カテゴリ:パティスリー( 29 )

新しくボーグルネルにできたラデュレの新店舗。
その名もラデュレ・ピクニック。
e0266095_04534060.jpg

数日前にオープンの記事を見つけてすっかり行きたくなった。
e0266095_04534111.jpg

パッケージデザインがかわいいんだもの。
テイクアウトだとハッピーセットみたいなボックスに入れてくれて更にかわいい。
e0266095_04534143.jpg

マグロの燻製のサラダ
e0266095_04534238.jpg

サーモンとクリームチーズのサンドイッチ
これおいしい。
e0266095_04534372.jpg

バーベナとレモン水を注文して14ユーロ。
なんだか高い気もするけど、この間、どうしようもないサンドイッチチェーン店でたべたら10ユーロもして落ち込んだので、私はこれの方がずっといい気がするパリの外食事情。
e0266095_04534335.jpg

そして家に持ち帰り半分づつ食べたキッシュ6ユーロ。
かなり軽いキッシュで私は好き。

e0266095_04534482.jpg

さて、なんでわざわざ行ったかというと、14ユーロ分購入して、ELLEのサイトの記事を見せると10ユーロ分のマカロンをくれると書いてあったので大急ぎで行って来た。
でも、サイトには期限も書いてないし、クーポンを渡すわけでもないのに1人1回まで。って性善説的な書き方で疑いつつ店員さんにサイトを見せたところ
そんなの知らないけど、わかった。あげるね。
と、了解してくれた。そのあと、責任者が来て確認したら、ああ、そうそう、やってる。と言ってた。
もう、一週間以上前からやってるのに誰も頼まないのかな。
日本だったら開店前から行列ができるのに。
e0266095_04534400.jpg

そんなわけで手に入れたマカロン。
ペラペラの箱じゃなくてちゃんとした箱に入れてくれた。
左からオレンジフラワー、ばらの花びら、キャラメル、レモンの実。
ラデュレなんて2年ぶり!

パッケージや内装だけでテンションあがるのでラデュレ好き。



さて、そのELLEの記事はラデュレのツイッターのアカウントにある。
私のアカウントのイイねのとこにもあるので、気になる人は探して見てください。
店員さんも知らないようなイベントなのに、もし突然お店にたくさん人が来たら困ると思うのであえてリンクは載せません。まあ、このブログはあまり誰も見てないけど。
そもそもELLEのサイトに載せたって来ないんだし。
しかし、いつまでやってるかは全く謎。


Paris Beaugrenelle B Magnetic
16 rue Linois,75015 paris

[PR]
先日、日本からやってきた人にL'Eclair de Génieのエクレアを食べさせて貰ったらおいしくて早速翌日、自分でも買いに行った。
e0266095_09555098.jpg

ここのお店、マレにできたと思ったらあれよあれよ。とパリ中にできて、日本にもできた。
モノプリでもよく見かける。
しかし、エクレアに5ユーロ…。と買う気がせずに食べたことがなかった。
これは柚子とキャラメル味。
最近、どこでも柚子味のお菓子を見かけるので柚子湯に浸かれる日も近いのでは…。

エクレアもおいしいけど、小さなチョコのついたお菓子がおいしかった。
値段も手頃だったのでこれから人の家に行く時に持ってくのに良さそう。

L'Eclair de Génieって、てっきりジェニさんのエクレアって事かと思ったら
e0266095_09555115.jpg

Eclairひらめきとエクレアって意味があってそれを掛けてて、才能のひらめきって意味なのね。
勉強になった!

L'Eclair de Génie
住所は後ほど

[PR]
この間見つけたパティスリーはちょっと変わったお店だった。

以前、日本人が作ってたケーキ屋さんがあったんだけど残念ながらそこがなくなってその後にできたケーキ屋さん。
きれいな見た目で気になっていたけど5〜6ユーロとちょっと高いので買うことがなかったけど、外食でデザートを食べなかったので家にお菓子を買って帰ることにした日に買った。
e0266095_843989.jpg

それがこのケーキ。ケーキの値札になにやら数字が書いてあって注文番号だと思ったらどうも違うみたい。
e0266095_8102842.jpg

このケーキえらく甘くないケーキだね。
日本だったらいいけどフランス人には甘くなさ過ぎるんじゃない。
と話しながら食べていたら、これは低GIのケーキ屋さんらしい。
と言ってもイマイチよくわかってないんだけど、低GIだと食後の血糖値の上昇がゆるやからしい。
そのGIの指数がケーキにひとつひとつ書いてある。
(流行の糖質制限とはまた違うんだね。)
e0266095_8182781.jpg

GIが気になる人はここのお店へ!

甘すぎるお菓子にうんざりするので私はこのお店ありだな。

向かいにはゴテゴテに甘いこのお店がある。

さあ、どっちを選ぶ?

Les Belles Envies
3 Rue Monge 75005 PARIS
(現在は夏休みのバカンス中みたい。配送が25日からだから多分そのころに再開するのでは)
[PR]
モンマルトルを観光中、あっ!ケーキ屋さんだ!と思ってよく見てみたらずっと気になってたジル・マルシャルのお店だった。
もう、あまり新しいパティスリーとかに興味がないんだけど、ここはずっと行ってみたかった。
e0266095_6341391.jpg

散歩の途中だったけど購入。
e0266095_6413470.jpg

マドレーヌと小さなシュークリーム。
マドレーヌはケーキみたいだった。
どれも2ユーロしなくてずいぶんと良心的な値段。
(ジル・マルシャルはブリストルという高級なホテルのパティシエだった人。)
e0266095_6464332.jpg

翌日はカヌレを食べた。

モンマルトルに行く時はまった寄って今度はケーキを買いたいな。
あと、つい数週間前にすぐそばにビスケットのお店もオープンしたそう。
そっちも行きたい。

Gilles Marchal
1 Rue Garreau 75018 Paris

Compagnie Generale de Biscuiterie
1 rue Constance 75018 Paris
[PR]
そういえばフランスに越して来てから一度も行った事がない。と気づいてアンジェリーナに行って来た。
e0266095_7204533.jpg

日本でもおなじみのモンブランのアンジェリーナはパリが本店。
昔、一度行った事があるし、モンブランはテイクアウトしたことがある。
たまにこういうところに行きたくなり、久しぶりに行ってみた。
e0266095_7224088.jpg

レーズンのパンとエスプレッソ。
これで7.8ユーロ。
…まあ、安くはないけど、サロン・ド・テに行きたいときは朝ごはんを食べに行ってゴージャス空間を体験することにしてる。
e0266095_7244987.jpg

しかし、まわりはみんな観光客。
みんな20ユーロとか30ユーロの朝食を食べてる。
こういうの私も食べた事あるんだけど、食べきれない。
モンブランだけで9ユーロもするのでとてもじゃないけど食べられない。
量もだけど。
e0266095_7313044.jpg

8人の女たちのエマニュエル・ベアールみたいなウェイトレスのお姉さん達がたくさんいて目の保養になった。

しかしこういうコテコテな空間、アンジェリーナとラデュレだったらラデュレの方が徹底してて好きだな。

Angelina
226 Rue de Rivoli 75001 Paris
[PR]
6日はエピファニー(公現祭)
例年と同じくガレット・デ・ロワを食べる。
今年は近所のLe grenier a pain のを購入。
確か4人分で14ユーロ位。
e0266095_8331462.jpg

2人なので1日目は半分して食べたけどフェーブは出てこなかった。
ここのクロワッサンはおいしいのでガレットもおいしかった。

2日目
今日は出てくる!
e0266095_8343621.jpg

2人でまた半分にして
e0266095_835596.jpg

当たったのはわたし!

掘り出してみると普通のより大きい。
e0266095_8363819.jpg

これは麺棒だろうか?

なんと!
e0266095_8374435.jpg

二つに分かれてて中にはお菓子のレシピが!
これは凝ってる!

メイユーフェーブ(最高のフェーブ)なんじゃないかしら。

ええ!エピファニー終わっちゃったよ!って人もご安心を!
フランスではまだ2週間位は見かけるのでこれから旅行に来る人もまだまだ買える!
麹町にもお店が出来たんだけど、そこでも売ってるのだろうか?

ちなみにLe grenier a painは昨年のメイユーバゲット!
大統領も毎日食べてるバゲットだからそちらも忘れずに!

Le Grenier à Pain
結構たくさん店舗がある。
38 rue des Abbesses Paris 75018 Paris
(ここのがメイユーバゲット!)
52 avenue d’Italie Paris 75013 Paris
(私が買ったのは13区)
東京都千代田区麹町1-8-8 グランドメゾン麹町 1F


00000010_1322340.jpg
[PR]
なんとも残念なことに年々、パリの有名パティスリーのケーキがさほど好きでもなくなり、コージコーナーのケーキ食べたいな。と思うように。
素朴なケーキを欲するようになり、たまに行くのがこちら。

Patisserie Viennoise
直訳するとウィーンのケーキ屋という直球な店名。
ここのお店ではウィーンのお菓子が食べられるのだけど、それがなんとも素朴な味でオデオン周辺の名だたるパティスリー・ショコラトリーを見た後、このお店が恋しくなる。
e0266095_335862.jpg

この日食べたのはりんごのお菓子。
ほぼリンゴ煮に申し訳程度にくるりと生地が巻いてある。
これとカフェで5.5ユーロ程でこれはパリでは安い。

家主にもおみやげ買って行ってあげよう。とふと、壁を見たらクレジットカードが使えない!
仕方がないのでカフェの支払いと合わせて10ユーロで収まったのがこちら。
e0266095_3124762.jpg

生クリームとチェリーをお酒に漬けたのが入ったフォレ・ノワール。
ちょっと甘いけど、こちらもおいしい。

サンジェルマン周辺を散歩するときにおすすめのお店。
Patisserie Viennoise
8 rue de l'Ecole de Medecine 75006
[PR]
サンジェルマン界隈にはお手軽な値段の店が少ない。
しかし、LA TARTE TROPEZIENNEは安いので気に入った。
e0266095_02181800.jpg
このお店、南仏サントロペのパティスリーでトロペジェンヌというパン生地のシュークリームみたいのお店。
ブリジットバルドーがお菓子の名付け親とかでBBのポスターがあって、椅子が映画監督の椅子みたい。
e0266095_02225113.jpg
値段は2人で14ユーロ弱だったのですごく安い。この界隈で食べると平気で1人14ユーロする。
味もシンプルでコーヒーにつくチョコがヴェローナ!
しかし、超巨大なので日本人女子にはちょっと大き過ぎかも…。

この界隈でちょっと甘いものが食べたいって時にはオススメ。

住所はのちほど。

[PR]
e0266095_6495034.jpg

ここはドラクロワ美術館の向かいにあるシュークリーム屋さん
せっかくなので入ってみることに。
e0266095_6495198.jpg

シュークリームは1つ2ユーロ、3つで5ユーロ。
味はトラディショナルとプラリネ、キャラメル、チョコ。
トラディショナルとはなんだ?と来る客、来る客聞いている。
e0266095_6495255.jpg

エスプレッソが3.5ユーロと高めだけど、一休みにはいいかも。


ここ数年、シュークリームとかエクレアのみの店ばかりができている。
別においしいけど、ずば抜けておいしいわけでもない。
なので、イマイチ魅力を感じないのだが、私、ほんとはコージコーナーとかヒロタのシュークリーム食べたい。

La Maison du Chou
7 Rue de Furstemberg Paris 75006
[PR]
フランスのケーキの包み方。
e0266095_5484269.jpg

さて、包みの中身はなんだろう。
家主が豚のケーキがあってそれを食べたい。と以前から言ってたのだけど、あいにくそのお店はなくなってしまったので、見たことがなかった。
先日、ツイッターでそんな感じのケーキを載せてる方がいたのでどこにあるのか教えてもらい買いに行ってきた。
e0266095_5485073.jpg

じゃーん!
結構でかいので、怖気付いて1匹だけ。
家主にはなんで2つ買ってこなかった!って言われたけど。
家主に似た(⁉︎)メガネ君を指名。
e0266095_5485799.jpg

半分に分けるのは凄い罪の意識!
(小指、なんでこんなに立ってるの?)
e0266095_549315.jpg

解体。
外はマジパン、中もチョコのマジパン。
マジパン命の家主はうまい。うまい。と大喜びだったけど、私は少しで充分だった。
e0266095_5491169.jpg

あと一口…。

e0266095_5491820.jpg

養豚場みたいになってる。

e0266095_5492319.jpg

もう一つはフォレノワール。

激戦区モントルグイユにあるだけあってただのパン屋さん風なのに美味しかった。

それにしても、ご近所のピエドコションといい、豚モチーフが多いのはles halles市場だったからなのかな。
って思うのは以前見たロベール・ドアノーのles hallesの展覧会の豚の解体写真を見たから。
こちら

collet
100 rue Montorgueil 75002 paris
[PR]