カテゴリ:イベント( 19 )

年末にボンマルシェに行った。
ラファイエットやプランタンは毎年豪華な飾りだけど、今年のボンマルシェはなんと花びらみたいな白い紙切れを上から吊るしただけ。
これで雪が舞い散ってるのを表現してるみたい。
そう言ってしまうとしょぼそうなんだけど…
e0266095_05252353.jpg
なんとも不思議な空間になっている。
写真に撮ると「どうなっているんだろう。」と不思議に見えるフォトジェニックな空間だった。

昨年のAI WEI WEIに続き、今年に入ってから始まった展覧会は日本人現代美術家の塩田千春さんの作品。
パパパっと見ただけなのでまたビデオも含めゆっくり見に行きたいんだけど
e0266095_05302128.jpg
無数の糸でできた舟。
Where are we going? という展覧会のタイトルが素直に受け入れられる。
e0266095_05303664.jpg
e0266095_05303782.jpg
これも全部糸。
巨大な倉庫みたいなところで制作してる映像をみると果てしないな…。
e0266095_05302804.jpg
ボンマルシェは商業施設だから、現代美術が苦手な私でも受け入れやすい現代美術作品が多くて毎度楽しみ。

Where are we going?
こちらのリンクから制作風景がちょこっと見れるので興味のある人は見てみてください。

[PR]
フランスにはサロンと呼ばれる見本市(ビックサイトでやってる展示会)がたくさんある。
日本でもおなじみのサロンドショコラとか。

その中でも一番好きなのはSALON SAVEURS。
とても楽しみにしていて在仏邦人にはおなじみのOVNIに無料入場券がついてる号を必ず忘れずに手に入れなくてはならない。
e0266095_07161914.jpg
この見本市はクリスマスのごちそうを売っていてこれはパンデピス。
e0266095_07161958.jpg
e0266095_07162038.jpg
チーズにハムにワインにフォアグラに試食し放題。
初めて行った時はたくさん試食したけど、今回は目的に向かい一直線。
e0266095_07162021.jpg
お目当ては干しいちぢくのフォアグラ詰め。
これは普段お店で見かけないんだけど、どこかで売っているのだろうか。
これが買いたくてわざわざ買いに来た。
これで15ユーロ程。
あとはBIRABENというスタンドで前に買ったらおいしくて安かったのでまた買った。
やっぱり安かった。
テリーヌなんて3ユーロしなくておいしかったから家主が明日も買いに行けばいいのに。と言ってた。
リエットはノエルに食べるのでまだわからない。
ここのお店はスーパーの物産展にも出しているみたい。
e0266095_07162113.jpg
夜は鴨肉と大きなシューサレと以前ビオのワイン見本市で買ったワインで夕飯。
レストランに行くよりおいしいお肉買って焼いた方がアタリなフランス。

SALON SAVEURS
毎年11月末か12月始め頃に17区にあるEspace Champerretで
6 Rue Jean Oestreicher 75017 Paris

[PR]
日本でも企業を巻き込んで大いに盛り上がってるエイプリルフール。
フランスではポワソンダブリル(4月の魚)という名前で盛りあがってる。
今年は地下鉄の駅名にいたずらが仕掛けられたようで見に行きたかったな…。
フランスでは魚を背中に貼付けるいたずらをする日。
e0266095_5292634.png

昨年は家主の背中に貼付けたけど、今年はクライアントの元で働いているので自重した。
e0266095_572544.jpg

たいやきでも焼こうかと思ったんだけど、結局魚の形のパイを焼いた。
といっても形作って具をのっけただけだけど。
e0266095_592626.jpg

それとポワラーヌで魚の形のクッキーを見つけたので
思わず購入。
e0266095_5102449.jpg

そして先日復活祭にオルレアンに帰った家主がsebastien papionで魚を釣ってる猫のチョコレートを買って来てくれた。
結構な大きさ。
これって復活祭用じゃなくてポワソンダブリル用だと思うので食べずに取っておいた。
なんだか解体して食べにくいのでまだ食べてない。

なぜだか大充実の今年のポワソンダブリル。
[PR]
今日は家主がシャネルのピアスを買って来てと郊外に住む同僚に頼まれ、面白そうなので買い物について行った。
お店の人にあなた達も買う事があると思うから連絡先を書いて行ってと言われたけど、あまりその機会…なさそうだな。

私の目当てはそっちじゃなくて
e0266095_2171684.jpg

Iris in Paris というエクスポジション。
多分、先月日本でも映画が公開されたのでご存知の方も多いとおもうけど、アイリス・アプフェルという94歳のアメリカ人マダムのワードローブが飾られている。
e0266095_2223198.jpg

e0266095_2224548.jpg

上から下まで柄々!
e0266095_2234174.jpg

e0266095_2241134.jpg

e0266095_2242528.jpg

どれも凄い大きなネックレス。
このご夫人、肩こりがないのかな。と想像する。
e0266095_226034.jpg

e0266095_22612100.jpg

私も華奢なネックレスってあまり興味がなく大きなネックレスが好きなんだけど、このご夫人のネックレスに比べたら赤ちゃんみたいな大きさだわ。
e0266095_2283024.jpg

ボンマルシェはいつも面白いエクスポジションやってるので次回も楽しみ。

映画はパリではもうずいぶん前に公開されたみたいなので観れない。
観る機会があるといいな。

[PR]
2月2日はシャンドルーというキリスト教の行事の日でクレープを食べる。
我が家もクレープ食べた。
e0266095_09273842.jpg
さて、節分は太巻きを食べる
来週の火曜はマルディグラという行事でまたクレープを食べる。
南仏はフランス版ドーナツ、ベニエを食べるらしいので、私もスタバのドーナツ食べようかな。011.gif

[PR]
先日、ボンマルシェ(フランスの伊勢丹みたいなデパート)のソルドにのぞきに行った。
どうせ高いだろうと買うつもりはなかったんだけど、ことしのボンマルシェはなかなかいいものが残ってておまけに安くてカーディガンを1枚購入。

宣言通りに厚手のセーター、カーディガン、スニーカーを無事購入できソルド熱がすっかり収まった。
6月までおとなしく暮らす。

現在、ボンマルシェではアイウェイウェイ展がやってる。
義両親にデパートで中国人の面白い展覧会がやってるから見てご覧。と言われて、ああ、これのことだったのか。
e0266095_646371.jpg

残念ながら充電切れでちょっとしかないんだけど、館内にハリボテがたくさん展示してあって幻想的。
現代美術に疎いので、はて、アイウェイウェイ?
ペキンオリンピック会場の人なんだね。
この時はわあ、幻想的ー。いいもの観れたな。西洋人好きそうだなー。だったんだけど。
ネットで調べて、ああ、知ってるこの人。なにかで見たよ。というか、全然普段と作品違うじゃないか。
e0266095_6485532.jpg

数日前に、デンマークで難民の財産を取り上げる法律が可決してそれに抗議するため展覧会を取りやめたニュースを見た。おっさん、やるな。そっちのニュースの方がこの作品より印象に残る。

ちなみにこちらでドキュメンタリー映画の予告編が観れる。
これを観たら他の作品も観てみたい。
e0266095_7125882.jpg

デパートでこういう展覧会をおしげもなく見せてくれるのはありがたいし、こういうところでそういえばこの国先進国だったんだ。と思い出す。
[PR]
e0266095_8403146.jpg

だいぶ前だけど、面白い自転車があった。
背面に書いてある
les petits plaisires oui mais partages!
小さな喜び、だけど、分け合おう!
e0266095_8403257.jpg

街の情報サイトのイベント情報で見かけて、探しに行った。

お菓子をくれるんだけど、その代わりに誰かに喜びを分けてあげる宣言をする。

それは、息子にこのお菓子を分けてあげるでも、掃除を母の代わりにしてあげるでも、妻に花を一輪あげるでもなんでもいい。

宣言したことがツイッターとFacebookにセカンドネームと共にアップされる。

私は夫にサプライズを用意すると宣言し、隠してあった日本酒をあげた。
もちろん、宣言だけで、しなくたって構わないんだけど、誰かに何かをしてあげよう。と考える機会ができるって意外と面白いもんだな。

e0266095_840337.jpg

想像以上に立派なオヤツの詰め合わせをくれた。

その日1日幸せな気分で過ごせた。
[PR]
先日、サロンデヴァンへ。
e0266095_1848169.jpg

ovniという在仏日本人にはおなじみのフリーペーパーに無料入場券がついてるのでそれを利用して入場。

e0266095_18481863.jpg

昨年もお友達に連れて行ってもらったのだけど、このサロン大好き!
だって、入場時にワイングラスをもらいひたすらワインの試飲!
今回は家主と二人で。
主にアルザスワインを試飲。
ボルドーも試したけど、アルザスワインのあとはちょっと苦く感じてしまう。
半分も回らないうちにギブアップ‼︎
ほんとは口に含むだけで飲まなきゃいいんだけどね。
e0266095_18482062.jpg

結局この日は家主が2本、私が4本。

そして翌週、こんどは物産展的なサロンへ。
これも入場券がついてた。
ここでもフォアグラから生ハムまで試食し放題。
けれど、時間がなかったので目当てのものだけ。
e0266095_18482282.jpg

先日紹介したボルディエのリ・オ・レにバター、そして手頃な値段の鴨肉にフォアグラのイチヂク詰め。

e0266095_18482424.jpg

昨夜は家主に鴨肉を焼いてもらい、アルザスのリスリングという種類のワインをあけた。

e0266095_18482661.jpg

フォアグラのイチヂク詰めを食す。
普段パリでは見かけない食べ物。

e0266095_18482828.jpg

中はこんな感じになっている。
イチヂクの甘みがマッチしてておいしい。
ひとつ約2.5ユーロ。
安くはないけどマカロンとかの値段を考えると高くないかも。

サロンドショコラは一度行けば充分な感じだったけど、このサロンは毎回行きたい。
[PR]
先週、クロスフィットで痛い目に遭い、今週はヨガ教室へ。
e0266095_7284393.jpg

スタイル抜群のパリジェンヌに囲まれながら青空ヨガ。

ヨガって横になってゴロゴロしてる時間が長い。
あとは呼吸をかなり意識する。

動きがゆっくりで体はわりと柔らかいのでこれはそんなに苦じゃない。
おーい、どのクラスも辛くないぞ。
体の左右のバランスが悪いなと再確認。
寝る前に呼吸をするだけでもいいらしい。

ダイエット効果は期待できなそうだけど翌日、それなりに筋肉痛。

e0266095_7284685.jpg

無料の教室なのに終了後に冷たいジュースが配られて至れり尽くせり!

青空の下、寝転がるのはほんとに気持ちがいい。
[PR]
2週に1回は必ず誰かの家にお邪魔してたらふく食べるという生活を繰り返していると、当然のことながら太る。

e0266095_2161651.jpg

運動が大嫌いなので運動しないで痩せたいけれどそれも無理。
けど、ジムってお高いんでしょ?
…と思っていたら
なんと毎週末行われる無料体操教室を見つけたので行ってみることに。

クロスフィットってなんだかわかんないけど、体操だろう。と思ったら
e0266095_2161830.jpg

超ハードで死ぬかと思った。020.gif
ひたすら45分間筋トレ。

気分はペットボトルのCMの広末だったんだけど、死に損ないの蛙・日本代表。

e0266095_2162036.jpg

半官半民っぽい施設で、どうもスポーツウェアブランドがスポンサーのようなんだけど、ほんとにあっさり解散する。
チップとか払うのかな。って思ったんだけど、それもなし。

先生にこれ辛いから他のクラスは楽ですか?と聞いたらどれも辛いよ。と言われる。
周りにいた生徒達にも続ければ楽になるよ。がんばろう!と励まされる。

やっぱスポーツしてる人々は美男美女揃いで爽やかだな。

1時間以上経っても身体がポカポカ。
続くかわかんないけど、自分じゃ絶対運動しないからしばらく試してみよう。

他にもバレエの動きのクラスやピラティスもあるみたいなのでむいてるのを見つけよう。
このクラスは家主には絶対無理なので二人で行けるクラスがあるといいな。
[PR]