カテゴリ:カフェ( 26 )

バカンス真っ只中のパリ。
先日モロー美術館に行った帰りにどこかお茶でも…。と思ったら見事にありとあらゆるお店が閉まってた。
e0266095_08580435.jpg

そんなわけでここへ。
この突然木が突き出した不思議な場所はロマンチック美術館。
e0266095_08580512.jpg

ロマンチック美術館の名にふさわしくロマンチックな建物でロマン主義の芸術家にまつわるものが置いてあるんだけど、ジョルジュサンドのものが沢山あって、以前観たジョルジュサンドとショパンの映画を思い出す。
と言っても芸術的な事ではなくサンドのマザコン息子のことばかり。
e0266095_08580599.jpg

今回は美術館はスルーして庭園のカフェへ。
ロマンチックでしょ?
e0266095_08580608.jpg

美術館のカフェなのでリーズナブルな値段でお茶ができる。

しかし、混雑で相席してる人達もいた。

あのー、そこ私が先に席取っておいたんですけど…。
あ、そう。じゃあ、相席しましょ。
いいよ。

そんな感じで相席してて面白かった。
e0266095_08585909.jpg


ロマンチックな出来事が起こりそうだね。
[PR]
先月、空港からのロワシーバスでやってくる人とオペラのバス停の真ん前のリンツのカフェで待ち合わせた。
e0266095_08130885.jpg
このリンツのブティック、入るだけでチョコレート1つくれるからいつも無駄に入ってる。
ほとんど買う事ないけど、カフェに入ったらここでも1人1つチョコくれた。

不思議な事にパリのリンツカフェより日本のリンツカフェのほうがずいぶんと昔にできてる。
昔、このお店が出来た当時にお友だちだったか、クライアントさんだったかにクッキーを貰ったらえらくおいしくて、まるで自分が見つけたみたいにしてその後、人にもあげた。
しかし、そのクッキーはここにはない。

この日は渋滞でバスの到着が2時間近くかかったのでもう1杯飲む事にした。
e0266095_08130820.jpg
エスプレッソサイズのショコラショー3ユーロ。
これが殺人的な甘さで1時間くらいかけて1cmくらいしか飲めなかった。
その甘さたるや血糖値が急上昇して命の危険があるんじゃ。と思う程。
しかし、フランス人女子は1杯軽く飲んでた。

店員さんは注文前に席取った人や飲み終わったのにいつまでも居座るとかなりキツく言ってたので、出てけと言われるんじゃ。と、若干ハラハラしながら待ってたけど、私が人と待ち合わせているのに気づき、渋滞で大変ね。と、優しく声をかけてくれた。
機嫌の悪い人にしか見えてなかったけど、臨機応変なのね。

ショコラショーは全くおすすめしないけど、カフェ自体はおいしそうなものがあった。

Boutique Lindt Paris Opera
11 B rue Scribe, 75009 Paris, France

[PR]
日本にあるのにフランスにないものなーんだ。
答えはアイスコーヒー。
なぜかこの国にはアイスコーヒーが存在しない。
まあ、たまにあるけど。

そんなフランスでアイスコーヒーが飲めるのは
e0266095_435423.jpg

スターバックス。
アイスコーヒーが飲めるって、なんて幸せなんでしょう!
おまけに夏はクーラーも効いている。

e0266095_532465.jpg

また飲みに行ったらすごくガーリーな食べ物が!
花びらの散りばめられたピスタチオのカップケーキ。

フランスにいるのにスターバックス?って思われそうだけど、アイスコーヒーを注文するアジア人がたくさんいたからみんな懐かしいのかな?
[PR]
e0266095_3432597.jpg

先日行った(ごちそうしてもらった)カフェ・ド・フロール。
言わずと知れたパリで最も有名なカフェ。
普段の生活では全く行く機会がなく、一度だけコーヒーを飲みに行った事があるだけ。
e0266095_3454154.jpg

コーヒーなんてうちの近所なら2杯飲めちゃう値段なので敬遠してたけど、すごく感じがよく、テンションのあがる細かい気配り。
テーブルに敷いた紙にはパリのイラストが描いてある!
e0266095_3482559.jpg

こんな小さなマスタードとケチャップがついてくる!
チョコレートはアランデュカス!

カフェというエンターテイメントって感じで、これは旅行に来たら行くべきだな。と思った。
お高いけれど、エスプレッソにクロワッサンなら大丈夫な値段だったのでたまには行きたい。
e0266095_3544899.jpg


Cafe de Flore
172 boulevard St Germain 75006 PARIS
[PR]
今日は外出中にひどい嵐にあった。
一瞬にしてあられが降り、雪へと変わり、目の前で雨よけがおちて来て、花屋の植木鉢がごろごろ転がって来た。
e0266095_455073.jpg

命からがら(大げさ)たどり着いたカフェ。
e0266095_462495.jpg

なんの変哲もないカフェだけど、これが今日の目的地。
e0266095_465434.jpg

ただのカフェじゃない。
e0266095_48366.jpg

アールヌーヴォー様式のカフェ。
e0266095_484738.jpg

数日前にアールヌーヴォー様式の建物をまとめたサイトが流れてきてアドレスを見てたら、そんなに遠くないので行ってみる事に。
アールヌーヴォー様式の建築物って16区にたくさんあり、東側にはあまりないのだと思っていたのだけど、あるのね。バスティーユの近く。
e0266095_4105587.jpg

20歳の私の憧れだったアールヌーヴォー。
過去の私ー、こんなとこでちょっとお茶しちゃったりしてるんだよー!
と、大興奮。
e0266095_4132925.jpg

こんな建物が今でも普通にカフェとして使われているなんてほんとに凄い。
e0266095_4145736.jpg

写真を撮っていいですか?と聞いたら快くOKしてくれて、三脚を持ち込んで撮影してる人もいた。

このカフェ、こんなに豪華な内装なのにカフェクレーム3.5ユーロと格安!

もう1軒アールヌーヴォーのレストランがあるので近々行ってみようと思う。
また行ったらレポートします。

Bistrot du Peintre
116 Avenue Ledru Rollin 75011 Paris
[PR]
久しぶりにお気に入りのカフェへ。
e0266095_2049239.jpg

何故吸い込まれたって、いつも向かいで演奏しているロマのムッシュが今日は子供とデュオ。
ジプシーというのは差別用語らしいので普段ロマと呼んでいるのだけど
、このムッシュは渋くてほんとにかっこよくてジプシーとあえて呼びたい感じの人。

いつもジプシー・スウィングを奏でていてこのカフェのバックミュージックになってるんだけど、子供と演奏している姿が映画・僕のスウィングそのもの!

常連のお客さん達も今日は子供もいるねー。と話していて、子供は全然演奏になってないんだけど楽しそうで、この子は弾けてないけど楽しそうだね。と皆ニコニコ。
このカフェの常連客はなぜか感じのいい人ばかりでロマの子にも温かい。

けど、店主の話によると子供たちは数ヶ月経つと消えてしまうらしい。
まるで渡り鳥。
子供たちがその後どうしてるのかわからないけど、今日みたいに楽しそうだといいな。
[PR]
時間がぽっかり空いてしまい、この後忙しくなりそうだったので暑気払い?で急遽ラデュレに朝食を取りに。
ううー。1年以上ぶり!
e0266095_1373589.jpg

この時期、お目当ての店に行ってもだいたい夏休を取っててしまっているのでこういう時こそ王道。
お店の中はガラガラ。
e0266095_136477.jpg

とは言え、高いので敷居の高いラデュレ。普段はなかなかいけない。
しかし朝食だとヴィエノワズリーはさほど高くないので庶民でも大丈夫!
e0266095_1424098.jpg

大好物のピスタチオのパンオショコラにミニレーズンロール、それに白茶。
これで8ユーロしなかった。
どういうシステムかわらないが白茶だけ紅茶の半額くらいなので安い。
e0266095_142205.jpg

サンジェルマンのサロンに行くのは初めてでほんとにシノワズリー。
同じデザインのベビーチェアもあったから赤ちゃん連れでも大丈夫なのかな?
e0266095_1453250.jpg

たまに行くとやっぱり素敵。
LADUREE
21 rue Bonaparte  Paris 75006
[PR]
e0266095_595482.jpg

夏に楽しみにしてるのがセーヌ川沿いのカフェ。
e0266095_59582.jpg

昨年、食事をしてたら、貧血なのか脳貧血なのかわからないけど、人生で初めて倒れたので少し行くのがビクビクだけど。
e0266095_510061.jpg

今日は倒れず心地よく過ごせた。
e0266095_510499.jpg

カフェがたくさん並んでいるのだけど、わりとどこも控えめのお値段。
e0266095_5101017.jpg

今年は何回行けるかな。
[PR]
e0266095_16575399.jpg

こんなところに
e0266095_1658317.jpg

秘密の入り口が!
[PR]
e0266095_05265994.jpg
もう、ずいぶんと前の話になるけれど、母が来ていた時に
ジャックマール=アンドレ美術館のサロンドテへ行った。


e0266095_05280156.jpg
こちら銀行家の館が美術館になっていて美術館の中にあるカフェでお金持ちの気分を味わう事に。
e0266095_05295554.jpg
せっかくのケーキがフランス人が切り分けるとこの有様!
多分、想像を超える大きさなんだけど、意外と軽くて1つ食べられた。
15時前だったけど、セット料金にしてくれて11.5ユーロ。
e0266095_05304494.jpg
このカフェ、大人気。
けど、若者は一切いなくてフランスの若者はこういうお店を好まないのかな。
e0266095_05322270.jpg
実はカフェだけの利用で美術館に入ったことがないのだけど、美術館も立派そう。
e0266095_05353797.jpg
ラデュレが好きな人は多分、好きだと思う。
e0266095_05362004.jpg
いかにもフランス!な空間を求めている方はぜひ、お試しあれ!
サイトを見たらこんな空間にもかかわらずお子様メニューがあるからお子様連れもOKのよう!

Café Jaquemart-André
158 boulbard Haussemann 75008 Paris




[PR]