<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マダムエレヌのお料理教室
復活祭には羊の肉を食べるそうです。

家主のお母さんであるエレヌさんの調理風景をのぞかせてもらいました。
簡単にメモったレシピを写真とともにご紹介。

羊のロースト
こんな大きな羊のもも肉(2キロ強)がなかなか日本で手に入るとは思いませんが、ご家庭のオーブンのサイズにアレンジして試してみてください。

e0266095_14542694.jpg

1.もも肉の裏表に切り目を入れニンニクを入れる(適当だけれど、各15カ所弱)
e0266095_14575525.jpg

2.表面に塩、こしょう、エルブ・ド・プロヴァンス(プロヴァンスのハーブ)をふり、バターものせる。
天板にエシャロット(グリル料理にはタマネギよりエシャロットのほうがいいそうです。)と水を入れオーブンへ。
220度で片面25分づつでミディアム状態(ア・ポアン)になります。
肉の焼き加減は好みに合わせて調整してください。
途中で水が肉汁と合わさってソースになっているので、肉の上からかけてあげてください。
e0266095_15151394.jpg

完成!

e0266095_15162237.jpg

電動のナイフで切り分けてソースを添えて食べてください。

ちなみに現在フランスではレア状態(セニャン)がア・ラ・モードなんですって。
ウェルダンで注文したいときはビアン キュイと注文しましょう。

オーブンで焼いている間に添えもののインゲン豆を用意しましょう。
e0266095_1583668.jpg

1.緑のインゲン豆の水煮の缶詰を用意(この缶詰日本にもあるのだろうか)
軽く水で洗いましょう。
e0266095_15121467.jpg

いんげんまめにこしょう、にんにくの粉、乾燥エシャロット、塩、エルブ・ド・プロヴァンスをふりかけ、バターも入れてレンジで6分(こちらのレンジは900Wなので、もう少し長い方がいいのかも。)
完成。(完成の写真がない。ゴメンなさい。)

デザートはタルト・オ・ポム
(一番最初に作りました)
こちらではパイシートがとても安く2ユーロ弱で手に入ります。

e0266095_15292650.jpg

1.型にシートをのせたら、アーモンドプードルと砂糖を1:1で混ぜた粉を敷く(たくさんではなく薄く)
2.薄く切ったりんごをまんべんなく敷き詰め、上から砂糖を少し振りかける
3.オーブンで220度で30分くらいしたら170度に下げて少し焼く。
りんごに軽〜く焦げ目が着く程度
e0266095_15334390.jpg

完成!
あまり甘くなくておいしくてパクパク食べられちゃう。
けれど、家主のお父さんが3切れも食べてて驚いた。

手の抜き方がわからずレモンバターソースも一から作ったりしてたんだけれど、もう、ソースになってるものも売ってたり非常に勉強になった。
[PR]
日曜日、オルレアン近郊のお家へ遊びに行きました。
e0266095_18533993.jpg


ここのお家の子供の10歳の誕生日パーティに参加しました。
参加者は主催者夫婦、子供2人、弟カップル、その子供、おじいさん、洗礼の時の代母、私たち。
e0266095_192310.jpg

e0266095_1931050.jpg

BBQパーティ♪
半端ない量のお肉が焼かれる。
e0266095_1962287.jpg

今晩は羊を食べると聞いていたので、食べ過ぎないように…。

e0266095_1971863.jpg

e0266095_1985265.jpg

お待ちかねのプレゼントにケーキ。
私もちょうど小さなお土産を持っていたので、朝、包装して持って行った。
e0266095_19112824.jpg

なまいきシャルロット状態にかわいい10歳の娘さん。
プレイモービルのピラミッドセットを貰ってご満悦。
皆にありがとうとビズ(ほっぺをくっつけてチュってする挨拶。)をしてまわる。

こちらは会った時に一回、帰る時に一回、ありがとうの時に一回と、ことあるごとにビズをするのでこの日は40回くらいビズをした。小さな赤ちゃんもお母さんが抱っこしてみんなにビズをする。
学校は外国人だらけなのでビズもしないし、あまり、皆おはようも言わないのでときどき寂しいなぁ。と思う。
e0266095_1917670.jpg


この後、永遠と宴は続き、なんと帰ったのは12時を回っていた。
現在の私の語学力では全く会話についていけないのだけれど、ボーっとしてるわけではなく、とりあえず聞こうとしてるので、8時過ぎにはクタクタになってしまった。
けれど、たまに日本ではアフリカのニュースはどの位報じられているの?と突然フラれたりする。
e0266095_1922425.jpg

みんなあくびしてるのに全く宴が終わる気配がない。
どうやら、そろそろおいとまします。って習慣がない国らしい。
ほうき逆さにされちゃいそうな長さ。
最後もビズして締めくくり。

昨日、スーパーに行ったら聞き取り力は格段に伸びた気がした。
[PR]
by isourouparis | 2012-04-11 19:26 | fete | Comments(5)
週末は復活祭で3連休でした。
家主の実家を訪ね、ロワール地方にあるオルレアンという街に行きました。

家主のお友達の家を訪ね12時間にも及ぶ誕生日パーティに参加したり、復活祭の食事をしたり
e0266095_1517579.jpg

とても楽しい週末を過ごしたのですが、色々書きたい事が多く、今日は忙しいので、後日、また書きます。
[PR]
パリ郊外に新宿ビル群のような場所がある。
それがLa Défense(ラ・ディファンス)
e0266095_18502754.jpg

毎晩、La Défenseが始発駅の1号線を使用しているのだけれど、電車に乗ってる人たちがパリではあまりみないスーツ姿のサラリーマン、OLばかり。

家主がこの街で働いているのでお昼ごはんを食べに出掛けてみた。
待ち合わせの時間まで広場で待っていると、ポリスに腕を捕まれたスーツ姿の男が。
ここにいるスリはスーツを着てるのね。
e0266095_18554919.jpg


こちらの人はランチタイムが2時間も取れるらしく、行ってみたかったステーキのレストランヘ。
e0266095_1858920.jpg

こちらのステーキは限りなく生だった。
そしてデカイ…。私のは180グラムでその中ではかなり小さいけど、男も女も前菜、メイン、デザートとかなりガッツリ。
e0266095_18594642.jpg


食後、ららぽーとよりも大きいショッピングセンターを見て回る。
ここにもたくさんポリスがいてスリ多発地域のようだ。
おおきなスーパー(イペーマルシェ)に行ったのだけれど、超大型店舗サイズが3フロアにもなってて大き過ぎて、1フロアも回れなかった。
[PR]
今、何してるの?
…まんが読んでる。
e0266095_18244052.jpg

とか、どうでもいいことをメールする友人ができて少し嬉しい今日この頃。
…と言いつつ、今、何してる?とメールしてくる友達なんぞ今までいなかったけど。

月曜日、家主が会社の人たちと飲み会だったので、夕食はお昼の残りを持ってセーヌ沿いへ。
e0266095_18281038.jpg


こちらはサマータイムになり夜8時を過ぎても明るいのです。
セーヌ沿いには結構ピクニックをしている人が多いのだけれど、昼間、物乞いに脅かされたり、追いかけられたり散々だったので、用心して早々に退散。
e0266095_18331156.jpg

マレの近くを少し歩いて帰っただけだけれど、なんとも贅沢。

帰ったら家主が友人から本を預かったというので受け取ると
e0266095_18383588.jpg

日本語の本だった!!

中には書き込みとノートが!!
e0266095_18403596.jpg

大きな体の男の人なのだけれど、こんなに細かく書いてるとはなんともかわいい。
日本語初心者に遠藤周作はちょっと難しいと思うよ。

Merci!!
[PR]
パリは第一日曜日は美術館がタダなんだよ〜〜。
e0266095_20175368.jpg

そんなわけで、寝ぼけまなこの家主を連れてパリの街へ。

まず、日本人街のコリアンスーパーでショウガを購入。料理酒も欲しかったけれど、10ユーロもするので、買わずにキンパプを買って、マレ地区の公園でお昼に。

マレ地区を歩いている時にMARCHE DES ENFANTS ROUGESを発見。
直訳すると赤い子供達市場?
e0266095_20223752.jpg

この市場は食事どころがたくさんある。
日本人の店があるって何かで見たけどなかった。
クスクスとかオリエンタルなにおいがした。
e0266095_20251916.jpg

e0266095_20254440.jpg


目指すはピカソ美術館!!
e0266095_202735.jpg

なんと、ピカソ美術館は来年の春までお休みだそうです。ガクリッッ!
その後、行った写真の美術館も展示入れ替えで休み。タダじゃないじゃん!!

けれど
e0266095_20282040.jpg

e0266095_20291445.jpg

こんなにかわいいパティスリー発見!!
MEERT
16 rue Elzévir 75003 Paris
http://www.meert.fr/
e0266095_20312758.jpg

ゴーフルが有名だそうですが、知らなかったのでアプリコットとピスタチオのケーキを購入。
e0266095_20334287.jpg

何がなくてもセーヌ川沿いにいるだけでとても幸せ。
[PR]