ピチヴィエとガトーナンテ。

ピチヴィエというおかし、もしかしたら聞き覚えがある人がいるかもしれない。

オルレアンの北にあるピチヴィエという街には2つのピチヴィエという名前の名物ケーキがある。
1つはフェーヴの入ってないガレットデロワ。
もしピチヴィエを知ってる人はこっちを想像すると思う。

そして今回紹介するのは
e0266095_242280.jpg

砂糖がかかったアーモンドケーキ。
これもピチヴィエ。

これオルレアンではよくみかけるのだけどパリでは見た事がないのでやっぱり名物なのかも。

夏にピチヴィエの街にピチヴィエ買いに行きたい。と行ったところ、さびれた街だからわざわざ行かないでいい。と友人と家族に言われたのでやめた。
もし、万が一ピチヴィエ町民が読んでいたら申し訳ない。

その代わりに行った町で見かけたピチヴィエにそっくりなお菓子。
e0266095_2142363.jpg

ガトーナンテ。

これはナントの名物。(ナントと関係のない場所で買ったけど。)
なにが違うってラム酒が入ってる。

どっちも素朴なケーキ。
ロワール地方にはクラシックなケーキが結構あるらしいのだが、それはお城がたくさんあったことに関係するらしい。

ロワール地方を旅した時はこの地方ならではのピチヴィエをぜひ味わってみて。
[PR]
by isourouparis | 2015-10-21 02:22 | オルレアン・ロワール | Comments(0)