家のトラブル。

先ほど大統領戦の1回目の投票が終わり、次回マクロンVSル・ペンに。
この先5年間、どうなるのでしょうね。
木曜日はシャンゼリゼで警官射殺事件があってなんだか危なっかしいパリの街。
e0266095_06445032.jpg
しかし、現在、我が家は問題を抱えていて、今週は遠くのテロより家の中の給湯器の方がよっぽど怖い。
少し前にアパート全体の給湯器の点検日があって係員が大家さんにこれは15年も使ってるからもう換えなければならないと言って、換える事に。

我々夫婦は慎重な性格でなにか新しい物を買うときはかなり入念に調べるタイプなんだけど、大家さんはよくわかりもせずに買う物だからよく失敗してる。
ああ、また失敗してるな。って他人事で思ってたんだけど、その大家さんが我が家の給湯器の取り付けをプロじゃない人に頼んだ。
e0266095_06445562.jpg
あんた、給湯器ってガスよ。ガス。
たまにガス工事してガス爆発でビルが吹っ飛ぶニュースを見かけるので、ガス工事の日は必ず1日中外出するようにしてるんだけど、自宅なのでそうもいかない。

で、疑うようで悪いんだけど、フランスって恐ろしいのが工事や引越の人が家のものを盗んでいってしまったり、泥棒の下見をしてることがある。

なので一日中気が気じゃなかった。
なんとか工事が終わったんだけど、取り付けるパイプが10センチ程足りなくて2本のパイプをガムテープで引っ付けて帰って行った。
ひどい…。ガス給湯器ってそんなことでいいの?

それでパイプの交換にまたやって来るんだけど、その日程も曖昧。
一日中家にいられるわけじゃないし、休みも取らなければならない。(幸い家主が在宅勤務できるけど。)
大家さんは安く済んだかもしれないけど、こっちは困る。

今まで運がいいのか、超絶慎重な家主のおかげか日々のトラブルもほとんどなく、超平穏なパリ生活を送ってきたのにとうとうトラブルに巻き込まれてしまった。

ああ、憂鬱…。


[PR]
by isourouparis | 2017-04-24 07:14 | トラブル | Comments(0)