カテゴリ:パリの街( 69 )

e0266095_05391324.jpg

現在パリではパリの日本建築という展覧会がやってる。
私はパリの街みたいな古い建造物が好きなので正直新しい建物に興味はないし、日本の建築家ユニットSANAAが現在手掛けてるサンマリテーヌというポンヌフの横にあるきれいなデパートの改装工事を苦々しく思っている。(しかし、強度の問題だから仕方ない。)
e0266095_05391367.jpg

ちなみにこれ。前面は以前のまま
e0266095_05391432.jpg

裏はガラス張り。
このSANAAというユニット表参道のディオールや金沢の美術館を手掛けてるといえばピンとくるかと。

前川國男とか黒川紀章なんか建築にうとい私でも知ってる建築家の紹介なんかがあり
e0266095_05391433.jpg

安藤忠雄が現在改装中の美術館。
e0266095_05391532.jpg

e0266095_05391604.jpg

適当なイメージ図だな。と思いながら見たら
e0266095_05391672.jpg

そのままのものができてて驚いた。
e0266095_08343261.jpg

個人的に面白いなと思ったのは坂茂建築設計の紙の家
リュクサンブール美術館にあったそう。
e0266095_08343251.jpg

e0266095_08343382.jpg

現在再開発中で何もないオステルリッツ周辺はこんな建物が建つみたい。
とはいえ、こういう統一感がなく主張のはげしい建物が苦手。
e0266095_08343400.jpg

隣の芝生は青く見えるじゃないけど、こういった現代的な建築物に憧れるのかな。
なんて風に思ってしまう展覧会だった。
展覧会は面白かった。

これも無料。

Pavillon de l’Arsenal
21 Boulevard Morland 75004 Paris

パリの日本建築展は9月24日まで

[PR]
オステルリッツ駅とリヨン駅を結ぶ橋の上で無人の電気自動車バスの試験運転をしているという記事を少し前に見た。
e0266095_03561437.jpg

偶然前を通ったら無料で試乗できるというので乗せてもらうことに。
署名をしなければならない。
e0266095_03561474.jpg

バスといってもかなり小さい。
e0266095_03561516.jpg

迎え合わせに6人しか座れない。
これは試験だから中の写真撮っても平気ですか?と質問したら記念写真まで撮ってくれた。
e0266095_03561584.jpg

同席したのは、いかにも技術者希望といった感じの理系男子達。
家主にそっくりな子と迎え合わせになってちょっとおかしかった。

ノロノロと真っ直ぐ動くので事故が起こらなそうだけど、こうやって試運転を繰り返しバグを探してるらしい。
e0266095_03561694.jpg

リヨン駅方面から来るバスは少しだけ右に迂回する。
これもプログラムされてるらしい。
わずか1分程だけど、乗務員が説明してくれて面白かった。
e0266095_03561655.jpg

この試験運転、4月初旬まで毎日14時から20時まで運転してて、その後はヴァンセンヌの森のパークフローラルで運転するそう。
e0266095_03561622.jpg


来週、友人がオステルリッツからリヨン駅まで歩いて移動する予定だから、教えてあげようと思ってる。
003.gif
[PR]
e0266095_08114452.jpg

今年は父が大病をしたのでその時に奇跡のメダイユ教会へお祈りに。
心の広い神様は仏教徒の私の願いも聞き入れてくれたので、お礼をしに行き、これから始まる厄年、家族、友人の健康も願いに。
e0266095_08114517.jpg

最初はミーハーな感じに観光客とメダイユを買いに行ってたけど、年齢と共にわりと真剣に健康を願いに行く教会になっていて、フランスの家族で唯一クリスチャンではない私が一番せっせと教会に通っている。
e0266095_08114596.jpg

ほぼ無宗教なのにあっちの神様、こっちの神様にお祈りすると妙に落ち着くのでathée(無神論者)ではない。
漠然とした神様は一体何者なんだろうか。

年が明けたら初詣に行こう。
[PR]
ここ数日、日本からパリの洪水大丈夫?と連絡が来るのだけど水溢れてないので大丈夫です。
どちらかというとオルレアンのほうがひどくていつも行くスーパーのあたりが水浸しになったりしたようだ。
e0266095_2117211.jpg

ニュース映像を観てるとどうなってるのか気になって仕方ないので見に行ってみた。(!?)
e0266095_21183266.jpg

そんな人は私だけではなく、パリジャン達も同じなようで川の増水を見に来た人がたくさん。
e0266095_212016.jpg

子供連れもギリギリまで行って観察。
犬も水面ギリギリまで連れてかれて、いやだ。と拒否してた。(あんた賢いよ。)
e0266095_21213929.jpg

フランス人ってこんなに一眼レフ持ってたんだ。と驚く一眼レフ持参率。
e0266095_21231899.jpg

立ち入り禁止?そんなの知らねー。と大人も子供も犬も侵入。
e0266095_2124553.jpg

1回ジョギングがてら見に行ったら凄くて、家主に「行かないと後悔するぞ。」ともう1度ルーブルまで行った。
ちなみにここは普段はジョギングできる。
e0266095_21265217.jpg

このちょこっと出てる看板は観光バスの看板。
しばらく営業できないね。
e0266095_21274626.jpg

卓球台の横を鴨がスイスイ泳いでいる非現実感。
e0266095_21291342.jpg

まるちゃんの洪水の話みたいだな。
e0266095_21302225.jpg

船も橋に激突しそう。
e0266095_21323042.jpg

線路も千と千尋みたいになってた。
この線は運休に。
e0266095_21332731.jpg

写真を見ると凄い被害だけどみんななんとなく呑気で川でピクニックする人とかなんだか楽しそうだった。
e0266095_21364712.jpg

義父のおじいさんは川辺でカフェを経営してて100年くらい前の洪水で1階が水浸しになったらしい。

この後、雷マークが続いているでそれはちょっと怖い。

ちなみに冬も結構水浸しになっている。こちら
[PR]
先週は日本から長年お世話になっている上司がやってきたので、コッテコテの観光コースをご案内。
e0266095_65955.jpg

ルーブルからはじまり、チュイルリーを通り、シャンゼリゼを通って凱旋門、エッフェル塔、翌日はモンマルトル。
e0266095_672878.jpg

半径1.5キロの範囲で生活している私はエッフェル塔もモンマルトルも久しぶり。
もう1年くらい来てないんじゃ。
e0266095_69451.jpg

お天気もそこまで崩れず夏のように暑い日もありよかった。
久しぶりに日本語で喋れて楽しい数日間だった。
e0266095_6162822.jpg

仕事柄フットワークが軽い人達だからかと思うけど、友達より圧倒的にクライアントさんとお仕事仲間がやってくることが多く、まさかこんなに長く仕事関係の人と続くとは想像もしてなかったのでパリに住んでよかったな。と思う。
おかげでホームシックにもならないし。
[PR]
お昼の材料を買いに外に出たらあまりにいい天気だったので、サンドイッチを作って近くの公園でお花見をした。
e0266095_6405429.jpg

まだ、八重桜も咲いてた。
e0266095_6413155.jpg

残念ながら桜のある場所は日陰だけど。
e0266095_643117.jpg

花びらが芝生の上に散っててきれい。
e0266095_6435217.jpg

暖かい季節はたまにお昼ご飯を持って公園で食べるんだけど、またそれができる温度に。
e0266095_646273.jpg

冬の間はほんとに暗くて地獄のようだけど、これから先はほんとに素晴らしい季節。
[PR]
ゴールデンウィークを間近に控えパリに来られる人の話をちらほら聞くので今のパリの天気について。
e0266095_6384698.jpg

先週は温かかったけど今週は寒く10度を下回る日もあり昨日は一瞬だけど雪までチラついた。
しかし、私はすっかり雪国の人になり、肌寒い日でもカットソーにカーディガンで大丈夫。
けど、街にはまだまだコート姿の人が結構いる。

3月初旬位の天気と思うといいかも。
けど、あつい日もあるのでそれに対応できる服装も。

服装については以前書いたことがあるのでこちらをご覧ください。
[PR]
だいぶ前の話だけど、9月末の週末は普段は入れない庭の解放日がある。
一体、ここがどこなのかよくわからないけれど、偶然前を通った5区のサンジャック通りのそばの教会の庭にお邪魔した。
e0266095_8125542.jpg

面白い色の葉っぱ。
e0266095_8134096.jpg

この庭はシスターたちの生活が垣間みれるようで面白かった。
e0266095_8144019.jpg

なんとなくストイックに暮らしているのかな。なんて想像するけど、ダーツで楽しんでいるのだろうか。
e0266095_8152585.jpg

小さな小屋の中は廃品を集めてきたような部屋になっている。
e0266095_817094.jpg

e0266095_8164066.jpg

e0266095_8174217.jpg

ここでお茶を飲んで過ごしているのかな。
e0266095_8183870.jpg

e0266095_8191141.jpg

ここで祈りを捧げたりするのだろうか?(全く知らないけど。)
e0266095_8221855.jpg

とシスターたちの一日を想像すると永遠の女子高生みたいな生活で少しうらやましい。
e0266095_8224320.jpg

コーヒを飲んで、お土産にハーブをもらう。
e0266095_8233251.jpg

秘密の花園にお邪魔したみたいで楽しい日だった。
e0266095_828626.jpg

ああ、この、明るさが懐かしい真っ暗闇のパリ…。
[PR]
パリには遊園地がない。
e0266095_6415392.jpg

しかし、この時期に現れる移動遊園地が子供のたのしみ
e0266095_6415517.jpg

…かと思いきや意外と閑散としてる。

e0266095_6415740.jpg

観覧車もあるし
e0266095_641581.jpg

ブランコもあるし
e0266095_6415941.jpg

絶叫マシンだってあるけど
乗りたくないし、下を通るのも嫌だわ。
e0266095_642198.jpg

e0266095_64232.jpg

e0266095_642560.jpg

e0266095_642611.jpg

e0266095_642832.jpg

かわいいようなかわいくないような。
e0266095_64297.jpg

いやショボいわ。
e0266095_6421147.jpg

フランス式萌え…?
e0266095_642123.jpg

e0266095_6421470.jpg

e0266095_6421532.jpg

それでも、遊園地のないこの街では楽しみ…。
と、思ったけど、越してきてから一度も行ったことがなかったみたい!
[PR]
e0266095_7194129.jpg

さて、ツーリスティックな場所、モンパルナスタワーへ。
e0266095_719425.jpg

パリには高い建物がこれしかない。
だから町中が見渡せる。
e0266095_7194572.jpg

この道まーすぐ行くとうち。

パリってほんと高い建物ないなー。
と改めて思った。
e0266095_7194690.jpg

果てが見えてしまうのがすごい。

e0266095_7194758.jpg

展望台にジェットコースターみたいな画像があったから、てっきりこれはコースターのレールだと思い、大胆なことするな。と思って家主に言ったら、窓拭きのゴンドラのレールでしょ。と言われた。

そこまで大胆ではないのか。

こういうとこって旅行者がいないと絶対に行かない場所だ。

モンパルナスタワー
33 avenue du Maine 75015 Paris
[PR]