途中ですがタグ一覧を作りました。
滞在先や食べたいものにあわせてお使い下さい。


More
[PR]
e0266095_06342818.jpg

毎日食べてるけど、鱈のコロッケ。
アンドレアは初めて食べるそう。
前日はインドカレーを食べたらしい。
アンドレアは以前数ヶ月コインブラで先生をやってたのにその間、一体何を食べてたんだろう。
その時は歯が痛くなり、緊急帰国したそう。
でも虫歯の治療はハンガリーでするんだそう。
虫歯の治療をした時は数ヶ月ハンガリーに滞在してそこでも先生をしてたそう。
値段の問題かと思ったら、イギリスの歯医者はすぐ歯を抜くらしい。
中国で先生をした時は漢字が読めないからメニューがわからなくて痩せ細ったそう。
とにかくあっちへこっちへ行ってる人で、フランスには新婚旅行で来たと言ってたから結婚してた事もあるみたい。
ベニシアさんもヒッピーだったけど、イギリスにはこういう人が結構いるのだろうか。
フランスでは知り合いが1人やっぱり半年働いて半年旅する生活をしてる。
2時間ほどカフェで話した。
私は英語が全く喋れなかったのに一日中喋れたので私も家主も驚いた。
ここ3ヶ月ほど基礎英語1を聴いてたおかげだと思う。基礎英語1は中1向けだけど凄い効果。
e0266095_06442871.jpg

e0266095_06495240.jpg

e0266095_06500552.jpg

ナッツ売りのおばあさん達。
e0266095_06501916.jpg

乾燥いちじくを買って写真を撮らせて貰った。
e0266095_06530277.jpg

さて、そろそろアンドレアともお別れ。

アンドレアは古いデジカメと小さな薄いメモ帳に自分の行き先をメモしてるような人でスマホも持ってないようだったので、Facebookでお互い繋がったりもせず、最後にハグして、一枚写真を撮って別れた。
一期一会って感じだった。

アンドレアのおかげでいつもと違う旅を楽しめ、英語が少し喋れるようになり、幸運な出逢いだった。

私が長い間外国人をやっているように、アンドレアもバックパッカーを長くやっていて、どこか役のように立ち振舞いがスマートなバックパッカーな感じがした。

[PR]
岬の建物を出た後、アンドレアは海岸を歩こうと、また道無き道をすたすたくだっていった。
e0266095_06144044.jpg

入ったら罰金って書いてある道を下って行って遥か遠くに。私と家主は善良な市民なので、アンドレアがいなかったらこんなとこ入らなかったね。と言いながら後に続く。
ものすごい風で怖いから階段にへばりつきながら行くけど、アンドレアは全然平気だった。
e0266095_06181897.jpg

e0266095_06183388.jpg

e0266095_06184740.jpg
秘密の場所っぽいとこ。
e0266095_06203028.jpg

e0266095_06204253.jpg

楽しそうにあそぶひと。
e0266095_06205577.jpg
犬が散歩中。
e0266095_06210865.jpg
凄い風でサングラスをかけ、ストールで顔を覆わないと耳に砂が入るような状況だった。
サウジアラビアの人の服装は正しい。
風にもマケズ、スタスタと進むアンドレア。
e0266095_06242759.jpg

三宅島に似てる。
e0266095_06244198.jpg

ずいぶん荒々しい看板!と驚いたけど、ここはサーファーの聖地だからきっと色々あるんだね。
e0266095_06272797.jpg

鹿。
アンドレアはスタスタ歩くので我々は着いて行くだけでヘトヘトに。
沈黙があまり気にならないタイプのひとだった。

e0266095_06311050.jpg

広場で一息つくことに。

つづく

[PR]
ナザレ3日目の朝

e0266095_05375323.jpg
窓の外でおじいさんが二人で話してると思ったら、三人、四人と増え
e0266095_05380870.jpg
七人に。
まるで猫の集会のよう。
e0266095_05413699.jpg
ホテルから見えるフニクラ乗り場がアンドレアとの待ち合わせ場所。
人の顔を覚えられない私は既にアンドレアの顔がわからなかったけど、一人しかいなかったからすぐわかった。
e0266095_05404106.jpg
あっという間に丘の上に着いた。
e0266095_05452057.jpg
海岸を見下ろせる。
上に着いてわかったんだけど、観光地っぽいところはこっちだった。
e0266095_05472087.jpg

ナザレの教会。
e0266095_05473295.jpg

ポルトガルの教会はタイルがきれい。
e0266095_05474776.jpg

小さな教会だけど豪華。
アンドレアはサンジャックの道を以前制覇したと言ってた割にはそんなに信仰心があるわけではなさそうで、イギリスの教会は地味だから興味がないそう。
e0266095_05511845.jpg

お祈りをするおばあさん達。
ナザレのおばあさんは未亡人になると全身黒い服を着るそう。
e0266095_05513003.jpg

なにか相談中…?
e0266095_05535913.jpg

岬まで歩く。インジュンの話だとあっという間に着くと言ってたけど、アンドレアは私有地かもしれない道無き道を進む。
e0266095_05541322.jpg

草木が乾燥した感じ。
私は途中の道で足を滑らせ、膝を負傷。
結局すり傷だったんだけど、最初は歩けなくなりビザの旅行保険が頭によぎった。
怪我なんて何年もしてなかったけど、怪我したので旅行保険とバンドエイドはほんとに大事。
e0266095_06010224.jpg

岬には小さな建物があった。
この塀がめちゃめちゃ低いのに風が強くて吹き飛ばされそうで怖い。
なのに赤ちゃんを抱いた人が塀の上に座るので驚く。
e0266095_06055635.jpg

岬の右側は実はサーファーの聖地。
30mの波を記録した事があり、ギネスに載ってるんだそう。
この日はそんな波ではないけど。
e0266095_06081523.jpg

プロサーファーのサーフボードが展示してあった。
e0266095_06082722.jpg

波に乗りながらバイオリンを演奏?したそう。
これらの展示、ファンが見たら感涙モノなんだろうか。
アンドレアはサーファーというのはなんの話をしててもすぐサーフィンの話になってしまう。と苦々しく言ってた。

つづく


[PR]
クロエの記事をアップしたら、ポルトガルの記事には全然アクセスがないのに今日は3倍くらいアクセスがあり、パリブランドには勝てないのか。と少し悲しい…。
また、みんな大好きハイブランド情報を数日中にアップします。

さて、ナザレの記事に戻る。
e0266095_05275441.jpg
ヨーロッパ最西端の国ポルトガルで夕日を見てやろうじゃないか。と1人ホテルの隣のカフェへ。
席についてしばらくすると韓国人の女の子が隣の隣の席に着いた。
この子も夕陽を見に来たのかな。と思っていたら、韓国人の女の子に親しげに声をかけた白人女性が、私もコーヒー飲んでく。と韓国人女性の隣に座り、2人で話し始めた。
知り合いなんだな。位に思ってたら、その白人女性がこの人は友達?と私のことを聞いてて、韓国人女性が違う。と答えたら、白人女性が私にどこから来たの?と聞いて来た。少し話してまた、夕陽を見てたんだけど、どうやら私も会話に入れてくれるようなので3人で話した。
e0266095_05341903.jpg
韓国人女性はインジュンという、大学を休学してスペイン、ポルトガル、これから南米を旅するバックパッカーの女の子だった。
そして白人女性はアンドレアという一年の半分位働いて、一年の半分旅する筋金入りの年配のイギリス人バックパッカーだった。
2人はおなじゲストハウスに泊まってて、おなじ経路を辿るからポルトでも一緒で顔見知りだった。
韓国は英語の発音教育に力を入れてるのかな。と思うのが、韓国人のクラスメイトってわりといて、フランス語は訛りがあるし、レベルもどっこいどっこいなのに、みんな英語の発音が綺麗で堪能。
インジュンもきれいな発音だった。
アンドレアは世界各地で英語の先生をしてて、フランス語も旅行会話程度はわかるので、3人で英語で話した。
私の英語は中学生レベルだけど。
インジュンは長旅で韓国料理が恋しくなってた。
アンドレアはフィッシュアンドチップスはソウルフードではなく、インドカレーがソウルフードだと言っていた。
アンドレアはヤマハのピアノ教室の終わりの歌を知っていて、さよならーさよならー(これで今日はお別れしまーしょ。さよならーさよならー)と歌った。

そんなに世界各地を旅してるならどこが一番良かったか聞いたら故郷マンチェスターだそう。
しかし、サッカー以外は観光がないらしい。
e0266095_05545938.jpg
1時間程喋ってたら日が暮れてしまった。
インジュンは翌日、別の街に旅立つそう。
アンドレアに岬に行くなら一緒に行こう。と誘われて、翌日丘の上の岬に一緒に行く事に。

旅先でこういうのは面白いな。と思いながら、ホテルに戻り、明日はアンドレアも一緒に行く事になったよ。と家主に言ったら、まぁ嫌な顔をする。
そんな知らない人大丈夫か。と。
e0266095_06010455.jpg

e0266095_06011873.jpg

 ホテルの向かいのレストランへ。
この日の晩ご飯はタラとイカの串焼き。
e0266095_06034951.jpg
少なめだったのでデザートも。
コーヒーのケーキとフランスでイルフロッタンと呼ばれるメレンゲのお菓子を食べた。
飲み物を合わせても40ユーロいかなかった。
e0266095_06104419.jpg

すごく巨大な月。

[PR]