍋、上に氷や水をのっけて火にかけたり、オーブンに入れるという代物。
e0266095_23105833.jpg
試しにポトフと肉じゃがを作ってみたけど、野菜が煮くずれないし、水が少なめでも調理ができる。
出来上がったときの匂いも違ってなかなか。
カレーを煮込みたいな。

クーザンスはずいぶん昔にルクルーゼに買収された会社だそう。
一体いつのものかよくわからないけど、彼の子供の頃にはもうあったそう。
まだまだ現役で頑張ってくれそう。

[PR]
e0266095_6354018.jpg

週末、星付きのレストランで働いていた友人宅にお邪魔したら復活祭のごちそう、ジゴ 子羊の肉が!

こちらのソースは蜂蜜とローズマリー。
e0266095_6354243.jpg

グリーンピースのピューレといんげん。

毎度、おいしい!
e0266095_6365358.jpg


韓国人の友人が以前、ケーキを切ったら、小さいと思ったフランス人達。
その後別の機会にも話題にあがっていたのだけど、なんと、今回、どうしても大きく切って欲しい家主は、他の人にケーキを切るように事前に頼んでいた!

…意地汚い!

アジア人には適当なサイズなんだけどな。
フランス人にケーキを切り分ける時にはよ〜く気をつけて!
しつこく覚えてるから。002.gif

やっぱり巨大なケーキを2つペロリのフランス人達。
[PR]
by isourouparis | 2014-04-21 06:20 | fete | Comments(4)
e0266095_19400501.jpg
なんと家主は来月土日祝日含め18日休み。
明日からも復活祭で3連休だし。(ちなみに多くの同僚は復活祭のバカンスで会社はガラガラらしい。2月にもスキーバカンスがあったばかりなのに。)
5月は休日が3日あるのだけど、それが全部木曜日なもんだからフランス人達は「橋をかける」ということで、ついでに金曜も休んじゃう。
そのうち1日は会社自体がお休み。
その理由がどうせ金曜日を出勤日にしてもみんな来ないからお休み。らしい。
なんて理由!!
さて、こんなに休んでるのに、まだ有給が消費できないんだって。

今週は休日も朝早起きをする用事が多かった家主は「くたびれた」を連発。
たまに「ぼく、日本で働きたい。」って言うけど、こんな生活に慣れちゃったら無理よ!

[PR]
我が家もやっと復活祭仕様に。
e0266095_804014.jpg

雑貨屋さんには復活祭グッズがたくさん。
この鶏なら復活祭のあとも使えそう。

e0266095_804215.jpg

先日、家主の実家に帰った時に、私の母のために少し早めのアニョーパスカル。

e0266095_804363.jpg

デザートも鳥の巣のケーキ。

e0266095_804514.jpg

今週末は、子供達に会う予定があるのでチョコを忘れないようにしなきゃ。
[PR]
今時、一人暮らしの大学生だって持っているもの。
…洗濯機。
e0266095_03315324.jpg
わりと華やかなイメージを持たれるパリ生活だけれど、なんと、我が家には洗濯機がなかった!
うちがもの凄〜く貧乏生活ってわけではなく(多分…。)結構、持ってない人がいるようで、そこらかしこにコインランドリーがある。
けれど、1回3.6ユーロ(約500円)と結構高額なので、移住した事だし、どうしても洗濯機が欲しい私 VS 特に欲しくない家主で大げんかの末やっと手に入れた。

e0266095_03385598.jpg
ジャ〜〜〜ン!!
家の目の前にコインランドリーがあるとはいえ、毎度6キロの洗濯物を担ぐのは結構大変で、回数を減らすため、手洗いしたり、実家で洗わせてもらったり。
これまで、結構な苦労があったわけで、家の中に洗濯機があるとなんと楽なことか!!

毎度お金を払わなくてよくなった分、1回に2ユーロ貯める事に。
一体、何年着ているのだろう…。と思うヨレヨレのトレーナーとかなんとも情けないけど、自分じゃ絶対買わないので浮いたお金で買う事に。
年間200ユーロくらいは貯められそうなので結構いいでしょ?
[PR]
2週間滞在してた母が帰国。
e0266095_4325820.jpg

今回、帰国時が復活祭のバカンスに当たって空港がカタストロフだった。

そんなわけで母とゆっくり朝食も取れなかったので、帰りにオペラ近くのスタバでひと息。

e0266095_433088.jpg

こちらのスタバ、リュクスな感じだということでずっと行ってみたかった。

e0266095_433150.jpg

シャンデリアに天井画。

e0266095_433321.jpg

あらっ!ムッシュがカメラ目線!

e0266095_433539.jpg

クロワッサンとエスプレッソで2.5ユーロの日にここに行くのもいいかも!

3 boulevard des Capucines 75002
[PR]
来週は復活祭なので街の飾りが復活祭仕様。
チョコレート以外のお菓子も復活祭仕様。
e0266095_7122776.jpg

こちらはポワラーヌのサブレ。
サブレもうさぎに変身。

e0266095_7122953.jpg

プレッツェルだって復活祭仕様。

日本では馴染みのない復活祭。
こちらはバカンスが始まるのでウキウキ。
私も部屋の中を復活祭仕様にしたいな。
[PR]