ポルトガルの旅 その7

身支度を整えチェックアウト。
このイビスは一泊2人で56ユーロだった。
e0266095_05052996.jpg

e0266095_05054254.jpg

e0266095_05055673.jpg

e0266095_05063276.jpg
小雨の中、街の中を歩いてお昼を食べた。
e0266095_05075303.jpg

前日、友人からポルトの名物はタコ飯と情報を得て、偶然たこ飯がある店を見つけたので食べることに。
日本のタコ飯と似てて、パクチーとピリピリというチリソースみたいなソースがかかっていた。
これで10ユーロ程。
サラダのかんじと量が日本と似てる。

食事を済ませて、次の目的地行きのバスに乗るためバスターミナルへ。
チケットを予約した時点でバスターミナルの場所がよくわからなかった。
グーグルマップで調べてなんとかなったけど…。
e0266095_05140843.jpg

ターミナルでお茶しながら待ち、30分前にバスを探すもよくわからずに販売所で聞いて多分このバスと思われる乗り場へ。
15分前に乗れるハズが出発時刻まで運転手が来なくてほんとにあってるか心配だった。
我々が外国人だからかと思ったがポルトガル人も同様にほんとにこのバスでいいか心配だったみたい。
e0266095_05193502.jpg

バスターミナルに何故かあったペットグッズの自販機。
e0266095_05204532.jpg

途中、大学都市のコインブラという街の停留所はカタストロフ。
運転手さんがなんか説明してるけど、私はチンプンカンプンだったのに、家主は
4番に停める予定だけど、他のバスがいるからココで待つ
と言ってると言ってビックリした。
ポルトガル語喋れなくても近いからわかるようだ。

目的地のナザレには夜6時ごろ到着した。
大雨で陽も暮れて真っ暗なので、ホテルの1階で食べることに。
e0266095_05242735.jpg
e0266095_05284740.jpg

アミューズブッシュとパン。
ポルトガルはかっに出てくるけど、料金を取られる。
けど、いいよね。と食べたら美味しいパンだった。

e0266095_05245013.jpg
家主のたのんだ山盛りのイカ
e0266095_05293912.jpg
私のたのんだ魚介のリゾット。
e0266095_05250340.jpg
大鍋いっぱいにリゾットが入ってて、これで一人前!
2人でも食べ切れなかった。
このお店、メニュー写真より実物が全然豪華。
これでアルコールからコーヒーまでで50ユーロしなかった。
しつこいがパリなら100ユーロは軽くする。

幸先の良いナザレの夜

[PR]
by isourouparis | 2017-11-11 05:33 | ポルトガル | Comments(2)
Commented by coco at 2017-11-11 23:46 x
何々!ポルトガル行ってたの?
てっきりオルレアンへの度かと思っていたのだけれど
何もかもが美味しそう♡
実際味付けだのふんだんな魚介だのと盛りだくさんな
南欧料理ははっきり言って仏料理より断然好み!!
なんと羨ましい♪
Commented by isourouparis at 2017-11-14 02:48
cocoさんへ。
そうそう。太陽を求めてポルトガルだったのよ。
オルレアンはバカンスじゃなーーーい!!
魚介料理は胃に優しいし、量も日本人向けだった。
明々後日以降だったら予定が立てられるのでお天気がいい日を狙ってまた遊びに行きましょう。^^