カテゴリ:日常( 64 )

専門の歯医者さんへとまわされて何ヶ月も予約を待ち、ようやく行ってきた。
もう、一人で病院行くのも抵抗ないけど、今回はかなりお金もかかるし、専門的なお医者さんだしで家主にもついて行って貰った。

顕微鏡を覗きながらどうもレーザーで焼いてるみたいでバチバチ音がしてたまにちょっと痛い。
麻酔効いてるから全然我慢できるけど、この後痛くなりそうだな。って感じの痛み。
それより先生の手と金具で圧迫された左の歯ぐきが痛くて、痛いと訴えたけど、なに言ってるかよくわからない。で、済まされてしまう。008.gif
とりあえず1時間15分くらいかかって無事、終了。
前も治療した時は元気だったから、お昼食べて、午後も出かける用事入れてたけど今回はとてもじゃないけど、そんな元気もなく帰宅。

なんと治療費が850ユーロもした。
知ってたけどさ…。
多分、健康保険と任意保険からいくらか返ってくるとは思うけど恐ろしい。
(日本でも同じ位かかるからフランスの方が得な気がする。)
あの顕微鏡よほど高いんだろうな。
そして薬屋さんで処方箋を出し、クスリを貰おうとしたら、21ユーロもかかって驚いた。
いつもは支払いないのに、今回の歯医者さんとのやり取り自分で健康保険事務所に書類を持ってかなきゃいけないみたい!
薬無料でラッキーだな。と今まで思ってたけど、こんなに高いのか…。

その後、麻酔がとれて地獄の苦しみが始まった。
薬を飲めば痛くなくなったけど、こっちの痛み止め初めてで我慢してたら意外と効きが遅かった。
今日ほど買い物やら薬を取りに行ってくれた家主に感謝したこともない。
薬の量を確認するのも辛いレベルだった。

義母からは治療が終わって一息つくくらいの時間にお加減どう?的なメールが届く。
家主に昨日、今日の歯医者のこと言ったの?って聞いたら言ってない。というのでどうもメモしてるみたい。
銀座のクラブのママ並の気配りで驚く。

e0266095_22094087.jpg

歯医者さんがあったのは長年気になっていたモンパルナス駅の裏の丸みを帯びた建物の一部。
家主が共産圏の建物みたいだね。って言ってたけど、まさに。
e0266095_22094104.jpg

中庭側はこんな感じ。
企業の建物だと思ってたけど違った。
たくさん入口があって長屋みたいな縦割りのつくりだった。

[PR]
毎年気になっていたこと。
エトレンヌ。
e0266095_05450489.jpg

この時期、お世話になっている管理人さんに心づけを渡す習慣があるそう。
私のアパートの管理人さんはほんとに働きものでゴミ出しもきっちりしてて、ストがあって周り中のゴミ箱が溢れてた時もうちのアパートのは溢れてなくて、ちゃんと部屋の前の廊下までワックスをかけてくれるし、アパート内はいつもピカピカ。
郵便もちゃんと届くのは彼女のおかげだと思う。
実際、彼女のバカンス中、代理の人になるとアパートが少し汚くなる。
なのでお礼をしたいと思う。
しかし、検索すると家賃の10パーセントが相場と出てくる。10パーセントってあんた、かなりの値段よ!そんなもの渡したら毎年この時期が憂鬱になってしまう。
と知らぬふりをしていた。
お友達ともその話題になり、ますます気になっていたんだけど、この間、偶然義母ともその話題をして、お金じゃなくてちょっとしたものでいいのよ。と言うので渡してみることに。
親切な管理人さんだったら。を強調してたから親切じゃない管理人さんならあげなくていいみたい。

今日、ショコラトリーに行き、管理人さんに心づけを渡したいと相談したら15ユーロ位のをお勧めしてくれた。
なんだ。そのくらいの値段でいいのか…。
e0266095_05450568.jpg

かわいい箱を選んだつもりだったんだけど、あとで労働者っぽいパッケージだと思われたらどうしよう(?)と急に不安になった…。
しかし、渡したらすごく喜んでくれた。

毎年、家賃の10パーセントがぐるぐるしてたけど、そりゃ、小さいものでもあげないよりあげた方がいいに決まってるものね。

管理人さんいつもどうもありがとう。

[PR]
今週末に控えたノエル。
昨日、プレゼントを買い終えた。
e0266095_04521156.jpg
今年はノエルが週末にあたるの祝日がなく最悪の日程。
みんなブーブー言ってる。
しかし、私は内心大喜び。
だって休暇が短いんですもの!

過去最高に辛かった2014年のノエル休暇の様子をぜひ見て欲しい。
家族だって友達だってみんないい人だし、ごちそう振る舞われて、プレゼントも貰えるのでこれで文句を言うのはひどい感じがするけど、とにかく食べて、寝て、深夜まで喋るが辛くて仕方がない。
おまけにパリと違って暗い。

昨年、ちょうどこの時期にオルレアン在住の人がお正月のオルレアンの町の寂しさを嘆いてるブログを偶然見つけて、わかる。わかる。と涙を流した。(流してないけど。)
私はブログにコメントしたりするタイプではないので今年もこっそり様子をうかがう。
そして、友人がとうとう今年、ノエルが辛くてこの時期、クニに帰った。
在仏妻たちよ。君に幸あれ。
e0266095_05050153.jpg
先日、日本からお客さんが来てて、お風呂がなくて使えなかった温泉の素とサトウのごはんを置いて行ってくれて、温泉気分とお茶漬けでこれでノエルが楽しく過ごせる!!!と大喜び。
置いて行ってくれてる人もまさかここまで喜んでるとは思ってないと思うけど、嬉しい。

↓一体、どんだけ食べるの?と気になった貴方は下のタグから、まあ、みてくださいよ…。

[PR]
今年もこの日がやってきた。
あれから更に1年。
e0266095_07182989.jpg
滞在許可証の更新に。
去年、朝イチに予約したらすぐ順番になったので今年も朝イチに予約。
絶対朝イチ予約がいいと思う。
9時30分に予約した子はたくさん待ったって言ってたし、実際その後は長蛇の列で椅子にも座れてなかった。
それでも手続きを始めるのに30分程かかり、今回の担当者は感じのいい女性。
2年前の感じのいいムッシュもいた。
しかし、去年の刑務所の看守のようなマダムはいなくて、他の担当者もみんないい人そうだったから、どっか追いやられたんじゃないか…。

感じのいいマダムは10年の手続きをしてくれて無事10年の滞在許可証を取れることに!!!

家主はこういう書類を集めるのが得意なのでパーフェクトよ。とほめられた。
しかし、我が家のプリンターがこの書類集めの最中に壊れ、新しくレーザープリンターを購入。
200ユーロもしたので大出費だったのだけど、最終的に70枚もの書類をコピーするハメになったのでインクジェットを選ばないでよかった…。と心底思った。

そんなこんなであと10年この作業をしなくていい。(ただし、滞在許可証を失くしたり、盗まれたりしなければね…。)
私は戸籍謄本を取りにいって、翻訳を頼むだけだからたいした手間ではないけど、家主よ、ほんとにありがとう。
そしてパリ市よ。ネットで予約できてありがとう。
(郊外だと朝4時5時から並び続けるなんて話をよく聞いて、10年の滞在許可証取れるまで引っ越しちゃダメよ。って言われる。)
e0266095_07334155.jpg
祝杯のクロワッサン!(しかしこれで9ユーロもしたのでパリが嫌になる。)
e0266095_07183446.jpg
祝杯の一風堂!

10年後はフランス語もペラペラで自分でなんでもできるようになってますように。


[PR]
秋はメランコリックな気分になる季節…
e0266095_07024051.jpg
…と言われているけど、フランスの秋はメランコリックなんてロマンティックな響きではなく、ほんとに鬱。鬱。鬱。
鬱になる…。
毎年、11月の冬時間になると朝9時頃まで暗くて鬱々とした気分になって、どうにも落ち着かず、昨年は足しげくスタバに通ってた。
…なぜって照明が他の店より明るくてシャキっとする。

以前それは冬鬱だからSADライトを使うといい。と勧められたけど、蛍光灯みたいなものなのに200ユーロとか300ユーロしてなかなかバカバカしい。
けど、どうにも辛くて藁にもすがる思いで昨年末に安いからデカいSADライト(それでも100ユーロ位した…。)を購入して朝、その光を浴びると劇的に改善。

先日、オルレアンに行ったときに既にどんより暗くて体内時計が狂ってる感じがしたので夏の間置かせてもらってたSADライトを使ってみたらやはり調子がよくなったのでまだ当分必要ないと思ってたけど、仕方ないから担いで帰った。

これは暗示にかかってるんじゃないか。とも思うし、こんなのが100ユーロなんてバカバカしいな。と心底思っているので人に勧める気にはならないけど、もし冬の間、どうにも鬱々としてる人は冬鬱が原因かも。

ああ…長くて暗い冬が始まると思うとほんとに憂鬱…。
夏のバカンスなんていらないから冬の間太陽があるとこに行きたいと心底思う。

[PR]
e0266095_6354862.jpg

やっと少し落ち着いた生活に戻った。
なにが忙しいって、秋に日本に帰ろうと思ってるので夏のバカンスの予定はなかったのに7月14日の記念日前後を4連休、そして日本から友達がやってくるのに合わせて9連休の休みを取った家主につき合ってたこと…。

9連休って日本人にとっては大連休なのになんの予定もなく取らないで欲しい…。
そしてオルレアンに帰っていたので一度会うと次から次へと誘いを受け、あっちへこっちへ。
楽しいんだけどほんとにくたびれ果てた。
e0266095_6411478.jpg

そして悩みの種は食事。
この9日間で2.5キロも増えた!
4月の終わりからジムに行き始めて少しずつ体が引き締まって来てたのに台無し!
太るのはあっという間!
オルレアンでジョギングしたり、プールに行ったり、みんながゴロゴロしてても森の中をひとり歩いたりしてたけど意味ないわ…。

そんなわけで今週はジムも夏休みに入ってしまったので、家主を2.5キロから3キロ先の途中の駅までトロチネットで迎えに行き一緒に歩いて帰って来るというのを毎日している。
来週もする予定だけど果たして効果あるだろうか。
e0266095_649293.jpg

写真はオルレアン近郊。天使のはしごまで見えてプールまで行く道が壮大すぎる。
思わず、あのちーへいせーん♪って口ずさんじゃった。

さてバカンスはまだまだ続く。
[PR]
e0266095_741822.jpg

更新が滞っております。
今週はあっちへこっちへどんどん予定が入ってるけど、とりあえず元気に過ごしております。
e0266095_704442.jpg

また落ち着いたら色々と更新する予定。
[PR]
海外に住む日本人も投票ができるので一足お先に在外選挙に行って来た。
e0266095_6445071.jpg

(写真はギニョルの風刺番組のトランプ氏。)

こちらで選挙に行くのはこれで2回目。
在外選挙は結構ややこしく在外選挙人名簿への登録申請をしてから更に2~3ヶ月かかって在外選挙人証の発行・交付がされる。
越して来たときに何度か大使館に足を運び面倒くさかった思い出。

そして、投票する時も片道30分かけて大使館に行き、日本だったら投票用紙の記入だけだけど、書類や封筒に記入をして。と手続きがだいぶ複雑で15分くらいかかる。
そして、日本に票を送らなきゃいけないから期限も短くて予定を調整するのが大変!

なので日本にいた時より投票に気合いが入る。

先日のEU離脱の件があったので1票でもちゃんと投票しなきゃな。と思ったとこであった。
前回は投票所にたくさんいたのに今日は3人しかいなかったのでちょっと心配。
[PR]
先週のどんよりお天気から一転、今週は晴れた日が多かった。
サンミッシェル駅の本屋までバスで行って、散歩がてら歩いて帰って来た。
e0266095_8291437.jpg

しかし、水曜日はサンミッシェル駅はまだ閉鎖してた。
e0266095_8305863.jpg

そして街で目立ったのは回収されていないゴミの山!
なんとゴミの清掃員のストライキ!
幸いにもうちの地区は回収されてるけど、大通りを挟んだ地区はゴミだらけだった…。
e0266095_835372.jpg

SNCF(こっちの鉄道会社)のストでここ2週間
オルレアン行きの電車も動いてないし、今日始まったEURO2016のサッカー会場への電車も混乱してたみたいだし、もうゴッチャゴチャ!

ここ一ヶ月程、ストにデモに洪水に再びストでなにが原因でどうなってるのか全くわからない!
[PR]
朝起きたらテーブルの上に鈴蘭が!
e0266095_63464.jpg

そう、今日は5月1日、すずらんの日。
近しい人に鈴蘭を贈る日。
今年の鈴蘭は凄く香りがよくて昔愛用してた香水を思い出して、また鈴蘭の香水が欲しくなった。
e0266095_6830100.jpg

この日は外に出て鈴蘭売りを見るのが好き。
写真には写ってないけれど、ムフタール通りにはロマの子供たちがたくさんいて、みんな鈴蘭やリラの花を売っていてなんともいい雰囲気。
繁華街にいる目つきの鋭い子達と比べてここにいる子達は皆楽しそうに花を売ってる。
e0266095_6162491.jpg

東北の地震があった年、家主がGWにフランスに呼び寄せてくれて、この日、ムフタール通りを通りセーヌへ向かい、バトームッシュに乗った事を思い出す。
e0266095_6195173.jpg

そんな家主には花より団子のチョコレートの鈴蘭。
[PR]