カテゴリ:フランス人( 22 )

以前、宝くじが当たった(体験)をした私。
実際は当たってなかったけど。

年に1,2回宝くじを買って一攫千金を目指して楽しんでる。
e0266095_07532768.jpg

この間も買って家主と一枚づつ楽しんだら4ユーロ当たったので、交換しにタバコ屋さんへ。
当たりました。って言ったら、あからさまに不機嫌になった。
たかが4ユーロでこんなに不機嫌になるなんて!
日本だと宝くじの売り場のおばちゃんが当たりますように。って願掛けしてくれるのに…。

そのまま、もう2枚買うことに。
e0266095_07532854.jpg

友人の同僚がこのくじで20ユーロくらい良く当たってる。って言うからこれにしたけど、ハズレた。
ガクリ…。

あの不機嫌な人から買ったからいけないんだ!
これからは他で買おう。と心に決めた。


[PR]
昨日、家主と話してて久しぶりにカルチャーショックだった話。
e0266095_204509.jpg

「僕の同僚が今年の8月に3週間、バカンスで日本に行くんだ。」
というのでふーん。と聞いていたら

「けど、子供は奥さんの両親が見てくれるから置いて行くんだって。」

ふーん。(日本の皆さんはびっくりするかもしれないけど、両親が見ててくれてバカンスに行く事はよくあるので、ここまでは驚かない。)

「でも、まだ、子供は産まれてないんだよ。」



「5月に出産予定なの。」

なんと、子供はまだ産まれてないのに、産後3ヶ月でバカンスに行く予定らしい。
それがいいとか悪いとかは置いておいて、凄い体力…。

数ヶ月で復職する人の話は良く聞くけど、私、彼女達とは同じように働けないな…。と改めて思う話だった。
[PR]
e0266095_1615022.jpg

バスソルトを買いに行き、これ1瓶で何回分ですか?と聞いたところ、
そんなの使う量によるわよ。ちょっと使えば何回でも使えるし、1回に全部投入したら1回分よ。…と豪快な答えが。

前にも1歳の子供用の靴下を買いに行った時に1歳の子供用はどのサイズですか?と聞いたらそんなの子どもによるわよ。あたしは2⚪︎歳だけど、サイズは3⚪︎。

いやいや目安ってのがあるでしょ。
って思うんだけど。
フランス人には目安がないみたい。


昨日はバスソルトを買いに入った店でそんな適当な返答だったのにその後、30分も彼女の元カレの日本男子との破局話を聞くことに。まさか、そこで30分もかかるとは思わず待ち合わせに遅刻。
自由だな〜。
でも日仏あるあるで面白かった。
[PR]
e0266095_26722.jpg

サマータイムも終わり朝起きても暗いパリ。

フランス人はJAVEL、塩素系漂白剤が大好き。
どの家庭にも必ずあるし、掃除し終わったばかりのカフェなんかに行くと塩素の匂いが残ってたりする。

私は使いたくないので重曹でコツコツ汚れを取るけど、気を使って家主が掃除するとガンガンJAVEL使った挙句、水拭きしないので恐怖。
家主に限らずどうもフランス人、水拭きしてないように思われる。

フランス人のJAVEL好き、ついにここまで。と思ったのが、料理番組で、カットした状態のハーブを長持ちさせる方法。

水を張ったボウルに少量のJAVELを入れ、その中にハーブを最低10分浸す。
そのあと、水を張ったボウルに少量の酢をいれて同様に浸す。
中性になるから安心して食べて大丈夫。
…理論はわかるけど、そこまでしてハーブを長持ちさせる意味があるのだろうか…。

塩素以外になんか入ってるんじゃない?
だってラベンダーの香りがしたりするし。

…フランス人、信用できない。015.gif
[PR]
昨晩はいつもの友人宅へ。
e0266095_17492247.jpg

いつもの食事と同じようでちょっと違う。

…この日は肉、魚なし!

というのも、遊びに来ていた友人の娘の友達がベジタリアンだから。

家族がベジタリアンなんだろうと思っていて、ビーガンではないのかな?牛乳
、たまご入ってない?と思って気になっていたのだけど、あとで聞いたら12歳の彼女だけがベジタリアンで家族は肉を食べるそう。

豆乳やアーモンドミルクのことなど、よく知ってたので、家族がベジタリアンじゃないのによく知ってるね。って言ったらインターネットで調べるそう!

小さい顔にビッシリまつげのはえた大きな目で、こんなかわいい子いるのか!って思ったんだけど、やっぱり本人だってわかってて、美容のためにベジタリアンなんだって。

大人達がちょっと意地悪な質問をしてたのはそのせいだったのか!015.gif
[PR]
久しぶりにマルシェへ。
e0266095_544953.jpg

食べごろメロン2ユーロを購入。
おいしい生ハムと食べてなんとも贅沢。
ほんとに食の豊かな国だな。と思う。

色々買って9.25ユーロだったんだけど、細かいのがないな。持ってない?って言うから、いつもたくさんくれるから、おつりいらないよ。
って言ったら、そんなわけにはいかない。と、探してきておつりをくれた。

お調子者だけど、意外と律儀な性格なんだな…。
どうせ、値段なんてあってないようなものなのに。

結局、そのあと、黄桃を8つもくれた。
2人じゃ食べきれない量なのでシャーベットにでもしようかな。
[PR]
今週フランスはストライキ中。
幸い実家に帰る予定がなかったのでよかった。
駅の構内はガラリ。
皆、慣れたもので話題にもならない。
e0266095_16494673.jpg

最近、気になって仕方ないのは地下鉄のこと。
7番線のパレロワイヤル駅が工事でひと月以上閉鎖されてる。
e0266095_16494718.jpg

ピンクの線が7番線。パレロワイヤルは左側の駅。

まいど、一つ前のポンヌフ駅で次の駅は工事のために閉鎖されています。とアナウンスが流れるのだけど、1番線(黄色の線)に乗り換えられるシャトレ駅で工事中だってことを何故、伝えないのだろう…。と不思議でしょうがない。

ポンヌフで言われても、もう、乗り換え出来ないじゃん!

今の工事は前持って知ってたけど、他の日にあった2日間だけの工事は知らずに通り過ぎ、だいぶ歩くハメに。


ほんと雑よねー。
[PR]
e0266095_19184483.jpg

左側の男性、何をしてるかってパー券を売ってる。

ホストクラブの存在しないパリ。
(多分。ちなみにバーホステスはいるらしいけど、売春の意味が強いみたい。)

なんと彼の正体は消防士!
マッチョでイケメン揃いの消防士。
7月14日のパリ祭(革命記念日)にどういうわけか、消防署はクラブになってパーティをする。
そのパーティ券を道で売ってるんだけど、おばあちゃんから男性まで声をかけるのに、こいつに声かけたら面倒そうだと思われるのか私はスルー。
おーい!声かけてくれよ!
ああ、行きたい!と思いつつ、家主と行ってもね〜。
[PR]
e0266095_66641.jpg

今日は友人の娘の初聖体拝領のセレモニーに出席。
そもそも聖体拝領がなんなのかよくわかってなかったんだけど、キリスト教への信仰が理解できるようになってから、キリストの体とされるパン(平たいコインサイズの薄焼きせんべいみたいなもの)を食べることらしい。
e0266095_623633.jpg

村の教会でセレモニー。
話を聞いたり、賛美歌を歌ったり。
まあ、よくはわからないんだけど、牧師さんから勉強しろよっ!と言われてて、どこの国の子供も勉強せにゃならん。

小さな村だけど600人も集まったらしい。
e0266095_623785.jpg

こんな素敵な場所で育ったら人生違っただろうな。って思うけど
e0266095_623962.jpg

今日の主役の友人の娘は12歳、思春期で反抗期。
お父さんと写真を撮るのはいや。
携帯が欲しくてたまらない。
化粧をするのが楽しみ。
…と、我々の若い頃と大差ないのだ。
[PR]
たくさんのミュージシャンが演奏してるパリの地下鉄。
e0266095_1883419.jpg



地下鉄に乗ったら
ギターを掻き鳴らしながら歌う男性が。
あまり上手ではないのでちょっとうるさいな。って思ったのだけど、彼の目の前の品のいいおばあさんに彼が一緒に歌うように言ったら、なんと歌い始めた。

e0266095_1883666.jpg

まわりのお客さんもあいの手を入れて歌が終わるとお客さん達、拍手喝さい!

…みんなノリがいい!

彼はありがとう〜!と言いながら話を続け

人は皆、1人じゃない。助け合いながら生きているのだ。
僕は今仕事がない。
お金でも、レストランのチケットでもピーナッツでもいい、なにかくれないか。
ただし、タバコはダメだ!体に悪い!
ありがとう!ありがとう!
いい一日を!火曜日も水曜日も木曜日も金曜日も!

だって。
お金がなくてもなんてポジティブなんだ!

底抜けに明るい彼に車内のみんなもニッコリ。

熱く語っていたら大きな駅に着いて彼を残しみーんな降りてしまった!
なんて運が悪い!
e0266095_1883978.jpg



彼のおかげで1日いい気分で過ごせたのでチップを渡せばよかった。
[PR]