カテゴリ:買い物( 59 )

e0266095_06405953.jpg


アレジアに白いお皿ばかり売ってるお店がある。
ずっと魚をのせる角皿を探してて、ふと、ここならあるのではないか?と思い行ってみた。
e0266095_06410046.jpg

白いぞう〜
e0266095_06410088.jpg

白い食器しかないぞう〜。
e0266095_06410192.jpg

ほんとに白い皿しかない。
表参道にもこういう店あるよね。
お値段も手頃で1ユーロしない位から10ユーロ位まで。
もし、パリに来たばかりだったらこれ買う。と想像してみたり。
e0266095_06410182.jpg

二階は柄物のお皿があるけど、誰が使うんだ!という40年前で止まってそうなセンス。
ブロカント好きにはたまらないかも…。
e0266095_06410268.jpg

e0266095_06410267.jpg

e0266095_06410312.jpg

二枚買った四角いお皿にまだ焼き魚はのせてないけど、色々のせて楽しんでいる。


Porcelain MP Samie
45 av. du Général Leclerc 75014 PARIS

[PR]
フランスのプチプラコスメといえばイヴ・ロシェ。
フランスにやって来て当初は伊勢丹の地下に売ってるような薬局のスキンケア用品が安く売ってるからそれに夢中で、この手のプチプラコスメにあまり興味をもたなかった。
しかし、最近はこの手の安いものばかり。
e0266095_08524456.jpg

なんと3年もシャンプー難民でスーパーに売ってるのからビオのから高めの薬局のまで良いと聞けば色々試してみたけど、洗った瞬間から痒くてギシギシ&フケ、おまけに抜け毛に髪が細ってきて禿げるんじゃ。と心配な日々を過ごしていた。
以前日系の美容師さんになんかいいのないですかね?と聞いたらみんな悩んでる。髪を毎日洗うな。と大雑把な答えだったんだけど、別のとこに変えて相談したところ洗浄力が強過ぎるんだと思う。と言われて、なんとなく安くて効果がなさそうな印象のイヴロシェのを手に取ってみた。
e0266095_08524435.jpg

右のがシャンプー。確か3.5ユーロくらい。
これが救世主で以来快適な日々を過ごしている。
ザクロのは泡立つけど他にもう一つ試したのは泡立たなかった。でもどっちも痒くならない。
ただ、私にはあってるけど、いいと聞いたのを散々試してダメだったから、誰もが合うかはわからない。

イヴロシェのすごいのがおまけで、サイトで買うと現品をくれる。
この時は下のシワ取りクリーム。
そもそも、シワ取りクリームを買おうとサイトを見たら、シワ取りクリームプレゼントだったので買った。
シワ取りクリームも意外と良くて塗るとシワがなくなるので惜しみなくガッツリ塗りこんでる。
e0266095_22523774.jpg

今回、また注文。
10ユーロ以上なら送料無料なので洗顔料10ユーロ分。
右端のはおまけでボディクリーム現品。(セールで12ユーロ)
一体原価はいくらなんだろ…。
e0266095_22523842.jpg

ハガキもきてたので店舗にコンディショナー(2本で6ユーロ)を買いに行った。
店舗にハガキを持っていくとおまけをくれる。
頻繁にハガキが届くからまとめ買いしないでこまめに買う。
ポーチやらバッグやら雑誌の付録みたいのはいらないけど、スケジュール帳は買わなきゃならなかったのでこの機会に購入。
しかし、店舗だとお姉さんがあれやこれや勧めてくるし、おまけもやっぱり通販の方がいい。

まだ日本にはお店がないから、バラマキ土産にもおすすめです。

[PR]
ソルドも終盤。
e0266095_07075000.jpg

今回は郊外にあるアウトレットに家主の仕事用のYシャツ、ネクタイを買いに。
上等なネクタイが洋服の青山価格で買えた。
私は買い物大好きだけど、家主は大嫌いなので1人で探しに行く。
このアウトレット、男性用の商品が多く、なおかつ高級ブランドが多いので前回行った時は自分には買わなかったけど、今回は7割引で上等なサンダルが買えたので行った価値があった。
私には全く関係なかったけど、セリーヌのカバンもこの値段から更に3割引ですよ。と囁かれたのでブランド好きな人はたまらないと思う。

e0266095_07075066.jpg

サンダル以外は全く欲しいものがなくて、靴下やデニムのパンツ、ボロくなったから買い替えみたいなものばかりをユニクロと無印で調達。
昨シーズンのヒートテックとカシミヤニットが二足三文で売られてたので冬仕度。
しかし、ユニクロも無印も超強気でセールにほとんどなってない。
エルメスだってセールするのに!
この国、高いものは割引率いいのに、安いものは割引悪い。

アイブロウペンシルや寝具なんて日用品までこの時期に全て購入。7割引!
e0266095_07323704.jpg

もう、買うものないな。と思ってたら、1年くらい前から購入を考えてたけど、BHVで安くなってなかったから諦めた三徳包丁が近所で4割引の更に2割引になってたので購入。
ペティナイフと出刃包丁しかなかった我が家。
感動的な切れ味!

さあ、次のソルドまで再びなにも買わない!

[PR]
1月に眼科で処方箋を書いてもらい、やっとメガネを買いに行った。
12月に家主が460ユーロのメガネを買った時に任意保険のおかげで支払いはゼロでフランス万歳🇫🇷!と任意保険の素晴らしさを思い知り、友人からもパリミキの高級ブランドメガネが支払いゼロと聞いていたので、少しは支払いあるかもしれないけど、安いだろ。と眼鏡屋へ。
e0266095_06284354.jpg

向かった先はパリで一番美しい通り、ギャラリーヴィヴィエンヌ。
この時点まではウキウキワクワク。
e0266095_06284350.jpg

こちらのトランクションってお店。
日本に帰った時にリュネットドゥジュラで見つけて一目惚れしたんだけど、トータルで5万ちょいするし、フランスのメーカーだからフランスの方が安いだろ。と買わずに帰った。
しかし、かなりメガネを試したけどこれより気に入ったのは見つからないので買うことに。
お店の人に欲しいメガネを伝えたら、どこで試したの?と聞かれたからマレの店舗と東京って言ったらリュネットドゥジュラね。って言われた。
e0266095_06284461.jpg

どうせ、ミチュエルのおかげで安いと思ってる私は潔くこれにするわ。と325ユーロのメガネを選択。
それでお会計をしたら、ミチュエルで支払いが出来ないと。
お金は返ってくるけど、自分で申請しなきゃならないタイプで675ユーロもの支払いに!
いくら返ってくるかは不明…。
レンズが1枚170ユーロもする!
ただ家主が買った時も140ユーロしたから多分レンズ代は戻ってくると思われるけど、果たしてトータルいくら戻ってくるんだ。
こちらのトランクションってお店、鼻ぺちゃの私でもどれもぴったりなので日本人にはとてもオススメ。
e0266095_06284466.jpg

けど、保険なしなら日本の方が全然安いじゃん!
悪いことは言わない!
フランスでメガネは高過ぎる!
みんなリュネットドゥジュラでフランスのメガネは買おう!(ステマではない。006.gif
[PR]
昨日からキンドルアンリミテッドを無料お試し中。
e0266095_05035758.jpg
サービス開始直後にあまりいい印象を持たなかったので興味を持ってなかったけど、専門雑誌を探していて購入しようと思ったら購入だと高いのにアンリミテッドだと月額980円で読み放題ということだったので試してみる事に。
マンガや小説はほんとに使えないけれど、雑誌はなかなかの品揃え(三大大手出版社のはない)。

これは使える!と思ったのがヨーロッパのガイドブックでたくさんある。
以前、ポルトガルに行った時、まだこの手のサービスが充実してなくて、日系の本屋さんでは高くてガイドブックが買えず、友人からの情報のみで旅立ち、ホテルではネットも思うようにつながらず、なにが有名なのかよくわからずツーリストオフィスの地図だけを頼りに旅行した事があったので嬉しい限り。
e0266095_05035841.jpg
今までは半年に一度日本から注文するのが唯一の楽しみだった。

たまに日本から何持って来て欲しい?と聞かれることがあるんだけど、行きの飛行機の中で読んだ雑誌や本を置いて行ってくれるとありがたいな。と思っていたけど、これも必要なくなる。

日々どんどん便利になっていく。






[PR]
近所に新しいビオのスーパーができた。
今までも近所にビオのスーパーはあって、徒歩15分圏内だと4つもあったけど、どこもわざわざ買いに行く距離だったので、中華マーケットと同じく、まとめ買いしに行く場所だったけど、他の用事と一緒に済ませるようになって嬉しい。

早速偵察に。
e0266095_02582075.jpg

大根に葉つきのかぶ、白菜に菊芋が売ってた。
大根は1本1.5ユーロ程で値段も普通。

日本食材は少ないながらも豆腐や醤油、米なんかが手に入るので、ちょっと足りないから買いに行こうなんてことができる。
住み始めた頃と比べるとほんとになんでも簡単に手に入るようになり、格段に生活しやすくなっている。

e0266095_03212113.jpg

これは少し前に近所のスーパーで買った胡麻油。
今じゃこんなのも簡単に手に入る。

[PR]
まだ飽きずにパン焼いてます。

気がついたらサンジェルマンの屋内マルシェがリニューアルしてて、アップルストアやユニクロが出来てた。
e0266095_06573910.jpg

そして大好きなM&Sも。
撤退してしまうらしいけど、新しく出来たここもなのかな?
スコーンも売ってる店舗でボーグルネルまで行かなくて良くなった。
e0266095_06574065.jpg

お店で強力粉見つけた!
軽くてエアリーな強力粉と自ら名乗っているので試しに買ってみたところ、確かにフワフワになった!
別に今までの強力粉?でもよかったんだけど、これはフワフワ。

海外に住む人のHB研究を散々検索したので、もしかしたら同じようにフワフワ食パンを探し求めてる人がひっかかるかもしれない。

M&Sの強力粉はなかなかいい!
M&Sのある地域の人は是非お試しください。

[PR]
ソルドが始まった。
初日は8時から始まる店が多くて近所のショッピングセンターへ朝、8時に行った。
お目当ては
e0266095_07301808.jpg
そう。朝食。ソルドの開店時間に行ってカウンターでアプリを見せると朝食をくれる。
でも、そこはフランス。カウンターの人はシステムを理解してなくてゴタついてた。

その後、家主の仕事用のシャツを買いにショッピングセンターの中にあるデパートに行き、シャツの写真を撮ってどれが欲しいかメールした。
その返事を待つ間にデパートの入り口にも朝食のサービスがあったのでそこでも朝食を食べた。

はりきって8時から開く割には全くお客さんいなくて毎度、心配になる。
このショッピングモールでみんなが行くのはZARAだけ。
よくラファイエットとかプランタンの混雑映像が日本でも流れるけど、BHVとか行ってもほんとに空いてるからあの2軒しかお客来ないんじゃないか。と思ってる。

それでもこの時期しか買い物ができないのでほんとに楽しみにしてる。
e0266095_07473940.jpeg
さて、今回、買ったもの。それはどれも子供服メーカーで。
前にAIGLEで子供サイズの長靴を買った時に24のデカ足で私でも子供サイズで買えて値段も大人用より安かったので、もしや子供服メーカーでも私のサイズあるんじゃないの?
と思いネットショップを見てみたらやっぱりあった。

日本でもおなじみのBonpointにはティーン向けがあって日本サイズのS,M,L相当。
フランスのほんとの大人の人には小さいかもしれないけど、日本の女子にはぴったりサイズだと思う。
おすすめ。
あともうひとつはjacadi。
ここにもティーン向けのS、M、Lがある。
試着したい。って言ったらあなたが!?ってちょっとびっくりされたけど、やっぱり日本の女子は全然OKなサイズ。
e0266095_08052892.png
買ったのはこれとほぼ同じ形のティーン向けのパーカー。
すごく仕立てがよくてパーカーなのに裏表2枚仕立てで背中にタックが入ってる。

コートなんかも大人用のよりよっぽど仕立てがよくてそれで値段は70ユーロ位だった。
多分、実際のターゲットの女の子達はもっとセクシーな洋服を好むのでこの手のメーカーの洋服は売れ残ってる。

フランスの子供服、大人用の小さい版みたいなのが多いのでおすすめ。
スカート類は丈が短いけど。
しかし、問題はお人形さんみたいな最高にかわいい女の子と厄年真っ最中の女の服がかぶることがあると思うと恐怖だわ…。


[PR]
突然だが我が家のカトラリーはアレッシィ。
12客分揃えたのでもし、泥棒が入ってカトラリーを持っていったらお目が高い!と思う。
e0266095_20515799.jpg

今回クリスマスプレゼントに貰ったのは持ってなかったコーヒースプーン。
さっそく使ってみたらぴったりな大きさで心ウキウキ。

家主の持ってるカトラリーがA◯A、JA◯だけだったので、いいカトラリーを買いたい。と思っていた。

そんなときにカルフールのキャンペーンで10ユーロで1点貰えるシールを10枚集めて7割、8割引でアレッシィのカトラリーが買えるキャンペーンをしてて家族総出でシールを集めた。
フランスって適当でレジの人の気分次第で10ユーロしか買い物してないのに20枚くらいくれたりするからわりと簡単に集まる。

そして今回またキャンペーンをやってて義母が集めて買ってくれた。(うちのそばのカルフールではやってなかった。)
1箱に4本スプーンが入って6ユーロ。
なんとアレッシィのスプーンが1.5ユーロって100均みたいな値段!
ほんとにアレッシィなのかな。と疑ったり、原価は1.5ユーロなのかな。と思ったり。

カルフールのキャンペーン、セブやパイレックス、ティファールなんかもあるけど他のはさほど安くもなくソルドの時期にBHVで買った方が安かったりする程度の値段だけど、アレッシィだけ妙に安いから人気もある。

もし旅行中にカルフールで気に入ったキャンペーンを見つけたらシールください。とお願いしてみて!


[PR]
今回のソルドはイマイチパッとせず、不発に終わった。
ひとつだけ気に入って買い足しているもの。
e0266095_06442604.jpg
プチバトーのコットンのクルーネックカーディガン。
これすごく便利で冬はシャツとして着てて、半袖の時期はカーディガンとして使ってる。
で、色々な色の同じシリーズのTシャツと組み合わせても使えるので今回は2枚買い足した。
e0266095_06444069.jpg
オーソドックスな白と黒を買い足したい。

この間、散歩してた時に気になる店があったので今日改めて行ってみた。
デグリフェの店。
お気づきかと思うけど、一番下のカーディガンにはブランド名が切り取られてる。
これが今日買ったカーディガン。
e0266095_06522274.jpg
一体これはどういうことなんだろう。と思い調べてみたら古いシーズンの商品をタグを取って安く売るシステムらしい。
e0266095_06571282.png
なんと辞書にも書いてある。

同じく古いシーズンの商品を売るストックの店はたまに覗くけど(バスティーユのあたりにたくさんある。)こんなシステムがあったのか。
一見、郊外のアウトレットまで行かないとなさそうに見えるパリだけど、ちょくちょくこんな店はある。


[PR]