ラオス人の結婚パーティー 2

おまちかねの食事
e0266095_07202413.jpg

新郎新婦入場後にテーブルを作り並べられる。
e0266095_07202505.jpg

e0266095_07202518.jpg

みんな一気にやってきて各々が好きに取る。
あっと言う間になくなった。
e0266095_07202632.jpg

何度も取りに行くのが面倒なのでたくさんのせた。
e0266095_07202641.jpg

デザートもラオスの。
e0266095_07202784.jpg

そのうち新郎新婦のダンスが始まった。
ダンスと言いつつ手だけちょっと動かす。
王族感がある衣装。
e0266095_07202785.jpg

若い女の子達のダンス。これも動きが少ない。
ラオス、美男美女の多い。
体つきもマッチョだったり、凹凸もハッキリしてる。
e0266095_07202848.jpg

みんなで踊り始めたらダンスタイムスタート。
ラオス人、なかなかリズム感がなくて、同じくリズム感のない日本人の私にはぴったりでみんなと踊り続けてた。
農耕民族仲間だ。
フランス人なんてやっと歩き出したような子供でも形になっている。
e0266095_07202889.jpg

たまに突然スモーク焚かれたり。
e0266095_07202914.jpg

ファーストバイトの時に誰かがシャンパンがけを始めて(まさかのモエでシャンパンがけ!)後ろにいた酔った男子に引きづられ、ほっぺにチュウして来たので、近くいた友人の知り合いのおばさんが申し訳なさそうにしたけど、多分友人の甥っ子。

ラオス人のコミュニティはラオス人ばかりなので珍しく外国人扱いで、なんでここに住んでるのか?とか色々聞かれた。

結局、1時30分頃帰った。まだまだ続いてたけど。

ラオス人は各々勝手にやってきた日本人とは違い、難民としてやってきたので繋がりが強い。
友人が若かった頃は毎週末、誰かの結婚式があったのでレストラン代わりに食事を食べ、クラブ代わりに踊ってたそう。
なかなか面白い体験だった。
若い2人に幸あれ。
[PR]
by isourouparis | 2017-09-18 07:30 | fete | Comments(0)